中川ホメオパシー 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

松本潤 榮倉奈々 / 僕は妹に恋をする

ジョンレノン
ワケもなくジョン・レノン


どうも。ギャグ漫画ゲリラ・中川ホメオパシーの霊感商法担当、ブロッケンです。

青木琴美原作の映画『僕は妹に恋をする』を観ました。
何でも出来る兄・頼(より)と、何にも出来ない妹・郁(いく)が、許されぬ恋と知りながら、
互いに惹かれあって行く…というタイトルのまんまの近親相姦劇でございます。

マツジュンが思い詰めた表情で榮倉奈々に『俺…もう限界なんだ…』と、にじり寄って
来たり、『俺の事が好きなら、郁からキスして…』と、無茶ぶりしてみたり、誰もいない
理科実験室で息を殺してイチャイチャしたり…と、松本潤大好きっ娘のいたいけな妄想
を片っ端から具現化したような、ファンにはたまらないシーンが目白押し。 ウヒョー。

しかし、♂の視点でこの映画を観た場合、いまひとつグッと来るものがありませんでした。

そもそも榮倉奈々自体に、『妹感』が希薄というか、『こんな妹が兄貴である俺を慕って
くれたら最高じゃん』というトホホな妄想を抱かせる様なキャラじゃないと思うんです。
まぁ、原作が少女漫画ですから、ターゲットの重心がコチラ(男性)側に置かれていない
事は明白ですが…でもなぁ…。 たとえば妹役を吉高由里子が演じていれば、より
いっそう、背徳感っつうか、イケナイ事してる感が増したと思うんスけど。  ウフフ。

…えーとですね、この『僕は妹に恋をする』、率直に言ってとても退屈な映画でした。

セリフとセリフの『間』が、あまりにもゆったり取られていて、しかもその『間』に、微塵も
必然性を感じないので、ただただ冗長な印象だけが残りました。加えて、各登場人物の
セリフのトーンも起伏に乏しいため、観ていると強烈な睡魔に襲われる事必至です。 
この映画の尺はおよそ120分。 ですが、余分な箇所をカットして、もっとテンポ良く編集
すれば、冗談抜きで60分弱の尺にまとめる事が出来たんじゃないかな、と。  

マツジュンが大好き!マツジュンみたいなお兄ちゃんに愛されたい!マツジュンと同じ
2段ベッドで眠りたい!…日頃からそう願っている様な、気合の入ったファン以外の方が
御覧になる場合は、十分に休息をとってから鑑賞される事を 強くお奨めいたします。


出演 : 松本潤 榮倉奈々 平岡祐太 小松彩夏 浅野ゆう子 ほか

◆◆オーラル学園 更新情報◆◆
・アシッドちゃん - 321  ・のらネコミック - 174
  

スポンサーサイト

テーマ: - ジャンル:アイドル・芸能

  1. 2009/06/30(火) 12:51:46|
  2. 映画レビュー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<田中麗奈 加瀬 亮 / 犬と私の10の約束 | ホーム | 遠藤雄弥 安藤サクラ 柄本時生 / 俺たちに明日はないッス>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://koumonkoumon.blog59.fc2.com/tb.php/14-05ea7e90
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。