中川ホメオパシー 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

役所広司 葉月里緒奈 小西真奈美 / 叫

ハローキティ
ワケもなくサンリオ

どうも。 ギャグ漫画ゲリラ・中川ホメオパシーの篠崎愛担当、ブロッケンです。

黒沢清脚本・監督の映画『』を観ました。 

東京湾近郊で赤い服を着た女の死体が発見される。犯行現場に駆けつけた刑事・吉岡
(役所広司)は、そこで何故か“自分のコートのボタン”を発見する。その後も同様の手口
による殺人事件が相次ぎ、その都度身に覚えの無い“自分の痕跡”を見つけ、困惑する
吉岡。 そんな彼の目の前に、突如赤い服を着た女の幽霊(葉月里緒奈)が現れる…と
いうあらすじ。

日本ホラー映画界のクロサワと云えば、取りも直さず黒沢清監督の名前が挙がる程に、
世界的にも評価の高い氏の、2006年の作品。今作のパッケージには、でかでかと“Jホ
ラー史上最恐”のコピーが踊っておりましたが、そこまで声高に喧伝するほど怖くは無か
ったというのが正直な感想です。 単純に怖さだけで比較するなら『呪怨』の方がヤバい
と思う。 

そもそも、葉月里緒奈演じる“赤い服の女”からして、あんまり怨霊っぽくないんですよね。
普通に会話出来るし、触れられるし、律儀にドアから帰るし(これには笑った)、おまけにス
ーパーマンよろしく両腕を前に突き出して空まで飛んじゃうんだもん。 “怖い”っつうよりも
“新しい”とか“オイシイ”って表現の方が適切なんじゃないかな、と。

そんな“赤い服の女”に翻弄される刑事・吉岡を演じるのは、黒沢清作品の常連・役所広司
どうでもいいけど役所広司って、極端に顔がデカイっスよね。恋人(?)役の小西真奈美
顔がまた極端に小さいから、余計にそのデカさが際立つのかも。 そんな役所広司小西
真奈美
の膝まくらの上で頭をなでなでされるシーンが、妙におかしかったと同時に羨ましく
もありました。 俺もコニタンになでなでされたいッス。 

この『』という映画、先述した様にそれほど怖くは無かったんですけど、“面白い”か“面白
くない”かで言えば、断然面白かったです。 謎が謎を呼ぶストーリー展開と実力派キャスト
陣の好演により、最後まで緊張感が途切れる事なく作品の世界に没入する事が出来ました。

しかし!幾重にもはり巡らした伏線の数々が、ほとんど回収されないままスタッフロールに
突入した時は、思わず『ギャフン!』って叫びそうになりましたね。 なんでもこの映画、セル
DVD版の特典として“アナザー・エンディング”なるものが用意されてるそうじゃないスか。
何だよソレ。その“アナザー・エンディング”を観る事によって、初めて全ての謎が解き明かさ
れるとかってハナシなの? だとしたらすごく哀しい。 そんなら最初っからそっちを本編の結
末に据えればイイじゃんって思うし、 逆に“アナザー・エンディング”を観ても何一つ謎が解
明されないのだとしたら、それは単なる蛇足って事でしょ?つまり、どっちに転がっても残念
な結果しか待ってないと思うんですよね。  こんな後出しジャンケンみたいなお茶の濁し方、
して欲しくなかったなあ。  勿体無いなあ。


キャスト

吉岡登:役所広司

仁村春江:小西真奈美

赤い服の女:葉月里緒奈

宮地徹:伊原剛志

精神科医・高木:オダギリジョー

作業船の船員:加瀬亮

刑事・桜井:平山広行

矢部美由紀:奥貫薫

小野田誠二:野村宏伸

佐久間昇一:中村育二

検死官・古屋:村木仁

刑事:井上肇

看護婦:三宅尚子、長宗我部陽子

佐久間勇介:佐藤貴広

資料係:渡辺憲吉

柴田礼子の母:水木薫

柴田礼子:秋吉砂喜子

市川信也:田中良

若い医者:鈴木直

交通課の巡査:坂本一敏

オノダ貿易従業員:渡邉紘平

赤い服の女の母:石井育代

乳児:星樹希

刑事:浜近高徳、藤岡大樹、井上浩

警官:松本良、三田直弥、植木信博、西川義郎

鑑識:古屋治男、藤岡太郎、安田昌平

叫びの声:牧野芳奈
スポンサーサイト

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2010/02/04(木) 17:24:02|
  2. 映画レビュー
  3. | トラックバック:7
  4. | コメント:0
<<あだち理絵子 | ホーム | 特攻の拓 今日の武丸 その11>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://koumonkoumon.blog59.fc2.com/tb.php/167-a658fa3c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

映画「叫」

「叫」(黒沢清監督)に叫びは必要ない。叫ばなくても、叫びたくなる。これは過去からのテロリズムなのか。
  1. 2010/02/04(木) 18:46:41 |
  2. 佐藤秀の徒然幻視録

叫/役所広司、小西真奈美

主演の役所広司さんばかりが前面に出ていますが、実はオダジョーと加瀬亮くんも出演している作品なんですよね。ちょっと贅沢じゃない? で、前評判でなかなかいいらしいという噂も小耳に挟んだもので、ちょっと期待して観に行っちゃいましたが、なるほどぉ、コレはちょっ...
  1. 2010/02/04(木) 21:10:01 |
  2. カノンな日々

84「叫(さけび)」(日本)

全部なしにしようと思った  湾岸地帯の埋立地の空き地で一人の女性の死体が発見される。被害者は海水による溺死であった。刑事・吉岡は同僚宮地と共に捜査を開始するが、被害者の周辺には仄かに自分の痕跡が残っていた。「果たして自分が犯人なのか・・?」思い悩み始め...
  1. 2010/02/04(木) 23:31:51 |
  2. CINECHANの映画感想

【2007/02/24公開】製作国:日本監督:黒沢清出演:役所広司、小西真奈美、葉月里緒菜、伊原剛志、オダギリジョー連続殺人事件の捜査に当たる刑事・吉岡。犯人を追っているはずの吉岡は、しかしそこに自分の影を見て揺れ始める。被害者の周辺に残る自分の痕跡、さらには自...
  1. 2010/02/05(金) 11:10:31 |
  2. 映画鑑賞★日記・・・

えー本作の監督であらせられる黒沢清という人は、昨今のJホラー(既に恥ずかしいなこの言葉)バブルの中でもヒトキワ異彩を放っている人物でして、画面全体から漂ってくるタダゴトでない陰鬱感は他の追随を許しません。 リングや呪怨の監督と比べるといまひとつマイナー?...
  1. 2010/02/06(土) 00:04:30 |
  2. TRIVIAL JUNK Blog

「叫」:明治学院前バス停付近の会話

{/hiyo_en2/}宵闇の大学っていうのも妙に不気味な感じね。 {/kaeru_en4/}誰かに襲われそうになったら、叫びをあげるんだぞ。 {/hiyo_en2/}黒沢清の映画「叫」に出てくる女性みたいに? {/kaeru_en4/}ああ、それにしても黒沢清は健在だったな。 {/hiyo_en2/}あなたが観るか...
  1. 2010/02/06(土) 18:57:16 |
  2. 【映画がはねたら、都バスに乗って】

叫(映画館)

連続殺人事件発生、容疑者は刑事。「俺、何やった・・・?」
  1. 2010/02/11(木) 20:35:45 |
  2. ひるめし。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。