中川ホメオパシー 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

阿部寛 夏川結衣 樹木希林 / 歩いても歩いても

おじいちゃん
ワケもなくバンザイ


どうも。 ギャグ漫画ゲリラ・中川ホメオパシーの高城剛担当、ブロッケンです。


是枝裕和脚本・監督の映画『歩いても 歩いても』を観ました。  傑作です。

15年前、不慮の事故で命を落とした兄の命日に、横山良多(阿部寛)は、妻・ゆかり(夏川
結衣
)とゆかりの連れ子である息子・あつし(田中祥平)と共に、神奈川の実家に帰省する
という、シンプル極まりないあらすじ。

この『歩いても 歩いても』という題名は、劇中で樹木希林が口ずさむ、いしだあゆみ
ブルーライト・ヨコハマ』の一節から取られているんですね。 …あの、のっけからいきな
り余談なんスけど、若い頃のいしだあゆみってすんごい綺麗なんですよねぇ。 それとボク、
この曲が大好きなんですよ。 憂いを帯びたメロディーがタマンナイというか、さすが日本歌
謡界のドン・筒美京平氏の作品でございます。

大切な何かを喪失する瞬間を描いた作品って、沢山あると思うんですよね。 また、喪失の
哀しみから徐々に立ち直っていく過程を描いた作品も、同様に沢山あると思います。しかし、
今作で描かれているのは、“喪失も、そこからの再生も、はるか昔に済んでしまっている家
族”なのです。 なので、今作には大きな事件や、ドラマティックな展開は皆無。 取るに足
らない家族間のダイアローグを基軸に、物語はどこまでも淡々と進んで行きます。 つうか
そんな映画のどこが面白いんだと思われる方もいらっしゃる事でしょうが、ところがどっこい、
面白かったんですよこれが。

気心の知れた者同士が交わす何気ない会話の途中で、ふと何かの拍子に思い出したくな
い過去であったり、触れてはいけない事情だったりといった、いわゆる“地雷”を踏んでしま
い、途端に場の空気が凍りつくといった瞬間は、誰にでも身に覚えのある経験かと思います
が、この映画はそんな『地雷を踏んだ瞬間』の描写が非常にウマいんですよね。 で、この
家族にとっての“地雷”とは、15年前、海で溺れていた少年を助けようとして、反対に自分が
溺れ死んでしまった長男・ジュンペイの存在、というワケです。 

ジュンペイの命日には、彼によって命を救われたかつての少年もやって来るのですが、そい
つがまたツマラナイ人間に成長しくさってるワケですよ。 こんな男の為にウチの大事な長男
が死んだのかと嘆く父・原田芳雄のキモチも痛いほど良く分かります。

と同時に、誰かの犠牲の上に自らの生が成り立っているという負い目を生涯にわたって背負
い続けなければいけないってのも、あるイミ生き地獄だと思うんですよね。 そこら辺の事情
を汲んで、“彼も辛そうだし、もう彼を命日に呼ぶのは止めたらどうか? ”と提案する阿部寛
に対し、『だから呼んでるんじゃない。 10年やそこらで忘れてもらっちゃ困るのよ。』と真顔
で返した時の樹木希林のおそろしさといったら!   歳月は人の哀しみをやわらげこそすれ、
決して消し去りまではしないんだなァと痛感させられる場面です。
 
それにしても、先述した『ブルーライト・ヨコハマ』も、樹木希林が若かりし頃、原田芳雄
の浮気現場を目撃した際にかかっていた“思い出の曲”で、以来、現在に至るまで時折レコ
ードを引っ張り出して聴いてるってんですから、つくづく人間の、そして女の怨念は怖いです
ね。  オバケなんかよりもよっぽど怖い(*´▽`*)

また、かつては開業医として付近の住民からの信頼を得ていた原田芳雄が、向かいの家で
暮らす老婆の容態が急変した際に、何の力になってやる事も出来ず、ボンヤリと救急車を見
送る場面も非常に印象的でした。 15年という歳月は、家族の哀しみをゆっくりとやわらげな
がら、同時にゆっくりと“老い”を、そしてその先にある“死”をたぐり寄せていたという事実が
とても上手に表現されたシーンだと思います。 

おそろしく地味な映画ですが、これほどまでに人間の本性や悲哀を丁寧に、そして精確に描
いた作品って、そうそう無いと思います。 オススメ。 ゴンチチの劇伴も心地良かったなあ。


続きを読む
スポンサーサイト

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2010/04/30(金) 14:27:37|
  2. 映画レビュー
  3. | トラックバック:27
  4. | コメント:0

川村ゆきえ

川村ゆきえ
川村ゆきえって言ったら口裂け女2の人妻役が妙に艶っぽかったのねん。

・漫画サイトもやっております。→ bannermono.gif

続きを読む

テーマ:女性タレント - ジャンル:アイドル・芸能

  1. 2010/04/30(金) 14:25:21|
  2. 似顔絵(女性)
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

新垣結衣

新垣結衣
新垣結衣って言ったら恋空

・漫画サイトもやっております。→ bannermono.gif

続きを読む

テーマ:女性タレント - ジャンル:アイドル・芸能

  1. 2010/04/29(木) 11:56:46|
  2. 似顔絵(女性)
  3. | トラックバック:2
  4. | コメント:0

竹内力 / 難波金融伝 ミナミの帝王 ~欲望の街~

欲望の街
ワケもなく欲望の街


《あらすじ》
銀次郎(竹内力)からの借金をコゲ付かせていたストリッパー・ルイ(白石ひとみ)が
突然耳を揃えて返済に来た。 実は、ルイのファンである須田(笹野高史)が銀次郎
に借金をして、それに充てていたのだ。 何も知らない銀次郎は、1,000万借り逃げさ
れた沢木の親分(ゆうき哲也)が持って来た偽造借用書を見て驚く。 そこには連帯
保証人としての須田の署名が…。 早速調べると、裏にはネズミ講式に保証人の名
義を売買する悪党詐欺グループが浮かび上がった。 彼らの目的は、ニセ借用書を
掴ませてミナミの街金を総倒れにし、市場を独占すること。 そうはさせまいと、銀次
郎が闘志を燃やす…!! 笹野高史平泉成室田日出男など、いぶし銀の俳優が
多数出演。 カレセン(枯れ専)には堪えられないシリーズ第11作目。


《用語解説集》

・アンタの芸は国宝級や
〔解説〕 訳アリのストリッパー・ルイ(白石ひとみ)の大ファンである須田(笹野高史)
が、小雨降る街角でルイに打ち明けた一言。 彼の本気を笑う権利など誰にも無い。


・エロスの殿堂で デカい声はいただけまへんなぁ
〔解説〕 ストリップ小屋の支配人・黒崎(室田日出男)を恫喝する平泉 成に対して、
銀次郎が吐いた名言がコレ。  エロスの殿堂…声に出して読みたい日本語である。


・欲望の街
〔解説〕 シリーズ11作目にして、ようやくエンディング・テーマが“欲望の街”に変わ
る。 “♪大阪の夜”という歌い出しに始まり、“♪大阪 DREAMING NIGHT”で終わる、
まさしく大阪の・大阪による・大阪のための名曲。  心して聴きなはれ!


・ワシはゼニの地獄に棲む鬼や
〔解説〕 ゼニ → 地獄 → 鬼の三連コンボである。


続きを読む

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2010/04/28(水) 19:48:22|
  2. ミナミの帝王
  3. | トラックバック:2
  4. | コメント:0

沢尻エリカ

沢尻エリカ
沢尻エリカって言ったらパッチギ!

・漫画サイトもやっております。→ bannermono.gif

続きを読む

テーマ:女性タレント - ジャンル:アイドル・芸能

  1. 2010/04/27(火) 17:20:49|
  2. 似顔絵(女性)
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

薬師丸ひろ子 渡瀬恒彦 相米慎二 / セーラー服と機関銃 完璧版

地獄大使
ワケもなく地獄大使


毎度です。 ギャグ漫画ゲリラ・中川ホメオパシーのおみやさん担当、ブロッケンです。

相米慎二監督、薬師丸ひろ子主演の映画『セーラー服と機関銃』を観ました。 今か
らさかのぼる事29年前、1981年の作品でございます。

平凡な女子高生・星泉(薬師丸ひろ子)が、ひょんな事から老舗ヤクザ一家・目高組(め
だかぐみ)の四代目組長を襲名してしまう。やがて物語は、ひと包みのヘロインを巡って
警察から巨大な地下組織までを巻き込む大騒動に発展していく…。 赤川次郎原作に
よる空前の大ヒット作にして、故・相米慎二氏の第2回監督作品。

さて、相米監督といえば“長廻し”(ワンシーンをワンカットで撮影)の演出があまりにも有
名ですが、監督第2作目であるこの『セーラー服と機関銃』の時点において、概にその
技法がほぼ完成の域に達しているという点に、改めて驚かされます。 特に、薬師丸ひ
ろ子
演じる星泉が、同級生や舎弟連中達と寺の境内でたむろしているシーンから始まっ
て、そこから境内の外へふらふらと歩き出し、ちょうど近くへ通りかかった暴走族のバイ
クを奪い取って夜のドライブに繰り出すまでの、およそ5分間にわたる一連の流れをワン
カットで収めた場面は圧巻。 このシーンに限らず、今作におけるシーンのほとんどが
廻し
によって撮影されており、その無謀ともいえる試みの結果、作品全体に闇雲なエネ
ルギーと緊張感を与える事に成功しております。

カ・イ・カ・ン』や、『ワタクシ、愚かな女になりそうです。マル』などなど、誰しも一度
はどこかで耳にした事のある名フレーズが収録されているのも今作の特徴。 各種文献
等に目をやると、『カ・イ・カ・ン』と表記される事が多いようですが、実際の発音のリズム
的には『カイ・カン』と表記した方が、より正確なんじゃないかと思うんですけど、如何でし
ょう?これらの必殺フレーズ以外にも『おたく等』、『YOU達』、『~なワケ?』といった、当
時の世相を反映した流行り言葉(今となってはことごとく死語)が頻繁に飛び出てくる辺り
が、僕的にはあるイミ『カ・イ・カ・ン』だったりします(´∀`)

薬師丸ひろ子以外にも個性豊かな登場人物が多数出てくる『セーラー服と機関銃
ですが、中でもとりわけ三國連太郎演じるマッドサイエンティスト・太っちょ(このネーミ
ングからして相当イヤな予感がしますが)の存在感たるや尋常じゃございません。今作
を目の当たりにすれば、三國連太郎=『釣りバカ日誌』の“スーさん”というイメージ
がガラガラと音を立てて崩れ落ちる事間違いナシ。もうスゴイんだ、猿の脳ミソをパクッ
と頬張って『デリーシャス!』ってほくそ笑んでみたり、健常者のクセして、わざわざ義
足を使って歩行(!)してみたり。 おまけに三國連太郎のアジトってのが、『007シリー
』に出て来るような、“いかにも!”って感じの秘密基地風なんですよねぇ。 で、挙句
の果てにはあっさり射殺されちゃうし。 人に歴史ありとはよく言ったものですが、あの大
物俳優・三國連太郎が、まさかこんなアヴァンギャルドな役どころに挑戦していたとは
…こらもう一見の価値アリですぞっ。

このように今作は“薬師丸ひろ子主演のアイドル映画”という体裁を取りつつ、実は
かなり無謀かつ実験的な試みが随所でなされております。 大衆性と前衛性を半ば
強引に両立させつつ、興業収入的にも破格の大成功を収めるという離れ業をやって
のけた相米監督は、以後、『ションベン・ライダー』、『魚影の群れ』、そして『台風ク
ラブ
』といった作品をたて続けに発表し、表現の進化と深化を並行して推し進めていく
スリリングな季節に突入していくのであります。  カ・イ・カ・ン(*゚∀゚)=3ハァハァ



続きを読む

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2010/04/23(金) 17:55:06|
  2. 映画レビュー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

竹内力 / 難波金融伝 ミナミの帝王 劇場版5 ~甘い罠~

RIKIカー
ワケもなくRIKI仕様


《あらすじ》
梅子(梅垣義明)の先輩にあたるゲイバーのママ花江がハメられた! 格安で手に入る
という話だったクラブが競売物件だったのだ。 梅子の紹介で銀次郎(竹内力)から借金
をしてまで手付金を払った花江は、すっかり意気消沈。しかし花江を騙した相手の名を
聞いて銀次郎は身を乗り出す。 その男・志垣(沖田浩之)は銀次郎からの借金もコゲつ
かせていたのだ! しかし志垣は、ノンバンクの東洋ファイナンスに莫大な借金をし、そ
のダミー会社で悪質な不動産競売屋・共栄エンタープライズにビルを狙われていた。悪
徳金融屋潰しに銀次郎ファミリーがいよいよ動き出す! 沖田浩之可愛かずみ
谷拓三
など、物故者がわんさか登場するシリーズ第10作目。


《用語解説集》

・今出所して来たトコじゃあ!
〔解説〕 一年間の刑期を終え、ようやく出所して来たばかりの債務者。 そんな事情など
お構いなしに容赦なく追い込み(取り立て)をかけて来た銀次郎に対し、思わず債務者が
吐いたセリフがコレ。 塀の中の方がよっぽど安全である。


・個々の人間が“事情”を“数字”に替えて、
やっと五分に行き来する…それがゼニゆうもんや

〔解説〕 今作におけるベスト・オブ・名言がコレ。 じっくりと吟味すればするほど、どうい
う意味なのか解らなくなって来る辺りがポイント。


・さようなら
〔解説〕 沖田浩之にまんまと騙され、1000万円の借金を背負わされたオカマのホステス
・花江が、首吊り自殺を決行する直前にメモに遺した辞世の言葉。  意外と達筆なのが
逆に泣かせる。 ちなみに花江と梅子(梅垣義明)は、高校の野球部の先輩・後輩という
間柄。  オカマに歴史あり、である。


・ワシなりの味付けでミナミのフグ共を喰うてみせますわ
〔解説〕 “ゼニを取り立てる”という至極ありきたりな表現も、ミナミの詩人・萬田銀次郎の
手にかかれば、かようにリリカルに生まれ変わるのであった。 

続きを読む

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2010/04/22(木) 19:13:04|
  2. ミナミの帝王
  3. | トラックバック:2
  4. | コメント:2

青木隆敏

青木隆敏
青木隆敏って言ったらトーマの心臓

・漫画サイトもやっております。→ bannermono.gif

続きを読む

テーマ:気になる芸能人 - ジャンル:アイドル・芸能

  1. 2010/04/19(月) 22:48:26|
  2. 似顔絵(男性)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

鮎川陽子

鮎川陽子
鮎川陽子って言ったら鮎川誠の長女

・漫画サイトもやっております。→ bannermono.gif

続きを読む

テーマ:女性タレント - ジャンル:アイドル・芸能

  1. 2010/04/17(土) 15:28:27|
  2. 似顔絵(女性)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

青木和彦

青木和彦

青木和彦って言ったらマギー司郎の弟子

・漫画サイトもやっております。→ bannermono.gif

続きを読む

テーマ:気になる芸能人 - ジャンル:アイドル・芸能

  1. 2010/04/15(木) 16:54:18|
  2. 似顔絵(男性)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

竹内力 / 難波金融伝 ミナミの帝王 劇場版4 ~破産―乗っ取り~

欲望の街
ワケもなく欲望の街


《あらすじ》
不良刑事の立石(丹古母鬼馬二)に目を付けられ、袖の下を要求されたブルセラバー
『セーラー』店長の水島。大金が必要になった水島は銀次郎(竹内力)の元を訪れる。
水島の実家は九州でも指折りの大財閥だが、継父と反りがあわない水島は、単身大
阪で一旗揚げようと苦闘していたのだ。 一方、水島家の乗っ取りを画策する継父は、
水島を社会的に抹殺する為水島の母に破産宣告か禁治産宣告を受けさせるように提
案する。巧妙な手口に絶望した水島とともに九州へ向かう銀次郎。父との対決が始ま
った! そんじょそこらの死体なんかよりもよっぽど死体然としたMr.オクレ氏の蒔き
散らす負のオーラがとにかく心地良い、シリーズ第9作目。


《用語解説集》

・温泉で背中流してスッキリしたやろ? 
けど借金は流れんとフンづまっとるで

〔解説〕 ひなびた温泉宿にて、愛人にペッティングをカマしていた債務者の寝床に乱
入した銀次郎が放った名言。 類義語として、『ええ汗流した後で悪いけど、きっちり
冷や汗かかしたれい
』というのもある。 


・黒田節
〔解説〕 沢木の親分(ゆうき哲也)が日本刀を振り回しながら、“♪酒は呑め呑め~”
でお馴染みの“黒田節”を熱唱するという、親分ファンにはたまらないシーンが本作
には収められているのだが、どうして親分が物語の展開と全く関係ないタイミングで
突如“黒田節”を披露したのかは不明。


・この萬田、服もゼニも無いゆうたかて、
一歩も退かへんど……えぇ?

〔解説〕 この『えぇ?』 が絶品なんだよなァ。


・ヤクザがな、そんなモン
手ェ出すようになったらしまいじゃ!

〔解説〕 そんなモン=宝くじの事。 バブルが弾けて、ヤクザ業界にも不況の風が
吹き荒れていた当時の世相を反映した、なんとも侘びしい一言である。  


・欲望の街(インストVer.) 
〔解説〕 本編終了後、竹内力兄ィの名曲“欲望の街”のイントロが響き渡り、『おっ、
とうとう今作からエンディング・テーマが“欲望の街”に切り替わったか!』と、思わ
ず色めき立ったが、ヴォーカル部分がペラいシンセに差し替えられたインスト・ヴァ
ージョンであると気付いた時はマジで凹んだ。  歌っておくれよ、力兄ィ…。


続きを読む

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2010/04/13(火) 13:19:23|
  2. ミナミの帝王
  3. | トラックバック:2
  4. | コメント:0

あおい輝彦

あおい輝彦
あおい輝彦って言ったらあしたのジョー

・漫画サイトもやっております。→ bannermono.gif

続きを読む

テーマ:気になる芸能人 - ジャンル:アイドル・芸能

  1. 2010/04/12(月) 16:57:15|
  2. 似顔絵(男性)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

谷村美月 須賀健太 城田優 / 死にぞこないの青

宇宙人
ワケもなく異星人


どうも。 ギャグ漫画ゲリラ・中川ホメオパシーの安田美沙子担当、ブロッケンです。

乙一原作の映画『死にぞこないの青』を観ました。

マサオ(須賀健太)の通う小学校に赴任してきた新米教師の羽田(城田優)は、何故か
マサオにだけ厳しい態度を取る。そればかりか、他の生徒がマサオの事を嫌いになる
ように仕向けるのであった。 羽田の思惑通り、マサオは徐々に孤立していき、とうとう
いじめの標的にされてしまう。 やがてマサオの心の闇は、凶暴で冷酷な分身―アオ
(谷村美月)を作り出してしまう…というあらすじ。

須賀健太クン演じるマサオの心に芽生えた闇が作り上げた分身、アオ。 全身傷だら
けで身動きのとれない彼女の姿は、まさしくマサオの置かれている状況そのものです。
で、この映画はそんなアオが存分に暴れ回るホラー作品なのかなと思っていたら大間
違い。 マサオが理不尽ないじめに立ち向かう為の強さと賢さを獲得していく過程を描
いた、ちょっぴりホラーテイストの成長譚だったんですね。 身の毛もよだつような恐怖
展開を期待していただけに、少し拍子抜け。


アオ役を演じるのは谷村美月。 片目が潰れて髪もボサボサ、おまけに大きく裂けた
口元といった具合に、醜い顔立ちをしたアオが初めて画面に姿を現した時、『どうして
この役を谷村美月が…?』という巨大なクエスチョンマークが頭上に踊りました。 仕
事を選ばないその姿勢には好感が持てますが、選ばないにも程があるんじゃねえの
?って思いましたよね、正直。 マサオが少しずつ勇気を振り絞っていじめに立ち向か
うようになるにつれ、アオの体をがんじがらめに縛っていた拘束具が消え、顔の傷も
徐々に薄らいで行くんですけど、アオの潰れた片目がしっかりと開かれた時点で、よ
うやくボクの大好きな美月ちゃんが戻って来たなって感じました。  エヘヘ。

で、マサオをいじめにいじめ抜く新米教師・羽田役が城田優なんですけど、こいつが
また陰湿な、イヤ~な奴なんだよなぁ。 そのくせ趣味はアウトドアって。子供をいじ
めるような人間が大自然を満喫してんじゃねえよってカンジですけど。 映画のラスト
で、どうして羽田がマサオを目の敵にしていたか、その理由が明らかになるのですが、
その理由ってのがまた噴飯モノでして。 よくもまァ そんな浅はかな理由で、ここまで
ヒドい仕打ちが出来たもんだと、逆に恐ろしくなりましたよ、ええ。 

結局、この羽田という人物の“底の浅さ”が、そのまま作品自体の含蓄の無さ、そし
て中途半端さに直結していったように感じます。 いかにもホラー的なテイストの作品
であるにもかかわらず、あえてそういった方向に世界観を広げていかないというので
あれば、“恐怖”の代わりに観る者の心に残るサムシングが欲しかったなぁと、予定
調和のお手本の様な結末を観ながらしみじみ感じた次第です。 

でも一点だけ、マサオとアオが自転車を二人乗りするシーンでアオがふと垣間見せ
た、憂いとも微笑ともつかぬ表情がとても素晴らしかった。  映画自体は、残念なが
ら傑作と呼べる内容のものではありませんでしたが、谷村美月のこの一瞬の表情
だけは、ファンならずともグッと来るんじゃないかな、と。

続きを読む

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2010/04/12(月) 01:39:25|
  2. 映画レビュー
  3. | トラックバック:2
  4. | コメント:0

竹内力 / 難波金融伝 ミナミの帝王 劇場版3 ~愛人契約~

ヤングRIKI
ワケもなくションボリ


《あらすじ》
大学生の岩石(辻本茂雄)に300万の大金を貸した銀次郎(竹内力)。だが、期日が来ても
返済はない。さっそく銀次郎は大学に押し掛け学生達の前で見事なキリトリを披露! 泣
く泣く事情を説明する岩石は、なんと「ホスト屋」に騙されていた。 黒幕の山室(住田隆)か
ら金を奪い取るため、銀次郎得意の頭脳戦が始まる。再入会した岩石は、ホテルで山室
が差し向けた女にあう。情事の後、年間契約を持ち出す彼女に『仮契約書』を突き出し署
名させる。そして数日後、銀次郎は『仮契約書』を持ち山室のもとへ乗り込む…!吉本新
喜劇の座長・辻本茂雄のぎこちないベッド・シーンがとにかく笑えるシリーズ第8作目。


《用語解説集》

・愛をカネで換算するよりやり方知らんねん…情けない
〔解説〕 チンケなホスト屋・山室(住田隆)の父親が、惚れ込んだホステスに対してポロリ
と漏らした本音。  情けない位が丁度いいのである。 


・どう見てもお前のツラは堅気のツラやないんじゃ!
〔解説〕不審者と間違われて警察に引っ張られてしまった銀次郎が、取り調べの最中に
刑事から浴びせられた言葉。  何をいまさらってカンジ。


・夢を持つ事やな
〔解説〕 山室の父親が、若さの秘訣をホステスにたずねられ、したり顔で放った一言。
ちなみにその夢ってのが “上等のおなごを何十人もはべらして、肉布団でぐっすり眠
る事”なんだって。  逆に無邪気だよね。


・ワシの辞書に『できまへん』の文字は無い!
〔解説〕 かの有名なナポレオンの名言を、ザックリと関西弁にエキサイト翻訳。 “不可
能”を“できまへん”と変換する辺りに、センスの良さと育ちの悪さを感じる。


・ワシらの仕事は
『無い』っちゅうトコロから搾り取るのが仕事なんや

〔解説〕 “ゼロの向こう側”を見据える男・萬田銀次郎の経営哲学。 死屍累々である。   


続きを読む

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2010/04/10(土) 11:23:07|
  2. ミナミの帝王
  3. | トラックバック:2
  4. | コメント:0

草剛 加瀬亮 黒川芽以 / 山のあなた ~徳市の恋~

しわざ
ワケもなく矢追純一


押忍。 ギャグ漫画ゲリラ・中川ホメオパシーのやくしまるえつこ担当、ブロッケンです。

石井克人監督の映画『山のあなた ~徳市の恋~』を観ました。

山あいの温泉場を舞台に、盲目の按摩師・徳市(草剛)の淡い恋心を描いた本
作は、清水宏監督が1938年に公開した映画『按摩と女』を、『鮫肌男と桃尻女
や『PARTY7』で知られる石井克人監督がリメイクしたもの。 『按摩と女』を観た
事がない為、オリジナルと比較して論じる事は出来ませんが、清涼感溢れる素晴
らしい作品だったと思います。 とは言え、石井克人監督の持ち味である、ブッ飛
んだギャグ・センスやモダンな映像感覚がたまらなく好き!という旧来のファンに
とっては、少々もの足りなさが残る内容であった事も事実。 ともあれ、前作『茶の
』を境に、石井監督の関心が“和テイスト”な方向へと傾きつつある事は確かで、
これは実に興味深い変化であると言えましょう。

まず何と言っても草剛演じる徳市のコミカルかつ飄々とした振る舞いに、思わ
ずニヤリとさせられます。 目あき(目が見える人間)の旅行者を後ろから追い抜
くのが密かな楽しみという徳市の姿からは、重いハンデを背負いながら生きると
いった悲壮さは微塵も感じられず、むしろその状況をどこか楽しんでいる様にす
ら見えて来るから不思議です。

徳市の相棒で、やはり盲目の按摩師である福市(加瀬亮)も、とぼけた味わいを
醸し出しておりました。 女学生(野村佑香ほか)に取り囲まれて、困ったように
身をよじる場面なんかは、非常に“加瀬亮らしい”一幕でしたね。 そう言えば映
画『69 sixty nine』で、妻夫木聡の口車に乗せられてバター犬(股間にバタ
ーを塗布して、犬に舐めさせる行為)の実験台になる場面も、非常に加瀬亮らし
かったなあ。 つうか“加瀬亮らしさ”って何なのよっつうハナシなんですけど、な
んとなくニュアンスで察知して下さいとだけ言っておきます。 フフフ。

徳市らが出入りしている温泉宿・鯨屋の女中役として、さりげなく黒川芽以が出
演してるんですけど、あまりに落ち着き払った雰囲気ゆえ、しばらくは黒川芽以
だと気づかなかったほどでした。 彼女も演じる役によって、ガラッと雰囲気の変
わる女優ですが、個人的には『問題のない私たち』で見せた様な、サドっ気全開
の女子高生みたいな役柄が、彼女に一番マッチしていると思います。 そんなサ
ドモード全開の黒川芽以が、加瀬亮をいじめにいじめ抜くみたいな映画がもし
仮にあったとしたら、もう絶対に大ヒット間違いナシだと思うんだけどなあ。 黒川
芽以
の執拗ないじめ攻勢に、苦悶とも恍惚ともつかぬ表情を浮かべる加瀬亮
その瞬間、画面全体から溢れ出す“加瀬亮らしさ”に、日本全国のいじわるなお
姉様方も大喜び!  …だから“加瀬亮らしさ”って何なんだよっていうね。 


続きを読む

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2010/04/09(金) 17:34:22|
  2. 映画レビュー
  3. | トラックバック:9
  4. | コメント:0

相葉弘樹

相葉弘樹
相葉弘樹って言ったらテニスの王子様

・漫画サイトもやっております。→ bannermono.gif

続きを読む

テーマ:気になる芸能人 - ジャンル:アイドル・芸能

  1. 2010/04/08(木) 16:42:54|
  2. 似顔絵(男性)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

竹内力 / 難波金融伝 ミナミの帝王 劇場版2 ~銀次郎vs整理屋~

RIKI
ワケもなく怒り心頭


《あらすじ》
漫才師・花田トオルへの取り立てに、寄席にまで出没した竜也(大森嘉之)。 オチも
つけぬまま舞台を飛び出し逃げ回るマサル。このしょうもない不良債権者が偶然出
会ったのが密かにミナミに舞い戻って来た竜一(柳沢慎吾)だった。 二人をめぐって、
次第に“整理屋”と呼ばれる経済ヤクザ・源内大三郎(渡辺哲)との争いに巻き込ま
れる銀次郎(竹内力)。 『どないなことをしても貸した銭は返さすというのがワシのや
り方じゃい!』と、ついに銀次郎対整理屋の熾烈な頭脳戦が始まる。 整理屋・源内
大三郎役を演じる渡辺哲氏の顔面力を存分に堪能できる、シリーズ第7作目。


《用語解説集》

・お金儲けして、チンチン切って、
顔も整形しようかなぁなんて思ってるんよ

〔解説〕 オカマのショーダンサー・梅子(梅垣義明)が描く、モノクロの未来予想図。 


・きたないゼニでもゼニはゼニや
〔解説〕 要するに“ゼニ主体(チュチェ)思想”って事ですね。


・代紋も背負うとらんカスにミナミの街で
偉そうな顔されたら、ムカつきまんねん

〔解説〕 パーカー+ジャケットという、およそ暴力団らしからぬ装いに身を包んだ 
暴力団組長・沢木(ゆうき哲也)の一言。 インチキ中国人になりすまし、渡辺哲
から二億円の手形を騙し取る等、今作では沢木の親分が大活躍。


・萬田の借金…どうオチつけてくれんねん?
〔解説〕 キリトリ(取立て)の相手が漫才師である事を考慮した上での銀次郎の
一言。  つくづくアドリブの上手な男である。


・夜逃げは夜してもらわな、
捕まえる方もテンション上がりまへんがな

〔解説〕 白昼堂々と夜逃げを決行する町工場のオッサンと、それを阻止する高利
貸し。  悲哀とマヌケは時に良く似ている事を雄弁に物語る一幕である。 


続きを読む

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2010/04/06(火) 03:31:54|
  2. ミナミの帝王
  3. | トラックバック:2
  4. | コメント:0

役所広司 小池栄子 妻夫木聡 / パコと魔法の絵本

舐め猫
ワケもなくペロペロ


毎度です。ギャグ漫画ゲリラ・中川ホメオパシーの竹井みどり担当、ブロッケンです。

中島哲也監督の映画『パコと魔法の絵本』を観ました。


そう遠くはない昔、変わり者の患者だらけの病院に、人々から忘れ去られたがっている
偏屈ジジイ・大貫(役所広司)と、一日で何もかも忘れてしまう女のコ・パコ(アヤカ・ウィ
ルソン
)が入院していた。 最初はパコを疎ましく思っていた大貫であったが、彼女が大
切にしている絵本“ガマ王子対ザリガニ魔人”を読み聞かせてあげている内に、少しず
つ大貫の心に変化が見られるようになって来て…というあらすじ。

下妻物語』、『嫌われ松子の一生』の中島哲也監督が贈る、感動の極彩色ファンタ
ジー。 いや、文句ナシに面白かったです。 一見して中島監督の作品と見て取れる
驚愕の映像美は今作においても健在どころか、より一層パワー・アップしており、最
ティム・バートン辺りと比較しても全く引けを取らないレベルに達しているんじゃな
いかな、と。 特に、実写もアニメもCGも全部ごちゃまぜになった様な、クライマック
スの演劇のシーンは圧巻。まさしく唯一無二、至高の映像体験だと思います。 

物語を彩る豪華キャスト陣も、映像に負けず劣らずアッパーかつハイテンションな演
技で応えております。主演の役所広司をはじめ、ほとんどのキャストが原型をとどめ
ぬ位に仮装(?)している中、唯一土屋アンナだけは、素のまんまで『パコと魔法の絵
』の世界に違和感なく馴染んでいたのはさすがでしたね。 妻夫木聡演じる元天才
子役の薬物中毒患者・室町のインパクトも強烈でした。 あんなイッちゃってる妻夫木
君の表情(かお)、初めて観たかも。

他にもオカマに扮した國村準や、小池栄子の恐(狂)妻っぷりなど、見所多数。 つう
か“狂気”を演じさせたら、間違いなく今、小池栄子の右に出る女優はいないと思いま
す。 もうね、本当に上手い。『接吻』の時の様な内に秘めたる狂気から、今作におけ
るコミカルな壊れっぷりまで、あらゆるシーンに対応できるそのレンジの広さに感動す
ら覚えます。 巨乳タレントとして売り出していた頃の彼女には、これといって将来性を
感じなかったのですが(失礼)、現在の小池栄子は断固支持でございます。

ド派手な映像&演技とは対照的に、物語の構造自体は極めてシンプル。 それどころ
か、老人と少女のふれあいを通じて生きる事の素晴らしさを描く的な、一歩間違えれば
どこまでも陳腐な内容になりかねないようなテーマなんですよね、実は。 でも、描き方
に微塵も湿っぽさが無いのと、前述した通り、徹頭徹尾ポップかつハイテンションな作
品のテイストのおかげで、途中で白ける事なく、最後まで楽しむ事ができました。

また、ガンダムエヴァンゲリヲン銀河鉄道999、果てはビート・クルセイダー
まで、作品のそこかしこにサブカル的アイテムが散りばめられているのも本作の大
きな魅力。 そう言われてみれば、役所広司の持っていた純金のライターもどことなく
往年の超合金ロボ『ゴールドライタン』っぽいカタチに見えなくもない様な…。 そうそ
う、こないだヴィレッジ・ヴァンガードに復刻版のゴールドライタンが置いてあって、超
テンション上がりました。カッコ良かったなあ。 やっぱ、男は黙って18金(メッキ)だぜ。


  続きを読む

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2010/04/04(日) 16:43:03|
  2. 映画レビュー
  3. | トラックバック:26
  4. | コメント:0

相島一之

相島一之

相島一之って言ったら12人の優しい日本人

・漫画サイトもやっております。→ bannermono.gif

続きを読む

テーマ:気になる芸能人 - ジャンル:アイドル・芸能

  1. 2010/04/03(土) 20:32:12|
  2. 似顔絵(男性)
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

あいざわ元気

あいざわ元気
あいざわ元気って言ったら催眠療法

・漫画サイトもやっております。→ bannermono.gif

続きを読む

テーマ:気になる芸能人 - ジャンル:アイドル・芸能

  1. 2010/04/03(土) 19:48:06|
  2. 似顔絵(男性)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

竹内力 / 難波金融伝 ミナミの帝王 劇場版1 ~銭の一・二~

RIKI(弟)
ワケもなくRIKI(弟)


《あらすじ》
【銭の一・トイチの結婚】
ノンバンクの営業マン小金井は同僚の八重子に惚れているが、彼女は既に婚約者(太平
サブロー
)のいる身。 実業家でしかもハンサムなその彼は、小金井とは月とスッポン。 彼
の事業の為ならと、銀次郎(竹内力)から金を借りる八重子だったが…。

【 銭の二・一千万円の女】
クラブの女・美代子に執心の谷本は「一千万なら寝てあげる」と言われ、酔った勢いで証
書まで書いてしまった。 だが思いを遂げた翌日、つくづく後悔した谷本は、銀次郎のもと
へ泣きついてきた…。

記念すべき最初の劇場公開作、にもかかわらず二話同時収録のオムニバス形式という
事以外に何一つ進化も変化も見られない辺りが逆に頼もしい。 シリーズ第6作目。   


《用語解説集》

・オカマの腎臓はエイズ問題に発展するから売れんのじゃ
〔解説〕 いきなりK点越えの問題発言。フレディ・マーキュリーの存在が“ゲイ=HIV”
という銀次郎の偏見を裏打ちしているであろう事は想像に難くない。


・苦労話に涙流しても ゼニの貸し借りは水に流せへんねや
〔解説〕 実に小粋なヤミ金掛詞(かけことば)。  はよ座布団一枚よこさんかい。


・三十過ぎたオカマがやで、若い男に抱いてもらおう思たら、
お金の力借りるしか仕方ないやん!

〔解説〕 オカマのショーダンサー・梅子(梅垣義明)の、切実すぎる心の叫び。 “抱いて
もらう”という言葉の奥に潜む底無しのペーソスにミナミの街も濡れる。 ちなみに、梅子
のカラオケの十八番は『さそり座の女』。 当たり前の様に“女”を“オカマ”に替えて熱唱。 


・たかが二百万、会社の金庫から
くすねて来る位の誠意見せてみい

〔解説〕 思わず菅原文太氏の名言『誠意って、何かね?』がフラッシュ・バック。


・ミナミの街はタヌキとキツネの化かし合いや
〔解説〕 タヌキさんも、キツネもさんも、どっちも負けるな!とだけ言っておく。


・ワシの目にはゼニしか見えんのや
〔解説〕 限りなく失明に近い状態やおまへんか。


続きを読む

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2010/04/03(土) 16:16:53|
  2. ミナミの帝王
  3. | トラックバック:2
  4. | コメント:0

麻生久美子 加藤晴彦 小雪 / 回路

やわらかおじさん
ワケもなく変形


どうも。 ギャグ漫画ゲリラ・中川ホメオパシーのゆらゆら帝国担当、ブロッケンです。

黒沢清脚本・監督の映画『回路』を観ました。

園芸店で働くミチ(麻生久美子)の同僚が、原因不明の自殺を遂げる。 その事件を
境に、彼女の周囲の人間が一人、また一人と姿を消していく。 同じ頃、大学生の川
島(加藤晴彦)が自宅でインターネットを始める為にPCのセットアップを行っている
と、突如モニターに“幽霊に会いたいですか”というメッセージと共に、黒い袋をかぶ
った不気味な男の映像が映し出される。 ネットを媒介して加速度的に広がっていく
恐怖。 世界では今、何が起ころうとしているのか?…というあらすじ。

日本ホラー映画界の最重要人物・黒沢清監督の2001年の作品。 全編を通じてな
んともいえない閉塞感に満ちた、イヤ~な作品でございます。 “PCのモニターに映し
出される、黒い袋をかぶった男の素顔を見てはいけない”、“街中のいたる所に点在
する『あかずの間』に入ってはいけない”というのが本作におけるタブーであり、その
タブーを破った人間は最終的に自ら命を絶つか、もしくは黒いシミとなって消えてしま
うという“ルール”に則って物語は進んで行きます。

あかずの間のドアの隙間は赤いテープで塞がれており、中には“幽霊”が待ち受け
ているのですが、これは“ドアの隙間を赤いテープで塞いで密室を作ると、数日後
に部屋の中に幽霊が現れるようになる”という都市伝説をベースに考えられた設定
なんだとか。 麻生久美子の同僚(松尾政寿)が、うっかりあかずの間に入ってしま
い、その中で女の幽霊に遭遇する場面が、すこぶるイヤ~な感じなんですよ。 想
像を絶する恐怖ってワケじゃないんですけど、折にふれて何度もフラッシュ・バック
しそうな、ジワジワ来るタイプの恐怖というか。

しかも、いったんあかずの間に侵入した人間には、何処からか“あかずの間の作り
方”というファックスが送られて来て、その人間もまた新たなあかずの間を作り上げ
てから死に至るという、負の連鎖のオマケ(?)付き。 誰がそのようなファックスを送
りつけて来るのか、どうしてあかずの間の中には幽霊が居るのか、何故幽霊に遭
遇すると死んでしまうのか、黒い袋をかぶった男とは一体何者なのか…? これら
の謎に対する明確な答えが見つからぬまま、徐々に人々が街から消えてゆく様子
を、なす術もなく見守る事しか出来ない無力感と閉塞感が恐怖とごちゃまぜになっ
て、観ている内にマジで憂鬱になって来ます。 精神状態が不安定な方や、生の実
感が希薄な方がこの映画を観るのは冗談抜きでちょっと危険かも。 それぐらい強
烈に“死”について意識させられる内容です。

物語中盤で、『死者の世界にも容量の限度があって、行き場を失った死者達が新
たな居場所を求め、こちら側(人間)の世界にやって来たのが“幽霊”の正体なので
はないか』という仮説が、武田真治の口から語られます。 という事は、あかずの間
というのは、こちら側の世界における死者の居場所…という事になるのでしょうか。
やがて死者は、おぼろげな存在である事を止め、ネット回線を通じて活動の領域を
全世界へと広げていったという辺りまでは何となく理解できたのですが、それと引き
換えに世界から人間の姿が消えていった理由に関しては、とうとう最後まで分から
ずじまいでした。 分からないからこそ余計に怖いんですけどね。

そういえば、『』という作品も、最終的に世界から人間が姿を消すといった結末だ
った様に記憶しておりますが、黒沢清監督は“人類が消えて失くなる”という終末の
イメージに、よほど強いこだわりがあるのでしょうか。

それから、給水塔の上から女性が飛び降りるシーンも強烈なインパクトがありまし
たね。 幽霊の正体も、人々が消えゆく理由も、何もかもが曖昧で不可解なヴェー
ルに包まれているクセに、この自殺のシーンだけは飛び降りてから地面に叩きつ
けられるまでの一部始終が鮮明に描かれてるんだもん。 この先、“飛び降り自殺”
って単語を耳にする度に、このシーンを思い浮かべる事になるんだろうなぁ…。

続きを読む

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2010/04/02(金) 17:46:59|
  2. 映画レビュー
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。