中川ホメオパシー 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

松本潤・小雪 / きみはペット

にゃんこ
ワケもなく仔猫

毎度です。 ギャグ漫画ゲリラ・中川ホメオパシーのお色気担当、ブロッケンでございます。

松本潤小雪主演、『きみはペット』を観ました。

高身長・高学歴・高収入の三拍子揃ったスーパー・キャリアウーマンの小雪演じる巌谷スミレ
の家の前に行き倒れていた謎の美少年(松本潤)。何か知らないけど、その美少年が妙に小雪
になついちゃって、『どんな事でもするから、スミレちゃんの部屋に置いて』的なお願いをするんです。
で、ここで小雪は、事もあろうに『私のペットになるなら、飼ってやってもいい』とか言い出すんですわ。 
うひゃあ。 居丈高にも程があるんじゃないスか。 さらには、その美少年に、昔飼ってた
犬の名前と同じ『モモ』と命名。 愛玩美少年との奇妙な同棲生活が始まるワケです。

よく、『作品は時代を写し出す鏡である』などと申しますが、このドラマ『きみはペット』は、
渇ききった現代社会でくらす『働く女』たちにとっての『時代とニーズ』を、実に鮮明に写し出した
鏡のようなドラマであります。 彼女たちのニーズとは何か?それは、ざっくり言ってしまえば

・ (大前提として)年下の美少年に癒された~い!

・ でも、仕事やライフスタイルに口出しされるのはイヤ!


…この2点に集約されるんじゃないかな、と。 モチロンこれは、僕個人の勝手な見解ですが。

で、この2つの条件(ニーズ)を満たそうと思ったら、このドラマのようにイケメンのジャニーズを
拾ってきてペット化するより手立てはないんじゃないスか。 でも実際問題、ニンゲンのオスを
ペット化って、そんなん無理っしょ。もし実現したとしても、多分にただれた性のオイニーがする、
インモラルな世界に突入してしまう事でしょう。『美少年・監禁調教!』みたいな。 うへぇ~。

しかしこのドラマには、そういった性にまつわる情念めいたムードはほとんど皆無です。
つうかモモ、飼い主とのキスやエッチは固く禁じられちゃってるんですよ。 まさに飼い殺し。

キスもエッチもNGならば、じゃあ一体何して過ごすのかと言えば、モモの髪を洗ってあげたり、
大好物のオムライスを作って食わせてやったり、スニーカーを買い与えてやったり。
え?それって、ペットっつうかヒモと違います?って感じの日々を送るワケです、ハイ。

でも、例えばモモが寺島進兄ィとかだったら単なるヒモ状態ですが、相手は今をときめく
スーパースター『』の松本潤ですからね。 またマツジュンが犬顔なんだよなァ。

それにしても、マツジュンを飼育って。 しかもキスもエッチもおあずけって。
なんとまあエグい設定なんでしょう。 女子を萌え死にさせる気マンマンですよね。

…現在、4話まで観終わったんですけど、はたらくオンナでも何でもない僕には、正直かなり
しんどいです。 面白いし、良く出来てるんだけど、しんどい。 伝われッ!このニュアンス。
だって、ご主人様が帰宅する度にマツジュンが飛びついてきて『お帰り!スミレちゃん!』とか
言いながら小雪の顔をペロッと舐めたりするんですよ? 男子的にはしんどいっスよ、そりゃ。

これが例えば男女逆の設定で、谷村美月ちゃんをこっそりアパートで飼う的な内容だったなら、
相当萌え上がるんスけどね。谷村美月も、負けじと犬顔ですし。 テヘヘ。 

でも、そんな事ではカッサカサの現代女性のハートは潤わない、と。  ああもう。   

◆◆オーラル学園 更新情報◆◆
・のらネコミック - 162   ・ほいっぷ☆くりぃむ - 29

スポンサーサイト

テーマ:松本潤 - ジャンル:アイドル・芸能

  1. 2009/05/16(土) 13:17:21|
  2. 不明なファイル
  3. | トラックバック:2
  4. | コメント:0

ドラゴン桜と白い春

ポワトリン
ワケもなく美少女仮面ポワトリン

どうも。 ギャグ漫画ゲリラ・中川ホメオパシーの思春期担当、ブロッケンです。

先日、ドラマ『ドラゴン桜』をレンタルでイッキ観してしまいました。 いやぁ、面白かった。

このドラマを観ていると、何故かこう、無性に受験勉強がしたくなって来ますね。 フフ。
そうなんです。 す~ぐ影響されちゃうんスよ、ボク。

で、『ドラゴン~』を観終わった後、立て続けにHDDに録り貯めておいたドラマ『白い春』
なんぞ観たりしちゃったモンですから、なんだか一日中阿部寛と対峙しているような気分です。

阿部寛、すさまじい存在感ですよね。
ま~ったりとコクのある独特の演技に加えて、デカ過ぎるタッパ、そして圧倒的な顔面力。

この『顔面力』っつう点に関して言えば、『白い春』は今クールのドラマ群の中において他を
完全に凌駕していると言えましょう。 阿部寛を筆頭に、遠藤憲一『牡丹と薔薇』でおなじ
みの神保悟志デビット伊東と、いずれ劣らぬイイ顔揃い。 書き連ねているだけでノドが
渇いてきます。 大橋のぞみちゃんとのコントラストたるや、筆舌に尽くしがたいモノがありますね。
このメンツに寺島進北村一輝辺りが加われば、ほぼVシネの世界です。気分は歌舞伎町。

…でも、大橋のぞみちゃんが出演してるVシネって、何やらピンと来ません? 来ない? あっそう。 

◆◆オーラル学園更新情報◆◆

・天文台

テーマ:白い春 - ジャンル:テレビ・ラジオ

  1. 2009/04/30(木) 17:55:20|
  2. 不明なファイル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。