中川ホメオパシー 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

松本潤 榮倉奈々 / 僕は妹に恋をする

ジョンレノン
ワケもなくジョン・レノン


どうも。ギャグ漫画ゲリラ・中川ホメオパシーの霊感商法担当、ブロッケンです。

青木琴美原作の映画『僕は妹に恋をする』を観ました。
何でも出来る兄・頼(より)と、何にも出来ない妹・郁(いく)が、許されぬ恋と知りながら、
互いに惹かれあって行く…というタイトルのまんまの近親相姦劇でございます。

マツジュンが思い詰めた表情で榮倉奈々に『俺…もう限界なんだ…』と、にじり寄って
来たり、『俺の事が好きなら、郁からキスして…』と、無茶ぶりしてみたり、誰もいない
理科実験室で息を殺してイチャイチャしたり…と、松本潤大好きっ娘のいたいけな妄想
を片っ端から具現化したような、ファンにはたまらないシーンが目白押し。 ウヒョー。

しかし、♂の視点でこの映画を観た場合、いまひとつグッと来るものがありませんでした。

そもそも榮倉奈々自体に、『妹感』が希薄というか、『こんな妹が兄貴である俺を慕って
くれたら最高じゃん』というトホホな妄想を抱かせる様なキャラじゃないと思うんです。
まぁ、原作が少女漫画ですから、ターゲットの重心がコチラ(男性)側に置かれていない
事は明白ですが…でもなぁ…。 たとえば妹役を吉高由里子が演じていれば、より
いっそう、背徳感っつうか、イケナイ事してる感が増したと思うんスけど。  ウフフ。

…えーとですね、この『僕は妹に恋をする』、率直に言ってとても退屈な映画でした。

セリフとセリフの『間』が、あまりにもゆったり取られていて、しかもその『間』に、微塵も
必然性を感じないので、ただただ冗長な印象だけが残りました。加えて、各登場人物の
セリフのトーンも起伏に乏しいため、観ていると強烈な睡魔に襲われる事必至です。 
この映画の尺はおよそ120分。 ですが、余分な箇所をカットして、もっとテンポ良く編集
すれば、冗談抜きで60分弱の尺にまとめる事が出来たんじゃないかな、と。  

マツジュンが大好き!マツジュンみたいなお兄ちゃんに愛されたい!マツジュンと同じ
2段ベッドで眠りたい!…日頃からそう願っている様な、気合の入ったファン以外の方が
御覧になる場合は、十分に休息をとってから鑑賞される事を 強くお奨めいたします。


出演 : 松本潤 榮倉奈々 平岡祐太 小松彩夏 浅野ゆう子 ほか

◆◆オーラル学園 更新情報◆◆
・アシッドちゃん - 321  ・のらネコミック - 174
  

スポンサーサイト

テーマ: - ジャンル:アイドル・芸能

  1. 2009/06/30(火) 12:51:46|
  2. 映画レビュー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

遠藤雄弥 安藤サクラ 柄本時生 / 俺たちに明日はないッス

にゃんこ2
ワケもなく仔猫

毎度です。 ギャグ漫画ゲリラ・中川ホメオパシーの保健体育担当、ブロッケンです。

さそうあきら原作の映画『俺たちに明日はないッス』を観ました。

猛り狂う10代のリビドーのほとばしりに焦点を合わせた、いわゆる“性”春映画というものは、
それこそ掃いて捨てるほど多く存在しますが、それらの多くは、例えば『69-sixty nine-』や
グミ・チョコレート・パイン』のように《リビドー + 音楽》だったり、『おっぱいバレー』のように
《リビドー + スポーツ》であったりと、『性』以外のファクターと一体となって成立しているもの
なのですが、この『俺たちに明日はないッス』は、徹頭徹尾、いさぎよいまでに、『性』だけで
構成された、まさしく純・性春映画と呼ぶに相応しい内容になっております。

病弱な同級生・トモノとヤリたくて仕方ない『ヒルマ』(柄本時生)、巨乳の美少女に思いを
寄せられるデブの『安パイ』、そしてセックスに興味津々の女『チズ』(安藤サクラ)に
翻弄される『峯』(遠藤雄弥)。 三者三様の『性のめざめ』が、夕方の再放送のドラマの
ような暗く粗い画面の中で、気だるく、淡々と繰り広げられて行きます。

このテの映画の場合、作り手の幻想や思い入れが色濃く反映されやすい為、ヒロインの
女のコが、まるで天使か女神の様な描かれ方をする事が多いのですが、この映画に登場
する女のコ達には、そのような幻想を抱く余地など皆無。 ビックリする位フツーです。 
この辺の、女性に対するドライでニュートラルな眼差しというのは、監督が女性(タナダユキ)
であるという事が多分に影響しているのではないか、と。

映画の終盤、曇天の渚で波と戯れるトモノと、それを眺めながら、勃たないチンポを必死に
シゴくヒルマ…という、字面だけ追ったら完璧に意味不明なシーンがあるのですが、この
場面には、特殊漫画家大統領・根本敬氏いうところの『マヌケ美』が、はっきりと息づいて
おりました。 バカでスケベで心底クダラナイのに、美しくて儚いもの=青春。そのヴィジョンを
これほどまでに的確に切り取った映画を、私は他に知りません。

おまけに主題歌は、銀杏BOYZによる南沙織の『17歳』の超絶カヴァー。 もう、完璧でしょ。 

◆◆オーラル学園 更新情報◆◆
・アワビさん - 244   ・のらネコミック - 172

テーマ:俺たちに明日はないッス - ジャンル:映画

  1. 2009/06/23(火) 11:18:27|
  2. 映画レビュー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

石田卓也 栗山千明 / GSワンダーランド

マラソン
ワケもなくフルマラソン

毎度です。ギャグ漫画ゲリラ・中川ホメオパシーの情操教育担当、ブロッケンです。

映画『GSワンダーランド』を観ました。

時は1968年、GS(グループサウンズ)旋風が列島中に吹き荒れる中、レコード会社は
2匹目、3匹目のどじょう狙いで、新たなバンドを探していた。
そんな時、ビルの屋上でバンドの練習をしていたマサオ(石田卓也)、シュン(水嶋ヒロ)、
ケンタ(浅利陽介)の3人が芸能プロダクションの社長(武田真治)の目に留まる。
しかし、あらかじめレコード会社で用意してあったデビュー曲をプレイするにはどうしても
オルガン奏者が不可欠。 そこで、マサオ達と時を同じくして歌手を志して家出同然で上京
してきた女・ミク(栗山千明)を男装させ、強引に四人目のメンバーとして迎え入れる、と。
やがてバンドは(当たり前ですけど)ミク改め『ミック』の中性的なルックスとも相まって、
次第に熱狂的な人気を獲得していく…ってな感じのストーリーです。

何と言ってもこの映画、白タイツ+王子様ルックといったステージ衣装に身を包んだ
メンバー4名が、もう殺人的にカワイイ。 劇中ではミック(栗山千明)に女子人気が集中
しておりましたが、ドラム担当のシュン(水嶋ヒロ)も、かなり眩しい王子様オーラを放って
おりました。 絵本の中から飛び出てきたかのような麗しさに激しく嫉妬(*゚∀゚)=3ハァハァ

加えて、水嶋ヒロのドラム・プレイがフツーに素晴らしくてビックリ。 チャーリー・ワッツ
様に、左手のスティックを逆さに構えたスタイルで、ワイルドなリズムを聴かせてくれます。

日本歌謡界のドン・筒美京平御大がこの映画の為に書き下ろした『海岸線のホテル』も
素晴らしかったです。尾崎紀世彦の大ヒット曲『また逢う日まで』(同じく筒美京平:作曲)
のイントロを彷彿とさせるオルガンのフレーズが何ともニクイ!


日本音楽史に咲いたアダ花=GSムーヴメント。刹那的に華やいだその泡沫の季節を、
旬のキャストと小粋な音楽で描いた、とっても楽しい映画だと思います。

映画に意味や内容を求める方には正直軽すぎるかとは思いますが、この軽さというか、
底の浅さもまた、GSという音楽の持つ雰囲気にピッタリなんじゃないかと。

レイト60'sカルチャーが大好き!という方は、間違いなく楽しめる一本です。 

《監督》 本田隆一

《出演》 栗山千明 石田卓也 水嶋ヒロ 浅利陽介 温水洋一 三倉茉奈 三倉佳奈
      ケンドーコバヤシ 大杉漣 高岡蒼甫 武田真治 杉本哲太 岸部一徳 ほか

◆◆オーラル学園 更新情報◆◆
・のらネコミック - 171

テーマ:石田卓也 - ジャンル:映画

  1. 2009/06/16(火) 11:28:46|
  2. 映画レビュー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。