中川ホメオパシー 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

西島秀俊 星野真里 / さよならみどりちゃん

北京原人
ワケもなく北京原人

毎度です。 ギャグ漫画ゲリラ・中川ホメオパシーのセトルリン担当、ブロッケンです。

南Q太原作の映画『さよならみどりちゃん』を観ました。


初めてユタカ(西島秀俊)とSEXした夜、ユウコ(星野真里)は溶けて無くなった―しかし
ユタカには既に“みどりちゃん”と云う名の彼女が居て…というあらすじ。

…あの、野暮を承知で言わせてもらいますけど、“溶けて無くなった”っつっても、本当
星野真里の肉やら骨やらがドロリと溶解したワケじゃござんせん。往年の東宝特撮映
画じゃあるまいし。自分の存在が消えて無くなってしまう程、ユタカに夢中…っつう事じ
ゃないスかね。フフ。こういうスカした表現(失礼)って、自分の中からは絶対に涌き上が
って来ないモンですから、正直照れますわな。

ユウコ(星野真里)とユタカ(西島秀俊)の関係は、まァ一言で言えば“セフレ”ってんです
か。イイ響きだなァ、セフレ。文明開化のオイニーがしますよね。でさ、このユタカって
男が、人間的にも性的にもダラシの無い男でして。で、西島秀俊がこういったダラシの無
い、女に薄情そうな役柄を演じるのってどうなんだろう?ミスキャストなんじゃないかし
らんとか思ってたんスけど、果たしてそれは全くの杞憂でした。すっごいハマリ役。つう
か『カナリア』の時も感じたんだけど、西島秀俊って、強烈に“陰”を感じさせる俳優で
すよね。 良く言えば涼しげな、悪く言えば死んだ魚の様な目元のせいでしょうか。

何と言っても今作は星野真里のフルヌード&ガチンコのベッド・シーンが大いに話題を呼
びましたよね。フフ。俺ってば気取っちゃって“ベッド・シーン”だって。 何でもかんで
も横文字変換すんのも粋じゃねえやなって事で、以後“濡れ場”で統一したいと思います、
ハイ。 で、星野真里の“濡れ場”なんスけど、この映画、ちょっと油断してたらすぐ濡
れ場に突入するんスよ。『おいおい、またヤんのかよ!』って、観てるコッチがツッコミ
入れちゃうくらい頻繁にヤるもんだから、ヘンな話、だんだんありがたみが減って来るっ
つうか。…や、低レベルな言い分だってのは重々承知の上なんスけどね。

今作と同様、旬の女優がフルヌードに挑戦して話題を呼んだ作品と言えば『スワロウテイ
』の伊藤 歩、『ジョゼと虎と魚たち』の池脇千鶴、最近だと『蛇にピアス』の吉高由里子
が記憶に新しいトコロですね。『蛇にピアス』は未見なので何とも申し上げる事が出来ま
せんが、『ジョゼ~』の池脇千鶴のヌードは良かったなぁ~。 …何つうかもう、今回の記事
は、マジでしょうもないッスね。 猛省(*´▽`*)

bannermono.gif
スポンサーサイト

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2009/12/15(火) 11:03:18|
  2. 映画レビュー
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0
<<あじゃ | ホーム | 芦名星>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://koumonkoumon.blog59.fc2.com/tb.php/120-c1b0d0fa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

(今日の映画)さよならみどりちゃん

さよならみどりちゃん (2004/日) Sayonara Midori
  1. 2009/12/15(火) 15:10:21 |
  2. Kozmic Blues by TM
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。