中川ホメオパシー 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

小泉今日子 浅野忠信 相米慎二 / 風花

釣り
ワケもなくフィッシング


毎度です。 ギャグ漫画ゲリラ・中川ホメオパシーの堂島孝平担当、ブロッケンです。

相米慎二監督の映画『風花』を観ました。

故郷に子供を置き去りにしてきたピンサロ嬢のレモン(小泉今日子)と、性格も酒グセも
最悪のエリート官僚の廉司(浅野忠信)。 自分の居場所を失った二人が出会い、成り
行きまかせでレモンのふるさと・北海道を旅する、せつない大人のロード・ムービーです。

1980年の『翔んだカップル』で映画監督としてのキャリアをスタートさせた相米慎二
が、2001年に他界するまでに世に送り出した作品の数は全部で13作。そしてこの『風花
は、その内の13作目、つまり遺作にあたる作品です。

風花”とは、冬から春へと向かう晴れた日に、まだ雪の残る山肌を撫でて飛んでくる細雪
(ささめゆき)の事なんだとか。 それと同時に『風に舞う花びら』といった、字面通りのイメー
ジも喚起させる、イイ言葉ですよね。 事実この物語も、桜舞い散る夜明けの公園からスタ
ートして、最終的に北海道の雪原に辿り着くワケで、“花”と“雪”のイメージを併せ持つ“
”という言葉は、まさに本作にピッタリなんじゃないかな、と。

酒にまつわるスキャンダルのせいで失脚したエリート官僚・廉司を演じるのは浅野忠信。な
んでも浅野忠信氏は、実生活では滅多にお酒を飲まないらしいのですが、そんな事など微
塵も感じさせないほど見事な(?)ヨッパライぶりを披露しておりました。役者だなぁ。  で、こ
の廉司ってのがまた心底ダメダメな男でして、上述した通り性格も酒グセも最低最悪、おま
けにインポテンツだってんだからもう大変。そんな彼の愚息を元気づけるべく、麻生久美子
浅野忠信の目の前で自慰に耽るシーンがあるんですけど、ここはマジでコーフンしました
ね(*゚∀゚)=3ハァハァ  …結局、浅野氏のアレは勃ちませんでしたが、おかげさまで僕の愚息
はビンビン。 やだもう(*´▽`*)

人生に疲れた風俗嬢・レモンを演じるのは小泉今日子。 キョンキョンって、その快活なパ
ブリック・イメージとは裏腹に、どこか闇や疲弊感をひきずった役柄に抜擢される事が多い
ですよね。『トウキョウソナタ』もそうでしたし、『グーグーだって猫である』も、さりげなく“死”
について考えさせられる内容でした。

そんな二人が、ピンク色のレンタカーで北海道をあてどもなく旅するワケですが、雄大で解
放感に満ちた北の大地!的な浮き足立ったムードは皆無で、むしろ地方都市特有の閉塞
感や寂寥感の方がより際立っていました。 このドン詰まり感が、主役二人の寄る辺ない心
模様と絶妙にリンクしていたと思います。

相米慎二氏といえば、役者を極限まで追い込む演出方法や“ワンシーンワンカットの長廻
”といった数々の“伝説”とワンセットで語られる事の多い監督ですが、この“風花”は、そ
ういった大仰さとは一線を画したシンプルな味わいに仕上がっております。ただし、レモンが
雪山で自殺を図る直前に、やおらダンスを踊り始める場面の唐突さなどは、いかにも相米監
督らしい演出ですよね。 ここでいう“相米監督らしさ”とは、理屈やリアリティを飛び越えて直
接感情に訴えかけてくる演出―という意味で、その最たる例が『台風クラブ』における“オカリ
ナ”のシーンではないでしょうか。  

キョンキョンが雪原で舞い踊るシーンで使われる、印象的な音楽を担当したのが大友良英
氏。なんでもこの曲、笙(しょう)とベトナムの一弦琴に電気的な処理を施して完成させたもの
なんだとか。 ちなみに大友良英氏は、魚喃キリコ原作の映画『blue』の音楽も担当してお
り、そちらの方も実に素晴らしい内容でした。

それから、スタッフロールにちょこっとだけ登場するカエルの声が 実は笑福亭鶴瓶だったの
も、無闇に豪華で笑えました。 このカエルは、レモンが娘の元へ帰ってきたという意味の“帰
る”とかけた、相米監督なりのシャレだったのかな。  どうなんだろ?


続きを読む
スポンサーサイト
  1. 2010/06/02(水) 18:55:01|
  2. 映画レビュー
  3. | トラックバック:3
  4. | コメント:2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。