中川ホメオパシー 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

松山ケンイチ 麻生久美子 / ウルトラミラクルラブストーリー

c0200618_22295183.jpg
ワケもなくにわかせんぺい


『ウルトラミラクルラブストーリー』

《あらすじ》
青森で農業を営みながら一人で暮らす水木陽人(松山ケンイチ)は、心は少年のように
純粋だが、全く落ち着きがなく、周囲をはらはらさせてばかりいた。 ある日陽人は、ワケ
あって東京からやって来た保育士の町子先生(麻生久美子)と出会い、一目で恋に落ち
る。 町子が青森に来たのはカミサマ(藤田弓子)と呼ばれる占い師に会うためであった。
生まれて初めて恋をした陽人は町子先生に猛アタックを仕掛けるが、まったく相手にされ
ない。 やがて陽人は、あるとんでもない行動に出る…。  監督&脚本・横浜聡子


《極私的見解》

・ 『何とまぁペラそうな内容のタイトルなんだ…』ってのが『ウルトラミラクルラブストーリ
』っつう題名に対する、私の第一印象でした。 こちとら“ラブストーリー”っつう単語がタ
イトルに冠されただけでも 少なからず身構えてしまうってのに、“ウルトラ”で、しかも“ミラ
クル”でしょ? 過剰すぎるっつうか何つうか、とにかく観る前は、この作品に対してネガテ
ィヴなイメージしか抱けなかったってのが 偽らざる本音でございます。 しかし!そのファ
ースト・インプレッションは見事に打ち砕かる事に。 とんでもない映画ですぞこれはっ。

・ 純粋で天真爛漫な青年、水木陽人を演じるのは、青森県出身の松山ケンイチ。 全編
オール青森ロケ&津軽弁を謳っている今作の主役にうってつけの人選と言えましょう。 た
だでさえ自然な松ケンの演技が ネイティヴな津軽弁と相まって、もはや完全に水木陽人
というキャラクターになりきっているといった感じです。  松山ケンイチってよく“憑依型の
俳優”などと形容されますが、まさしく今作は“憑依”という表現がジャスト。

・ 東京からやって来た保育士の町子先生役に麻生久美子。…あの、たぶんこれってボク
だけじゃないと思うんですけど、『マチコ先生』って言ったら、取りも直さず『まいっちんぐマ
チコ先生
』を連想しちゃいますよね。『ボインにタ~ッチ!』とか言って。 フフ。 今にして思
えば、あの程度のお色気で下半身を熱くたぎらせていた、幼い頃の自分が愛しいッス。

・ 物語中盤、交通事故で首を失った町子先生の元カレ=要(かなめ)と陽人が、道ばたで偶
然出会うシーンが超シュール。 果たしてこのシーンは陽人の見た夢もしくは幻覚だったの
か、はたまた彼の強い思いが引き寄せた“奇跡”なのか? その辺は はっきりとは語られま
せんが、はっきりとしない方がイイと思います。 都市伝説なんかと一緒で、虚実入り乱れて
初めて魅力的になる事柄ってありますもんね。 ちなみにこの首なしの元カレを演じるのは
RATA
。 ARATAって、何気に麻生久美子との共演が多いんですよね。 『青い車』もそ
うでしたし、『真夜中の弥次さん喜多さん』でも 地味に夫婦役でした。

・ この映画の詳しい顛末や奇妙奇天烈なラスト(いやマジで)について ここで詳しく書くような、
そういった野暮なマネは致しません。 こらもう各自の目で確認して頂くのがイチバンかと思い
ます。 その上で『スゲェ…』となるも良し、『なんなんだよあのラスト! 全然ワケ分かんねえ
よ!』と憤慨するも良し。いずれにせよ、既存の概念に少なからず揺さぶりをかけて来る衝撃
の結末である事は確実なんじゃないかな、と。 ただ、一点だけ申し上げるとすれば、『脳ミソ
なくても 心臓止まっても、わー(俺)は生きてるぞ』という陽人のセリフに、この作品の本質が
凝縮されているのではないかと思います。脳ミソや心臓といった煩雑な器官に頼らずとも、水
と光と農薬(これポイント)さえあれば力強く育っていく事のできる植物のシンプルな在り方こそ、
陽人の目指す“進化”の果てにある、究極の理想だったのではないでしょうか。


続きを読む
スポンサーサイト

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2010/07/10(土) 15:47:50|
  2. 映画レビュー
  3. | トラックバック:20
  4. | コメント:0

ARATA 宮崎あおい 麻生久美子 / 青い車

断崖
ワケもなく断崖絶壁


どうも。 ギャグ漫画ゲリラ・中川ホメオパシーの世界陸上 in ベルリン担当、ブロッケンです。

よしもとよしとも原作の映画『青い車』を観ました。

ARATA × 宮崎あおい × 麻生久美子という鉄壁のキャスティングに加え、音楽を担当
するのがex.サニーデイ・サービス曽我部恵一っつう事で、否が応でも高まる期待。

しかし。その期待は大きく裏切られる事となりました。 結論から言って、ひどく退屈な映画
だったな、と。  …最近は良作との出逢いが続いていただけに、ガッカリ感も倍増ッス。

ものすごく平たく言ってしまえば、リスカ癖のある厭世感バリバリの主人公・リチオ(ARATA)が、
麻生久美子宮崎あおいの美人姉妹に二股かけてたんだけど、ある日突然姉貴(麻生久美
)の方が交通事故で死んじゃった…せつない…ってだけのお話だと思います。 いやマジで。

この身もフタもないストーリーを通じて、現代の都市に暮らす若者の閉塞感や寄る辺ない魂
の渇きと、そんな事はお構いなしに、ある日突然襲いかかる不幸や喪失の不条理さを描きた
かったのでしょうし、はたしてその目論見は、大筋において成功していると思います。

でも、肝心の内容が冗長で退屈だった日にゃあ、目論見もナニもあったモンじゃござんせん。

非常にスロウな物語のテンポと、ARATAの、タメの効いた(効き過ぎ?)ボソボソ声が相まって、
絶妙におネムなオーラが画面から放射され放題。 更に追い討ちをかける様にして、曽我部氏に
よる心地よい劇伴が流れ出せば、気分はもう冬山の遭難者。 寝るなっつう方が酷です、隊長。

リチオは、少年時代に右目に大ケガを負い、その傷を隠すために常時サングラスをかけている
んですけど、そのエピソードに関してもうちょい突っ込んだ説明なり展開が待ち受けているのかと
思いきや、別段これといった広がりもないままスタッフロールに突入。  なんなんスか、もう。

そもそもこの『青い車』っつうタイトルだって、リチオの乗っている車が青色だって、本ッ当にただそ
れだけの理由なんですもん。 なんなら『黒いサングラス』ってタイトルでも全然オッケーですもん。
もしもスピッツのナンバーに『黒いサングラス』っつうのがあったとしたら、この作品のタイトルも
『黒いサングラス』になってたんじゃないでしょうか。 黒いサングラス。 タモリかっつうのな。
  
…とまあこんな感じで、あんまし重く考えないで適当に決めちゃいました的なタイトルですが、これ
って、ノリや気分や場の空気に思いっきり支配されがちな、現代の若者っぽい感覚ですよねぇ。


◆◆オーラル学園 更新情報◆◆
・のらネコミック - 184  ・アワビさん - 251 続きを読む

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2009/08/22(土) 13:17:40|
  2. 映画レビュー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。