中川ホメオパシー 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

峯田和伸 黒川芽以 松田龍平 / ボーイズ・オン・ザ・ラン

モヒちゃん
ワケもなくモヒカン


『ボーイズ・オン・ザ・ラン』


《あらすじ》
うだつの上がらないダメサラリーマン・田西敏行(峯田和伸)は、弱小玩具メーカーに勤め
る29歳。 商品企画部の同僚・ちはる(黒川芽以)に淡い恋心を寄せているが、どうアプロ
ーチしていいかわからない。 そこで彼は営業先で知り合った大手ライバルメーカーのエ
リート営業マン・青山(松田龍平)に相談を持ちかける。 青山の手ほどきで少しずつ距離
を縮めていく田西とちはる。 しかし、風邪で寝込んでいるちはるを見舞いに行った田西は
そこで決定的な過ちを犯してしまう…。 監督・三浦大輔。 


《極私的見解》

・ うう…これは痛い! 痛すぎて直視してらんない位におぞましい青春&性春模様が眼前
でこれでもかと言わんばかりに繰り広げられる壮絶な作品です。 いや僕もね、いままで映
画を観て感動したり哀しかったりして涙を流した事は多々ありましたが、悔し泣きさせられ
たのはこの『ボーイズ・オン・ザ・ラン』が初めてでございます。 哀号!

・ 弱小玩具メーカーに勤める29歳のイケてないダメ男・田西敏行を演じるのは峯田和伸
青春と性春にまつわる衝動と焦燥を歌わせたら当代一の彼が 今作の主演を務めるという
のは、“幸福な結婚”としか言いようのない程のハマりっぷり。 すでに峯田氏は『アイデン
&ティティ
』や『色即ぜねれいしょん』等で、役者としても確固たる存在感を放っておりまし
たが、その評価は今作をもって決定的なものとなったのではないでしょうか。  もはや『
杏BOYZ
のフロントマン』というエクスキューズを全く必要としないほど、一人の優れた役
者として彼は 劇中で思いきり泣き笑いしておりました。あ、でもカラオケで岡村孝子の『
をあきらめないで
』を取り憑かれた様に熱唱するさまは、紛れもなくパンクシンガー・峯田
和伸
に戻ってましたけど(´∀`)

・ そんな峯田演じる田西クンが恋心を寄せる同僚のOL・植村ちはる役の黒川芽以が醸し
出す天然のエロスが、もう大変な事になっております。 かつてケラリーノ・サンドロヴィ
ッチ
監督の映画『グミ・チョコレート・パイン』においても、冴えない童貞男子のエロ妄想
を一手に引き受けるかの様なキャラクターを演じていた彼女ですが、グミチョコにおけるエ
ロスとは、所詮童貞ティーンエイジャーの想像の域を出ないような、言ってしまえば“可愛
げのあるエロス”だったワケですが、どっこい今作における黒川芽以のエロスは圧倒的な
リアルさをもって観る者(主に男子)の股間に訴えかけてくる、いわば“今そこにあるエロス”
なのです。…ナニ言ってるか自分でもちょっと怪しくなってまいりましたが、要はまぁそんぐ
らいヤバイって事よ。 つうかまさか黒川芽以のクチから『フェ○チオ』なんつう淫語が聞け
るとは思わなかっただよ。ちなみに先述した『グミ・チョコレート・パイン』には、峯田もAV
男優役でチョロッと出演しております。 性春あるトコロに峯田アリ、ですな。

・ で、田西が営業先で知り合うエリート営業マン・青山(松田龍平)ですよ。 俺ァこいつが
憎くて憎くてかなわん。 てゆうか『テメーブッ殺す!』ってな感じで劇中のキャラに殺意を
抱いたのって、実はすごく久しぶりな気がします。 そこまで感情を強く揺さぶられたって
事は、つまり演出や脚本の妙もさる事ながら、松田龍平の芝居に、観てるコッチがすっか
り乗せられてしまってたというワケですよね。 『恋の門』の頃と比べると、俄然演技に深み
と説得力が増したように思えます。 それにしてもこの青山って男、マジでムカつく。 好き
な女をゲーム感覚で横取りして、孕ませて、あまつさえリベンジを果たしに来た田西を逆
にボコボコにしちゃうんだもん。 圧勝ならぬ圧敗じゃないスか。 わしゃもう悔しゅうて悔し
ゅうて涙が…涙が止まらんかったとですよ! 

・ といった具合に、次から次へと救いの無い展開が押し寄せる『ボーイズ・オン・ザ・ラ
』ですが、そんな痛々しいドラマの中にあって、唯一の救いと云えるのが、田西を取り
巻く玩具メーカーの同僚や上司が垣間見せる“大人の優しさ”ではないでしょうか。 とり
わけリリー・フランキー演じる寡黙な社長・斎田のひと言『田西はクビにはさせません。
思う存分やってもらいます』はジーンと来たなァ。 『紅の豚』じゃないですけど、カッコイ
イとはこういう事をいうんだよなァなんて、しみじみ感じ入った次第です。 

・ そして今作の主題歌が銀杏BOYZの書き下ろした同名曲『ボーイズ・オン・ザ・ラン
なワケですが、何一つ報われる事のないまま結末を迎えた映画のラスト、モヒカン頭の田
西が傷だらけで駆けてゆくバックでこの曲が流れ出した瞬間、えもいわれぬ興奮と感動が
こみ上げて来ます。 不甲斐無さと敗北感と喪失感、そして無尽蔵のリビドーを抱えながら
『もう遅いか?』『もう一丁だ』とギリギリの自問自答を繰り返すこの曲は、この先いつまで
も世界中のダメ男子のハートを揺さぶり続けるに違いありません。 つうかこの曲を聴いて、
そしてこの映画を観て涙した男子!  君はきっと俺と親友になれるぜ! 

  
スポンサーサイト

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2010/10/05(火) 14:05:20|
  2. 映画レビュー
  3. | トラックバック:7
  4. | コメント:2

草剛 加瀬亮 黒川芽以 / 山のあなた ~徳市の恋~

しわざ
ワケもなく矢追純一


押忍。 ギャグ漫画ゲリラ・中川ホメオパシーのやくしまるえつこ担当、ブロッケンです。

石井克人監督の映画『山のあなた ~徳市の恋~』を観ました。

山あいの温泉場を舞台に、盲目の按摩師・徳市(草剛)の淡い恋心を描いた本
作は、清水宏監督が1938年に公開した映画『按摩と女』を、『鮫肌男と桃尻女
や『PARTY7』で知られる石井克人監督がリメイクしたもの。 『按摩と女』を観た
事がない為、オリジナルと比較して論じる事は出来ませんが、清涼感溢れる素晴
らしい作品だったと思います。 とは言え、石井克人監督の持ち味である、ブッ飛
んだギャグ・センスやモダンな映像感覚がたまらなく好き!という旧来のファンに
とっては、少々もの足りなさが残る内容であった事も事実。 ともあれ、前作『茶の
』を境に、石井監督の関心が“和テイスト”な方向へと傾きつつある事は確かで、
これは実に興味深い変化であると言えましょう。

まず何と言っても草剛演じる徳市のコミカルかつ飄々とした振る舞いに、思わ
ずニヤリとさせられます。 目あき(目が見える人間)の旅行者を後ろから追い抜
くのが密かな楽しみという徳市の姿からは、重いハンデを背負いながら生きると
いった悲壮さは微塵も感じられず、むしろその状況をどこか楽しんでいる様にす
ら見えて来るから不思議です。

徳市の相棒で、やはり盲目の按摩師である福市(加瀬亮)も、とぼけた味わいを
醸し出しておりました。 女学生(野村佑香ほか)に取り囲まれて、困ったように
身をよじる場面なんかは、非常に“加瀬亮らしい”一幕でしたね。 そう言えば映
画『69 sixty nine』で、妻夫木聡の口車に乗せられてバター犬(股間にバタ
ーを塗布して、犬に舐めさせる行為)の実験台になる場面も、非常に加瀬亮らし
かったなあ。 つうか“加瀬亮らしさ”って何なのよっつうハナシなんですけど、な
んとなくニュアンスで察知して下さいとだけ言っておきます。 フフフ。

徳市らが出入りしている温泉宿・鯨屋の女中役として、さりげなく黒川芽以が出
演してるんですけど、あまりに落ち着き払った雰囲気ゆえ、しばらくは黒川芽以
だと気づかなかったほどでした。 彼女も演じる役によって、ガラッと雰囲気の変
わる女優ですが、個人的には『問題のない私たち』で見せた様な、サドっ気全開
の女子高生みたいな役柄が、彼女に一番マッチしていると思います。 そんなサ
ドモード全開の黒川芽以が、加瀬亮をいじめにいじめ抜くみたいな映画がもし
仮にあったとしたら、もう絶対に大ヒット間違いナシだと思うんだけどなあ。 黒川
芽以
の執拗ないじめ攻勢に、苦悶とも恍惚ともつかぬ表情を浮かべる加瀬亮
その瞬間、画面全体から溢れ出す“加瀬亮らしさ”に、日本全国のいじわるなお
姉様方も大喜び!  …だから“加瀬亮らしさ”って何なんだよっていうね。 


続きを読む

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2010/04/09(金) 17:34:22|
  2. 映画レビュー
  3. | トラックバック:9
  4. | コメント:0

黒川芽以 沢尻エリカ 美波 / 問題のない私たち

レッサーパンダ
ワケもなくレッサーパンダ


どうも。 ギャグ漫画ゲリラ・中川ホメオパシーの日野日出志担当、ブロッケンです。


黒川芽以沢尻エリカ美波主演の映画『問題のない私たち』を観ました。

中学3年の笹岡澪(黒川芽以)は、同じクラスの潮崎マリア(美波)に対して陰湿なイジメを
行っていた。ある日、澪のクラスに転校生の新谷 麻綺(沢尻エリカ)がやって来る。 持ち
前の明るさですぐにクラスの人気者になる麻綺。 そんな麻綺の人気が気に入らない澪は、
麻綺を次なるイジメの標的にしようと企む。しかし、クラスメイトの反感を買ってしまい、
今度は自分自身がイジメられる立場に立たされてしまう…というあらすじ。

イジメ、良くないですよね。こらもう最低最悪の行為です。そこら辺をキッチリと踏まえ
た上で、ボクはこの映画、非常に楽しめました。イジメるコもイジメられるコも、どっち
もカワイイんだぁ、これがまた。特に、潮崎マリア役の美波、もうタマランね。長いまつ
毛に白い肌。髪型は清く正しくツインテール。で、常におどおどした態度で、時折声とか
もうわずっちゃう感じの、負のオーラ全開系美少女。ああもう、超タイプです。や、別に
サディストってワケじゃないんスよ、自分。…で、そんな彼女が数人がかりでプールに投
げ込まれたり、教科書にラクガキされたりするんです。うーむ、許せん。でもさ、プール
に投げ込まれる時にパンティーが見えるんだな。黒のパンティー。こうなると最早ボクの
意識はイジメの善し悪しなどそっちのけで、ただただ黒のパンティーに一局集中。 フフ。
最低でしょ。でも、マジで今作の美波はカワイイんですってば。

イジメられる方もカワイイけど、どっこいイジメる方だって負けちゃおりません。澪役の
黒川芽以、こう言っちゃ何だけど、すっごいイジメっ子顔なんだよなァ。こんなコに校舎
裏に呼び出されて罵倒されたりケツ蹴られたりしたら、さぞやイタ気持ちいい(?)でしょ
うねえ…って、一体俺はSなの?Mなの?ドッチなのって話ですけど、要はまぁカワイイ
女のコが大好きっつう事でひとつよしなに。 “よしなに”じゃねえっつうのな。

カワイイっつったら沢尻エリカね。この頃のエリカ様は、今じゃ考えられない位に透明感
溢れる正統派美少女なんですよね。で、この『問題のない私たち』が映画初主演との事な
んですが、実にのびのびとしたイイ演技なんです。 沢尻エリカに限らず、黒川芽以
も、非常に演技が達者なので、まるで実際にイジメの現場に立ち会っているかの様な、
ウェットな臨場感が味わえるのが今作の醍醐味(?)と言えましょう。

やがて、イジメる事にもイジメられる事にも疲れきった彼女達は、それまでの行いを反省
しつつ、徐々に歩み寄りを見せていきます。ここで物語が終わるのかなと思いきや、今度
黒川芽以が担任の女教師・加藤(野波麻帆)に目をつけられ、あれこれと嫌がらせを受け
るハメに。これに対して、今までイジメる側とイジメられる側に分かれていた黒川芽以
沢尻エリカが結託して、女教師に立ち向かっていくという展開が非常に面白かったです。 

それからこの映画、映像がうっすらと青みがかってるんですよね。そのせいか、どこかヒ
ンヤリとした冷淡な印象を受けるのですが、その中で描かれる“美少女が美少女をイジ
メる風景”に、はからずも“残酷な美しさ”を垣間見てしまいました。イジメや殺人など、
現実には決して当事者になりたくない事象にすら“美”を宿す事が出来るのが、映画の素
晴らしい所なんだなァと、今作を観ながらつくづく感じ入った次第です。

bannermono.gif

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2009/12/25(金) 17:40:13|
  2. 映画レビュー
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。