中川ホメオパシー 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

市原隼人 谷村美月 / 神様のパズル

?
ワケもなく不審者

どうも。 ギャグ漫画ゲリラ・中川ホメオパシーのペ・ドゥナ担当、ブロッケンです。

三池崇史監督の映画『神様のパズル』を観ました。

ロックをこよなく愛する寿司屋見習いの綿貫基一(市原隼人)は、急遽タイに留学して
しまった双子の弟・喜一に大学で代返をして欲しいと頼まれる。 しかし、担当教授の
鳩村(石田ゆり子)から、不登校の天才少女・穂瑞サラカ(谷村美月)をゼミに参加させ
て欲しいと頼まれた基一はしぶしぶサラカの家に行く事に。そこで、基一が不意に発し
た“宇宙をつくる事ができるのか?”という問いに興味を示したサラカ。果たして基
一とサラカは、本当に宇宙を作り出す事が出来るのだろうか…?というあらすじ。

この映画には『対称性のやぶれ』、『ひも理論』、『反物質』といった、宇宙創造にまつ
わる超難解な概念が沢山出てきますが、はっきし言ってボクにはちんぷんかんぷ
んでした。で、市原隼人演じる綿貫基一も我々と同じくちんぷんかんぷん状態。それ
に対し、天才少女・サラカ(谷村美月)や、黄川田将也石田ゆり子等ゼミの面々が分
かり易く説明してくれるので、ちんぷんかんぷんでも一安心。つうか今作のポイント
は宇宙科学の理論が云々って事よりも、人工授精により生まれ、父親の顔を知らずに
育ったサラカの閉ざされた心の闇が、徐々に狂気を帯びて行くという点にあるので、
ぶっちゃけ理論とかってのは、しっかりと理解できずとも、十分にこの映画を楽しむ
事が出来るんじゃないかな、と。

それはさておき、谷村美月演じるサラカの衣装なんですけど、これがまたそこはかと
なく無防備というかエロいというか。水色地のアディダスのジャージ上下という、体
育の授業みたいな装いなんですけど、ジャージ上の胸元のチャックは思いきりはだけ
ており、その下は胸の谷間が強調されたチューブトップ。エローい。で、ジャージ下
もホットパンツかっつう位にまくり上げていて、スラリとした美脚を惜しげもなく披
露しております。鼻血ブーですわ。その上自分の事を“ボク”とか呼んじゃうんだも
んなぁ。たまらんぜよ~って感じですわ。つうかこんな下世話なトコにばっか目がい
っちゃう俺ってどうなのって感じなんですけど、三池崇史監督も“意図的にエロく
撮った”みたいな事をどっかでおっしゃっていたので、すっかり三池監督の掌(てのひ
ら)の上で踊らされてるってワケですね、ボク(゚ω゚)

この『神様のパズル』、原作小説の方は未読なんですけど、読まずとも“ああ、ここ
は絶対に映画オリジナルなんだろうなァ”っていう場面が多々ありました。何てった
って、鬼才・三池崇史ですからね。あの『DEAD OR ALIVE』を撮ったお方
ですよ。そりゃもう何が起きてもヘンじゃない(確かミスチルでこんな曲があったよう
な)ってな具合に、心の準備は出来ていた…ハズなのに。いやぁ、やられた。谷村
美月
を救いに来た市原隼人が、背中にしょっていたギターをおもむろにかき鳴らし、
ベートーヴェンの『喜びの歌』をロック風に歌い始めた際、何故か都合よくその場に
マイクスタンドが設置してあったのにもビックリしましたが、問題はその後ですよぉ。
これはもう是非とも実際にその眼で確認して頂きたいので、あえてここでつまびらか
には致しませんが、ヒントは“寿司”とだけ言っておきましょう。 ボクはここで大爆
笑しましたが、多分、置いてかれる人続出なんじゃないかな、と。“なんでここで寿
司が出る?”って感じ。例えるならば、戦場に赴いて、支給された武器がビニール傘
だった時のような違和感。色んな意味でタマラナイですね。この脚本を手渡された時、
市原隼人谷村美月はどんな顔したんでしょう?そこら辺に想いを馳せるだけで、
激しく胸が高鳴ります。

この驚愕(?)のクライマックスと、谷村美月の、あどけなさと妖艶さが交差した肢体
が観れるというだけで、最早十分に価値のある今作。 決して名画などではありませ
んが、それがなんだってんだいってな気持ちにさせてくれる一本です。
スポンサーサイト

テーマ:谷村美月 - ジャンル:アイドル・芸能

  1. 2010/01/09(土) 12:35:43|
  2. 映画レビュー
  3. | トラックバック:22
  4. | コメント:2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。