中川ホメオパシー 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

沢尻エリカ 竹内結子 伊勢谷友介 / クローズド・ノート

あすかあきお
ワケもなくあすかあきお

どうも。 ギャグ漫画ゲリラ・中川ホメオパシーのあすかあきお担当、ブロッケンです。

雫井脩介原作の映画『クローズド・ノート』を観ました。

小学校の教師になるのが夢の堀井香恵(沢尻エリカ)。彼女の引っ越し先のアパートから、
前の住人が忘れていった日記のノートが見つかる。ノートの主は真野伊吹(竹内結子)、
小学校の教師。 そこに記された苦悩や淡い恋心と自らの状況を重ね合わせ、次第に
香恵は伊吹に対するシンパシーを深めていく…というあらすじ。

…えっと、引っ越し先の部屋に残されていたノートの内容に共感するのはイイとして、その
ノートを学校やバイト先にまで持ってって読むのって、どうなんでしょ? 現実にいたら相当
イタイ人の様な気がするんスけど。 まァあくまでもこれは創作だから、細かい事は言いっこ
ナシなんですけど、ちょっと気になったモンで。

沢尻エリカが思いを寄せる画家・石飛リュウ役を演じるのが伊勢谷友介なんですけど、
何かこのヒトって、こういうアーティスティックな役どころが多いっスよね。確か『ハチクロ
ン時もそうだったし。この“アーティスティック”って言葉、すっごく嫌いなんですけどね、僕。
スカしてんじゃねえよって感じで。 や、だからと言って別に伊勢谷友介の事が嫌いなワケ
じゃあないんですよ。こういうスカした役をブタみたいなフェイスの男が演じたって、ちっとも
説得力が無いですし。 でも、この役を同じくアーティスティックな香り漂うオダギリジョー
なんかが演じてたら、『スカしてんな』という感想を抱かなかったかも。 何なんスかね、これ
って。 ひょっとすると伊勢谷友介からは、モテない男のコンプレックスを逆撫でする、ある種
のオーラ(?)みたいなものが放出されてたりして。フフ。いきなりスピリチュアルな方面に話
が飛躍しましたけど。 何てったってあすかあきお担当ですからね。

竹内結子の“小学校のセンセー”ぶりは、非常にハマッておりました。日本中の教師が
彼女みたいだったら、イジメなんかも激減するんでしょうにねって位イイ先生なんだこれが。
物語終盤、ノートに書かれていた伊吹の想い人の正体と、彼女の現在の消息が明らか
になるのですが、『やっぱりこういう展開かよ!』って感じで、やや興醒め。 というよりも
『こういう展開には転んでほしくなかった』というのが正直な感想です。 この辺のくだりは
今作のキモなので、あまりつまびらかにする事が出来ないのが何とも歯がゆい…。

あと、主題歌がYUIの『LOVE&TRUTH』(地味にスゴいタイトルですよね)なんですけど、
一時期、エリカ様の『別に』事件が巷を賑わせていた頃、必ずといっていい程この曲が
ワンセットでかかっていたので、エンドロールでこの曲が流れて来た時、反射的に『別に
が脳内でフラッシュバックしてしまいました。 思いっきり余談でしたね。
スポンサーサイト

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2009/11/17(火) 18:42:55|
  2. 映画レビュー
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0
<<浅田美代子 | ホーム | 朝倉みず希>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://koumonkoumon.blog59.fc2.com/tb.php/103-764425cd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

クローズド・ノート☆独り言

予告でいっぱいネタバレしているような気がする『クローズド・ノート』観てきましたけど・・・エリカさま 舞台挨拶でやらかしてたんですね^^;;まぁ、主役だけど主役じゃないような気もするヒロインだったしなぁ引っ越した部屋で、前の住人のものだと思われるノートをみ
  1. 2010/01/16(土) 00:38:27 |
  2. 黒猫のうたた寝
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。