中川ホメオパシー 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

多部未華子 石田卓也 貫地谷しほり / 夜のピクニック

夜のピクニック
ワケもなくほのぼの

毎度です。 ギャグ漫画ゲリラ・中川ホメオパシーの皆既日食担当、ブロッケンです。

映画『夜のピクニック』を観ました。 全校生徒で80キロの道のりを一昼夜かけて歩く行事
『歩行祭』のスタートからゴールまでを追った、文字通りのロード・ムーヴィーなのですが、
これが実に面白かった。 もっと早くチェックしとけば良かったなァ…。

というのも最初、劇場でこの映画の予告編を見た時に『なんて地味なキャストなんだ』と驚いて、
以来、観るのが後回し後回しになっていたのです。しかし、今こうして改めて出演陣の顔ぶれを
見ると、主演の多部未華子石田卓也をはじめ、貫地谷しほり加藤ローサ高部あい
柄本佑 など、昨今ブレイクを果たした旬の若手俳優がズラリ。 おお~。

この『夜のピクニック』、ともすればどこまでも一本調子な内容になってしまいそうな危険を
孕んだ設定ですよね。 だって、ただただゴール目指して一日中歩くだけなんですから。
にも関わらずこの映画がとても面白いのは、個性豊かな登場キャラクター…昼間は死んだ
ように静かなのに、夜になると元気になるロック大好き少年(柄本佑)、他の生徒にこっそり
まぎれて歩くオバケ(?)、付き合うと必ず不幸が訪れる超打算的な女(高部あい)…による
部分が非常に大きいと思います。

主役の甲田貴子(多部未華子)と西脇融(石田卓也)は、強く互いを意識し合いながらも、
なかなか心を開けずにいるのですが、ゴールが近づくにつれて、その理由が徐々に明らか
になって来る構成も非常に丁寧で秀逸。 

それにしても、多部未華子石田卓也の『どこにでも居そうなのに、明らかに目立つ』感じ
というのは、特筆に価すると思います。 凄くポジティヴな意味で『使い勝手がいい』というか。
違和感なく作品に溶け込みつつも個性を失わないこの稀有な存在感は、これからもっともっと
様々な映画やドラマ等で発揮される事でしょう。 今後の活躍が非常に楽しみな2人です。

◆◆オーラル学園 更新情報◆◆
・アシッドちゃん - 331話
スポンサーサイト

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2009/07/22(水) 12:22:28|
  2. 映画レビュー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。