FC2ブログ

中川ホメオパシー 

オダギリジョー 三浦友和 吉高由里子 / 転々

河童
ワケもなく河童


どうも。 ギャグ漫画ゲリラ・中川ホメオパシーのへらちょんぺ担当、ブロッケンです。


三木 聡脚本・監督の映画『転々』を観ました。

ある日、うだつの上がらない大学8年生の竹村(オダギリジョー)のもとへ借金取りの男・
福原(三浦友和)がやって来る。 金を返すあてのない竹村に福原は、“東京散歩に付き
合えば、借金を肩代わりしてやる”と持ちかける。目的地は霞ヶ関。 とりとめもなく歩い
ていく内に、竹村と福原の間に奇妙な絆が芽生えて行く…というあらすじ。

時効警察』、『亀は意外と速く泳ぐ』でおなじみの三木 聡ワールド全開の脱力系ロー
ド・ムービーといった趣の今作、相も変わらず小ネタと緊張感の無いギャグが目白押し
です。岸部一徳にまつわる都市伝説とか、そんなん本編と1ミリも関係ねえじゃんって
感じですよね。 主役のオダギリジョーをはじめ、岩松 了ふせえり笹野高史など三
木作品に縁の深いキャストもズラリ勢揃い。 友情出演として麻生久美子が『時効警察
の三日月しずか役でチョイッと出演するのもファンには嬉しいトコロですね。

『東京の街は風景が変化に富んでるから、散歩向きなんだよ』という三浦友和のセリフの
通り、目まぐるしく表情を変えていく東京の路地から路地へと文字通り“転々”と歩いていく
道すがら、不意にこの散歩の本当の目的が明かされるワケですが、実はそれがとんで
もなく重たい内容なんですよね。 にもかかわらず物語はちっともシリアスな展開を見せ
ずに、最後までユル~い小ネタを基調として進んで行く辺りが面白くもあり、妙にせつな
くもあります。

吉高由里子演じる不思議少女・ふふみちゃんも反則級の可愛らしさ。 アレですよね、こ
ういったバカそうなコの役を演じさせたら、吉高由里子は本当に上手いですよねェ。ちな
みに、バカサイドの吉高由里子を存分に堪能したい!というアナタには、迷わず『紺野さ
んと遊ぼう
』っつう作品をオススメします。 もうね、説明すんのがアホらしくなる位バカな
ドラマ(なのかアレは?)なんだぁ。

で、『転々』の話に戻りますけど、この映画、ラストがすっごいドライっつうか、ほとんど
余韻みたいなものを残さないで唐突に終わるんですよね。 やり方次第では、いくらで
も感動的な方向に持っていけるのに、あえてそうしない三木監督の選択は、実に正しい
と思います。 安易な共感やら感動のクライマックとやらが観たけりゃ、他を当たってくれ
っつう事なんでしょうね。 う~ん、シビレる(*゚∀゚)=3ハァハァ

bannermono.gif

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2009/12/08(火) 17:23:45|
  2. 映画レビュー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

豊川悦司 麻生久美子 / ハサミ男

WEEZER
ワケもなくウィーザー


どうも。 ギャグ漫画ゲリラ・中川ホメオパシーの香田 晋担当、ブロッケンでございます。

豊川悦司麻生久美子主演の映画『ハサミ男』を観ました。 

てっきりスプラッタ・ホラー系の映画だとばっかり思ってたんですけど、全然違ってビックリ。
これって、『おっぱいバレー』が単なるエロコメ映画なのかと思いきや、実はれっきとした
青春映画だった時の驚きに似てるような、似てないような。 

都心部を中心に、美人で頭の良い女子高生ばかりが相次いで殺害されるという猟奇事件が
発生。 被害者のノド元に鋭利なハサミを突き刺すその残忍な手口から、いつしか世間や
マスコミは犯人を『ハサミ男』と呼び、恐れるようになっていた。
犯人とおぼしき男(豊川悦司)の傍らには、知夏という女(麻生久美子)が常に寄り添っていた。
ある日、自分達と全く同じ手口で殺害された女子高生の遺体を偶然に発見してしまった2人。
2人は凶悪な犯罪者であると同時に、事件の重要参考人になってしまう…というあらすじ。

“本物のハサミ男”が、“偽者のハサミ男”に殺害された遺体の第一発見者になってしまうという
着想が非常に斬新で面白いですよね。 “偽者”を追う“本物”と、“本物”に罪をなすりつけようと
企む“偽者”、両者のせめぎ合いにより事件は複雑化の一途を辿り、警察は翻弄され続ける、と。

トヨエツと行動を共にする知夏(麻生久美子)は、強い希死念慮に囚われたファザコンという、
かなり病んでる系のキャラなんですけど、事件の真相に肉薄して行くのと並行して、彼女の
生い立ちや、彼女が抱える心の闇(病み?)が少しづつ明らかになってくる展開も非常に秀逸。

それとこの映画、とにかく麻生久美子がゲロを吐きまくるんだ。希死念慮、つまり自殺願望が
強いモンだから、殺虫剤やらタバコの煮汁(猛毒!)やらを飲み込んで自殺を図るんだけど、
死にきれずにゲーゲー吐いちゃうんです。 嘔吐マニア(?)の方々は必見ですぞ。

うーん。 このテの謎解きミステリー作品って、どこまで話してイイものなのか、ジャッジに
困る場合がありますよね。  つうか、今まさに困ってる最中なんスけど。

よし。 こうなったら本筋に全然関係ない話をして、そのままシメちゃいましょう。

この『ハサミ男』、高円寺にある『プラネットサード』というオシャレなカフェでロケを敢行してるん
ですけど、このお店の近辺を麻生久美子豊川悦司が歩くシーンの辺りで、ほんの一瞬だけ
2000コレクタブルトイズ』という、ヴィンテージ・トイショップが写るんです。 このお店がヤバイ。
古いアメリカのアニメや映画をこよなく愛する人間にとっては、マジで楽園みたいなお店なんスよ!

この店で買ったオズボーンズのTシャツは、今でもボクの勝負Tシャツでございます(*´▽`*)

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2009/10/17(土) 12:54:55|
  2. 映画レビュー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

成海璃子 永山絢斗 / 罪とか罰とか

にゃんこ6
ワケもなく仔猫


どうも。 ギャグ漫画ゲリラ・中川ホメオパシーの武者修行担当、ブロッケンです。

ケラリーノ・サンドロヴィッチ監督の映画『罪とか罰とか』を観ました。 いい加減なタイトル
タイトルですよねぇ、『罪とか罰とか』って。 でも、肝心の内容はその100倍いい加減(´∀`)

売れないグラビアアイドル・円城寺アヤメ(成海璃子)は、自分の載っている雑誌を万引き
して、捕まってしまう。 その罪を帳消しにする代わりに警察署の一日署長をやらされる事
になってしまったアヤメ。 そこで彼女は元カレである春樹(永山絢斗)に再会する。 
しかし、春樹には誰にも言えない恐ろしい秘密があって…ってなカンジのストーリー。

観終わってから知ったんですけど、春樹役の永山絢斗って瑛太の弟なんですってね。
言われてみればドコとなく面影があるような…ないような。 ま、どうでもイイんスけど。

佐藤江梨子市川由衣麻生久美子といった、余裕で主演を張れちゃうクラスの女優陣を
贅沢にチョイ役使いしているのが、この映画の大きな魅力(?)のひとつです。

特に麻生久美子のトランスっぷりは必見。 今まで積み重ねてきた華々しいキャリアを
一切省みないその姿勢に、ある種のパンク・スピリットを感じました。

主演の成海璃子は、この映画でコメディ初挑戦だそうですが、 初体験でケラリーノ作品って、
酷すぎるんじゃ?と、ちょっと心配だったんですけど、実に堂々としたコメディエンヌぶりを披露
しておりました。 個人的にはもっとブッ壊れてても良かったかな、とは思いますけど。
ま、その分他のキャラが余計に壊れちゃってるから、ちょうどいいバランスなのかも。

全編通して、これでもかとばかりにちりばめられたダークかつナンセンスなギャグの印象が
勝ってしまいがちな今作。 だけど、意外とストーリーの方も緻密に練られているんです。 

何の意味もなく、ぞんざいに配置されている様に見えた各キャラクターが、物語が進むにつれて
少しづつ絡み合い、ひとつの大きな流れに収束していくさまは、実に見事。 しかし、そんな中で
ただひとり、麻生久美子だけは一切本編に無関係で、ひたすらナンセンスのみを体現している
のが素晴らしい。 あるイミ、この映画で一番オイシイ役どころと言えましょう。


カッチリしてる様に見せかけといて、実はいい加減な作りの映画って、意外と多いです。

そんな中にあって、この『罪とか罰とか』のように、一見いい加減なのにスジは通ってて、
その上観客もキッチリ楽しませてくれる映画って、すごく貴重だと思うし、こういう作り手が
コンスタントに作品を発表出来ている事自体に、とても勇気づけられる思いです。 

ケラさん! これからもメチャクチャな映画を、心のままに作り続けていって下さい!

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2009/09/20(日) 11:37:04|
  2. 映画レビュー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ARATA 宮崎あおい 麻生久美子 / 青い車

断崖
ワケもなく断崖絶壁


どうも。 ギャグ漫画ゲリラ・中川ホメオパシーの世界陸上 in ベルリン担当、ブロッケンです。

よしもとよしとも原作の映画『青い車』を観ました。

ARATA × 宮崎あおい × 麻生久美子という鉄壁のキャスティングに加え、音楽を担当
するのがex.サニーデイ・サービス曽我部恵一っつう事で、否が応でも高まる期待。

しかし。その期待は大きく裏切られる事となりました。 結論から言って、ひどく退屈な映画
だったな、と。  …最近は良作との出逢いが続いていただけに、ガッカリ感も倍増ッス。

ものすごく平たく言ってしまえば、リスカ癖のある厭世感バリバリの主人公・リチオ(ARATA)が、
麻生久美子宮崎あおいの美人姉妹に二股かけてたんだけど、ある日突然姉貴(麻生久美
)の方が交通事故で死んじゃった…せつない…ってだけのお話だと思います。 いやマジで。

この身もフタもないストーリーを通じて、現代の都市に暮らす若者の閉塞感や寄る辺ない魂
の渇きと、そんな事はお構いなしに、ある日突然襲いかかる不幸や喪失の不条理さを描きた
かったのでしょうし、はたしてその目論見は、大筋において成功していると思います。

でも、肝心の内容が冗長で退屈だった日にゃあ、目論見もナニもあったモンじゃござんせん。

非常にスロウな物語のテンポと、ARATAの、タメの効いた(効き過ぎ?)ボソボソ声が相まって、
絶妙におネムなオーラが画面から放射され放題。 更に追い討ちをかける様にして、曽我部氏に
よる心地よい劇伴が流れ出せば、気分はもう冬山の遭難者。 寝るなっつう方が酷です、隊長。

リチオは、少年時代に右目に大ケガを負い、その傷を隠すために常時サングラスをかけている
んですけど、そのエピソードに関してもうちょい突っ込んだ説明なり展開が待ち受けているのかと
思いきや、別段これといった広がりもないままスタッフロールに突入。  なんなんスか、もう。

そもそもこの『青い車』っつうタイトルだって、リチオの乗っている車が青色だって、本ッ当にただそ
れだけの理由なんですもん。 なんなら『黒いサングラス』ってタイトルでも全然オッケーですもん。
もしもスピッツのナンバーに『黒いサングラス』っつうのがあったとしたら、この作品のタイトルも
『黒いサングラス』になってたんじゃないでしょうか。 黒いサングラス。 タモリかっつうのな。
  
…とまあこんな感じで、あんまし重く考えないで適当に決めちゃいました的なタイトルですが、これ
って、ノリや気分や場の空気に思いっきり支配されがちな、現代の若者っぽい感覚ですよねぇ。


◆◆オーラル学園 更新情報◆◆
・のらネコミック - 184  ・アワビさん - 251 続きを読む

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2009/08/22(土) 13:17:40|
  2. 映画レビュー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

オダギリジョー 麻生久美子 / たみおのしあわせ

白黒アワビ
アワビさん - 240

どうも。ギャグ漫画ゲリラ・中川ホメオパシーの悪だくみ担当・ブロッケンです。

先日、映画『たみおのしあわせ』を観ました。

オダギリジョー×麻生久美子×岩松了という、この黄金のトライアングル。
『時効警察』の大ファンとしては、見逃すワケにはいきますまい。

で、感想。 良かったです。 『時効~』的な、とぼけたユーモアこそ
希薄でしたが、それとはまた違う味わい深さがありました。   

オダギリジョーが、お見合い相手の麻生久美子と一緒に靴屋に行き、
彼女の見立てで靴を買って、その場で履き替えるっていう場面があるんです。 
で、その日の夜、オダギリジョーは麻生久美子の方から逆にプロポーズされる、と。
オダギリジョーは嬉しさと興奮のあまり、猛ダッシュで家に帰って来るんですけど、
息を切らしながら、でも満面の笑顔で、父親役の原田芳雄に向かって、

『こんな走りやすい靴…初めてだよ』

って言うんです。 これ、すっごくイイ台詞ですよね。 で、すごくリアルだと思います。

嬉しい事があって、『嬉しい!』って思いっきり叫びたいんだけど、照れやら恥ずかしさ
やらっていう諸々の感情のせいで、ついつい思ってる事と全然違う言葉が、はからずも
口をついて出ちゃうって経験、ありますよね。 前述の場面は、そういった微妙な心模様を
実にリアルに表現しているなぁって思ったです、ハイ。

ジャズ・パンク・バンド『勝手にしやがれ』の歌うエンディングテーマも、超クールでした。

勝手にしやがれ、今年のライジングサンに来るんですよ。 つうか絶対観る!って感じ。


★ オーラル学園 更新情報 ★

・アワビさん - 240   ・アシッドちゃん - 311

テーマ:邦画 - ジャンル:映画

  1. 2009/04/29(水) 00:23:31|
  2. 映画レビュー
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0
前のページ