中川ホメオパシー 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

松山ケンイチ 麻生久美子 / ウルトラミラクルラブストーリー

c0200618_22295183.jpg
ワケもなくにわかせんぺい


『ウルトラミラクルラブストーリー』

《あらすじ》
青森で農業を営みながら一人で暮らす水木陽人(松山ケンイチ)は、心は少年のように
純粋だが、全く落ち着きがなく、周囲をはらはらさせてばかりいた。 ある日陽人は、ワケ
あって東京からやって来た保育士の町子先生(麻生久美子)と出会い、一目で恋に落ち
る。 町子が青森に来たのはカミサマ(藤田弓子)と呼ばれる占い師に会うためであった。
生まれて初めて恋をした陽人は町子先生に猛アタックを仕掛けるが、まったく相手にされ
ない。 やがて陽人は、あるとんでもない行動に出る…。  監督&脚本・横浜聡子


《極私的見解》

・ 『何とまぁペラそうな内容のタイトルなんだ…』ってのが『ウルトラミラクルラブストーリ
』っつう題名に対する、私の第一印象でした。 こちとら“ラブストーリー”っつう単語がタ
イトルに冠されただけでも 少なからず身構えてしまうってのに、“ウルトラ”で、しかも“ミラ
クル”でしょ? 過剰すぎるっつうか何つうか、とにかく観る前は、この作品に対してネガテ
ィヴなイメージしか抱けなかったってのが 偽らざる本音でございます。 しかし!そのファ
ースト・インプレッションは見事に打ち砕かる事に。 とんでもない映画ですぞこれはっ。

・ 純粋で天真爛漫な青年、水木陽人を演じるのは、青森県出身の松山ケンイチ。 全編
オール青森ロケ&津軽弁を謳っている今作の主役にうってつけの人選と言えましょう。 た
だでさえ自然な松ケンの演技が ネイティヴな津軽弁と相まって、もはや完全に水木陽人
というキャラクターになりきっているといった感じです。  松山ケンイチってよく“憑依型の
俳優”などと形容されますが、まさしく今作は“憑依”という表現がジャスト。

・ 東京からやって来た保育士の町子先生役に麻生久美子。…あの、たぶんこれってボク
だけじゃないと思うんですけど、『マチコ先生』って言ったら、取りも直さず『まいっちんぐマ
チコ先生
』を連想しちゃいますよね。『ボインにタ~ッチ!』とか言って。 フフ。 今にして思
えば、あの程度のお色気で下半身を熱くたぎらせていた、幼い頃の自分が愛しいッス。

・ 物語中盤、交通事故で首を失った町子先生の元カレ=要(かなめ)と陽人が、道ばたで偶
然出会うシーンが超シュール。 果たしてこのシーンは陽人の見た夢もしくは幻覚だったの
か、はたまた彼の強い思いが引き寄せた“奇跡”なのか? その辺は はっきりとは語られま
せんが、はっきりとしない方がイイと思います。 都市伝説なんかと一緒で、虚実入り乱れて
初めて魅力的になる事柄ってありますもんね。 ちなみにこの首なしの元カレを演じるのは
RATA
。 ARATAって、何気に麻生久美子との共演が多いんですよね。 『青い車』もそ
うでしたし、『真夜中の弥次さん喜多さん』でも 地味に夫婦役でした。

・ この映画の詳しい顛末や奇妙奇天烈なラスト(いやマジで)について ここで詳しく書くような、
そういった野暮なマネは致しません。 こらもう各自の目で確認して頂くのがイチバンかと思い
ます。 その上で『スゲェ…』となるも良し、『なんなんだよあのラスト! 全然ワケ分かんねえ
よ!』と憤慨するも良し。いずれにせよ、既存の概念に少なからず揺さぶりをかけて来る衝撃
の結末である事は確実なんじゃないかな、と。 ただ、一点だけ申し上げるとすれば、『脳ミソ
なくても 心臓止まっても、わー(俺)は生きてるぞ』という陽人のセリフに、この作品の本質が
凝縮されているのではないかと思います。脳ミソや心臓といった煩雑な器官に頼らずとも、水
と光と農薬(これポイント)さえあれば力強く育っていく事のできる植物のシンプルな在り方こそ、
陽人の目指す“進化”の果てにある、究極の理想だったのではないでしょうか。


続きを読む
スポンサーサイト

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2010/07/10(土) 15:47:50|
  2. 映画レビュー
  3. | トラックバック:20
  4. | コメント:0

小泉今日子 浅野忠信 相米慎二 / 風花

釣り
ワケもなくフィッシング


毎度です。 ギャグ漫画ゲリラ・中川ホメオパシーの堂島孝平担当、ブロッケンです。

相米慎二監督の映画『風花』を観ました。

故郷に子供を置き去りにしてきたピンサロ嬢のレモン(小泉今日子)と、性格も酒グセも
最悪のエリート官僚の廉司(浅野忠信)。 自分の居場所を失った二人が出会い、成り
行きまかせでレモンのふるさと・北海道を旅する、せつない大人のロード・ムービーです。

1980年の『翔んだカップル』で映画監督としてのキャリアをスタートさせた相米慎二
が、2001年に他界するまでに世に送り出した作品の数は全部で13作。そしてこの『風花
は、その内の13作目、つまり遺作にあたる作品です。

風花”とは、冬から春へと向かう晴れた日に、まだ雪の残る山肌を撫でて飛んでくる細雪
(ささめゆき)の事なんだとか。 それと同時に『風に舞う花びら』といった、字面通りのイメー
ジも喚起させる、イイ言葉ですよね。 事実この物語も、桜舞い散る夜明けの公園からスタ
ートして、最終的に北海道の雪原に辿り着くワケで、“花”と“雪”のイメージを併せ持つ“
”という言葉は、まさに本作にピッタリなんじゃないかな、と。

酒にまつわるスキャンダルのせいで失脚したエリート官僚・廉司を演じるのは浅野忠信。な
んでも浅野忠信氏は、実生活では滅多にお酒を飲まないらしいのですが、そんな事など微
塵も感じさせないほど見事な(?)ヨッパライぶりを披露しておりました。役者だなぁ。  で、こ
の廉司ってのがまた心底ダメダメな男でして、上述した通り性格も酒グセも最低最悪、おま
けにインポテンツだってんだからもう大変。そんな彼の愚息を元気づけるべく、麻生久美子
浅野忠信の目の前で自慰に耽るシーンがあるんですけど、ここはマジでコーフンしました
ね(*゚∀゚)=3ハァハァ  …結局、浅野氏のアレは勃ちませんでしたが、おかげさまで僕の愚息
はビンビン。 やだもう(*´▽`*)

人生に疲れた風俗嬢・レモンを演じるのは小泉今日子。 キョンキョンって、その快活なパ
ブリック・イメージとは裏腹に、どこか闇や疲弊感をひきずった役柄に抜擢される事が多い
ですよね。『トウキョウソナタ』もそうでしたし、『グーグーだって猫である』も、さりげなく“死”
について考えさせられる内容でした。

そんな二人が、ピンク色のレンタカーで北海道をあてどもなく旅するワケですが、雄大で解
放感に満ちた北の大地!的な浮き足立ったムードは皆無で、むしろ地方都市特有の閉塞
感や寂寥感の方がより際立っていました。 このドン詰まり感が、主役二人の寄る辺ない心
模様と絶妙にリンクしていたと思います。

相米慎二氏といえば、役者を極限まで追い込む演出方法や“ワンシーンワンカットの長廻
”といった数々の“伝説”とワンセットで語られる事の多い監督ですが、この“風花”は、そ
ういった大仰さとは一線を画したシンプルな味わいに仕上がっております。ただし、レモンが
雪山で自殺を図る直前に、やおらダンスを踊り始める場面の唐突さなどは、いかにも相米監
督らしい演出ですよね。 ここでいう“相米監督らしさ”とは、理屈やリアリティを飛び越えて直
接感情に訴えかけてくる演出―という意味で、その最たる例が『台風クラブ』における“オカリ
ナ”のシーンではないでしょうか。  

キョンキョンが雪原で舞い踊るシーンで使われる、印象的な音楽を担当したのが大友良英
氏。なんでもこの曲、笙(しょう)とベトナムの一弦琴に電気的な処理を施して完成させたもの
なんだとか。 ちなみに大友良英氏は、魚喃キリコ原作の映画『blue』の音楽も担当してお
り、そちらの方も実に素晴らしい内容でした。

それから、スタッフロールにちょこっとだけ登場するカエルの声が 実は笑福亭鶴瓶だったの
も、無闇に豪華で笑えました。 このカエルは、レモンが娘の元へ帰ってきたという意味の“帰
る”とかけた、相米監督なりのシャレだったのかな。  どうなんだろ?


続きを読む
  1. 2010/06/02(水) 18:55:01|
  2. 映画レビュー
  3. | トラックバック:3
  4. | コメント:2

麻生久美子 加瀬亮 風間杜夫 / インスタント沼

河童





どうも。 ギャグ漫画ゲリラ・中川ホメオパシーの乱反射ガール担当、ブロッケンです。

三木聡脚本・監督の映画『インスタント沼』を観ました。

ジリ貧でリアリストのOL・沈丁花ハナメ(麻生久美子)は、自らが手がける雑誌が
廃刊に追い込まれたり、母親(松坂慶子)が沼に落っこちて生死の境をさまよった
りと、文字通り“ドロ沼”な毎日を送っていた。 ひょんな事から手に入れた一通の
古い手紙を頼りに、ハナメは生き別れの父親かもしれない男・沈丁花ノブロウ(
間杜夫
)の元を訪ねる。 骨董屋を営むノブロウのイイ加減な性格に呆れっぱなし
のハナメ。 しかし、次第にハナメ自身も骨董に興味を持ちはじめ、ついに自ら骨
董屋を開業する事を決意する。  しかし、なかなか商売が軌道に乗らず、クサる
ハナメ。 そんなハナメに対してノブロウは、『物事に行き詰まったら 水道の蛇口
をひねれ!』という謎の教えを伝授する…というあらすじ。

ドラマ『時効警察』シリーズをはじめ、三木 聡監督の関連作品は、ほとんどチェ 
ックしております。エッヘン。 で、前作『転々』も、三木監督の持ち味である脱力
ユーモアとおびただしい蛇足、そしてほんの少しのせつなさが絶妙にブレンドされ
た、大好きな作品でした。 そして今作『インスタント沼』ですが…うーん、思って
た程グッと来なかったんだよなあ。
 
もちろん随所に散りばめられた小ネタの数々にはいちいちニヤリとさせられました
し、三木作品にゆかりのある個性派キャスト(岩松了ふせえり江口のりこ
野高史
ほか)もズラリ総出演だし、主演の麻生久美子はオシャレでカワイイしで、
決して退屈だったって訳じゃないんスけど、なぜか胸に残るモヤモヤ感。

加瀬亮演じる草食系パンクロッカーの“ガス”も、“あの加瀬亮が、こんなトンガっ
た格好をしてる”というギャップ以外に、取り立てて面白味の無いキャラで、胸の
モヤモヤはさらに加速する始末。 うーむ。

“無意味である”という事を徹底的に追究するのが三木作品の特徴で、それこそ
がボク的に一番シビレるポイントだったりするんですけど、この『インスタント沼
に関して言えば、いまいち無意味指数が低いように感じたんですね。 ついでに
言えば不謹慎指数も低かった。 で、それらが低下した分だけ新たなサムシング
が作品に付加されていたかっつうと、正直そんなんでもなかったりして、その辺り
のどっちつかずな感じが、胸のモヤモヤを誘発してたんだと思います。

久しぶりに再会した憧れの先パイが、見るも無残なうすらハゲになってたり(亀は
意外と早く泳ぐ
)、手首のリスカの傷痕を利用してワサビをすりおろしたり(図鑑に
載ってない虫
)といった、“意味なんか無いし、笑ってイイ所なのかどうかも怪しい
んだけど、笑わずにはいられない”シチュエーションを描く天才=三木聡のデタラ
メなユーモア・センスを、遠慮せずにもっともっと見せつけて欲しかった。 そうす
れば胸のモヤモヤなんか 一瞬で消し飛ぶのに…みたいな気持ち悪いポエムを、
彫刻刀かなんかで教室の机に刻み付けたい。 そんな気分でございます。 

…あ、でも松阪慶子が映画の冒頭で何気なく言った『たまには、ありえないモノ
とか見なさいよ?』というセリフは、何故かジーンと来ました。 つうか俺も、ありえ
ないモノとか沢山見たいですよ。 たとえば…UFOとかぁ、幽霊とかぁ、つかみあ
いの大ゲンカしてるW浅野とかぁ、手ェつないで空中遊泳してるW浅野とかぁ。


続きを読む

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2010/05/15(土) 13:59:37|
  2. 映画レビュー
  3. | トラックバック:18
  4. | コメント:0

麻生久美子 加藤晴彦 小雪 / 回路

やわらかおじさん
ワケもなく変形


どうも。 ギャグ漫画ゲリラ・中川ホメオパシーのゆらゆら帝国担当、ブロッケンです。

黒沢清脚本・監督の映画『回路』を観ました。

園芸店で働くミチ(麻生久美子)の同僚が、原因不明の自殺を遂げる。 その事件を
境に、彼女の周囲の人間が一人、また一人と姿を消していく。 同じ頃、大学生の川
島(加藤晴彦)が自宅でインターネットを始める為にPCのセットアップを行っている
と、突如モニターに“幽霊に会いたいですか”というメッセージと共に、黒い袋をかぶ
った不気味な男の映像が映し出される。 ネットを媒介して加速度的に広がっていく
恐怖。 世界では今、何が起ころうとしているのか?…というあらすじ。

日本ホラー映画界の最重要人物・黒沢清監督の2001年の作品。 全編を通じてな
んともいえない閉塞感に満ちた、イヤ~な作品でございます。 “PCのモニターに映し
出される、黒い袋をかぶった男の素顔を見てはいけない”、“街中のいたる所に点在
する『あかずの間』に入ってはいけない”というのが本作におけるタブーであり、その
タブーを破った人間は最終的に自ら命を絶つか、もしくは黒いシミとなって消えてしま
うという“ルール”に則って物語は進んで行きます。

あかずの間のドアの隙間は赤いテープで塞がれており、中には“幽霊”が待ち受け
ているのですが、これは“ドアの隙間を赤いテープで塞いで密室を作ると、数日後
に部屋の中に幽霊が現れるようになる”という都市伝説をベースに考えられた設定
なんだとか。 麻生久美子の同僚(松尾政寿)が、うっかりあかずの間に入ってしま
い、その中で女の幽霊に遭遇する場面が、すこぶるイヤ~な感じなんですよ。 想
像を絶する恐怖ってワケじゃないんですけど、折にふれて何度もフラッシュ・バック
しそうな、ジワジワ来るタイプの恐怖というか。

しかも、いったんあかずの間に侵入した人間には、何処からか“あかずの間の作り
方”というファックスが送られて来て、その人間もまた新たなあかずの間を作り上げ
てから死に至るという、負の連鎖のオマケ(?)付き。 誰がそのようなファックスを送
りつけて来るのか、どうしてあかずの間の中には幽霊が居るのか、何故幽霊に遭
遇すると死んでしまうのか、黒い袋をかぶった男とは一体何者なのか…? これら
の謎に対する明確な答えが見つからぬまま、徐々に人々が街から消えてゆく様子
を、なす術もなく見守る事しか出来ない無力感と閉塞感が恐怖とごちゃまぜになっ
て、観ている内にマジで憂鬱になって来ます。 精神状態が不安定な方や、生の実
感が希薄な方がこの映画を観るのは冗談抜きでちょっと危険かも。 それぐらい強
烈に“死”について意識させられる内容です。

物語中盤で、『死者の世界にも容量の限度があって、行き場を失った死者達が新
たな居場所を求め、こちら側(人間)の世界にやって来たのが“幽霊”の正体なので
はないか』という仮説が、武田真治の口から語られます。 という事は、あかずの間
というのは、こちら側の世界における死者の居場所…という事になるのでしょうか。
やがて死者は、おぼろげな存在である事を止め、ネット回線を通じて活動の領域を
全世界へと広げていったという辺りまでは何となく理解できたのですが、それと引き
換えに世界から人間の姿が消えていった理由に関しては、とうとう最後まで分から
ずじまいでした。 分からないからこそ余計に怖いんですけどね。

そういえば、『』という作品も、最終的に世界から人間が姿を消すといった結末だ
った様に記憶しておりますが、黒沢清監督は“人類が消えて失くなる”という終末の
イメージに、よほど強いこだわりがあるのでしょうか。

それから、給水塔の上から女性が飛び降りるシーンも強烈なインパクトがありまし
たね。 幽霊の正体も、人々が消えゆく理由も、何もかもが曖昧で不可解なヴェー
ルに包まれているクセに、この自殺のシーンだけは飛び降りてから地面に叩きつ
けられるまでの一部始終が鮮明に描かれてるんだもん。 この先、“飛び降り自殺”
って単語を耳にする度に、このシーンを思い浮かべる事になるんだろうなぁ…。

続きを読む

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2010/04/02(金) 17:46:59|
  2. 映画レビュー
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

麻生久美子

麻生久美子
麻生久美子って言ったら時効警察

・漫画サイトもやっております。→ bannermono.gif

続きを読む

テーマ:女性タレント - ジャンル:アイドル・芸能

  1. 2010/01/26(火) 17:10:57|
  2. 似顔絵(女性)
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。