中川ホメオパシー 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

小池徹平 藤澤恵麻 / ラブ★コン

ネコパンチ
ワケもなくネコパンチ


毎度です。 ギャグ漫画ゲリラ・中川ホメオパシーのおとぎ話担当、ブロッケンです。

中原アヤ原作、小池徹平藤澤恵麻主演の映画『ラブ★コン』を観ました。 どうでも
いいスけど、最近は『ラブ★コン』だの『らき☆すた』だの『けいおん』だの『よつばと
だの『オトメン』だのって、平仮名 or カタ仮名×四文字のタイトル作が多いですよねぇ。 

背が大きいのに“小”泉リサ(藤澤恵麻)と背が小さいのに“大”谷敦士(小池徹平)。身長
差およそ15センチの二人が織り成す、胸キュン☆ラブコメディといった趣の本作。

レンタル屋で本作のパッケージを手に取った際、裏ジャケにでかでかと“キュン死(じに)
必至!”的なコピーが踊っておりましてね。 こらもう相手にとって不足無しって事で、
舌なめずりしながら『ラブ★コン』の世界に臨んだ次第です。さあ! 悔しけりゃ(?)俺を
キュン死(じに)させてみろい!

…で、感想。 さすがにキュン死こそしませんでしたけど、存外に楽しめたってのが素直
な感想です。小池徹平藤澤恵麻の、関西弁によるボケ&ツッコミも実に軽妙で、“仲が
良すぎるが故に、友達から恋人の一線を越えられない”といった、何とも歯がゆい空気
感が上手く表現されていたと思います。 クラスメイト役に、まだブレイク前の水嶋ヒロ
贅沢にチョイ役使いされているのも何気にポイント。 水嶋ヒロ、無駄に鼻血ばっか出して
ましたけど。

フレッシュなキャストとカラフルな衣装&セットにより、今作から受ける印象は、弾けそうな
位にポップ&キャッチー。 しかし!そんなポップネスの陰に隠れて寺島進兄ィや、田中
要次
森下能幸、そして温水洋一等、なんとも濃厚な面々が脇を固めているのも今作の
ポイントかと。特に田中要次のインパクトは強烈。 修学旅行先で小池徹平藤澤恵麻
乗る人力車の漕ぎ手役なんスけど、何故か服装がバッキバキのハードゲイ仕様。その上
うっすらとメイクまでしてるし。確かこの人、『アイデン&ティティ』の時も、本筋と全然関係
無いトコロでミック・ジャガーのコスプレを大胆披露してましたよねぇ。 脇に追いやられて
もなお光り輝く、この土俵際の粘り強さが眩しいです。 LOVE! 田中要次

“マイティー”こと舞竹国海先生(谷原章介)の、常軌を逸した爽やかさ&エレガントさも、変
質者スレスレってカンジで素敵☆  こういった、イイ感じにメンド臭ェキャラって大好きなん
ですよね、僕。完全に岡村靖幸とか及川光博のライン上っていうか。現代(いま)って、夢を
描きづらい時代じゃないスか。 だから、谷原章介みたいな、頼んでもねえのにドバドバと
過剰に夢を振りまいてくれる存在って、すごく貴重だと思うんですよね。 こういうマネって、
相当な知性とサービス精神が無いと出来ないと思うし。

ジュディマリリンドバーグプリプリジッタリンジンなど、ガールズロックバンドの名曲
群がふんだんに使用されているのも本作の特徴ですが、そのベタさ加減が、逆にガーリー
な雰囲気を盛り上げるのに一役買っていたと思います。でも、一点だけ言わせてもらうなら、
ここまでガールズ・バンドで固めてるんなら、いっその事エンディングの曲もその路線を踏襲
して欲しかった。何故にmisonoなんだっていうね。 ここでチャットモンチーとか持って来る
のが“正解”だと思うんだけどなァ。


キャスト

小泉リサ : 藤澤恵麻

大谷敦士 : 小池徹平

石原信子 : 玉置成実

中尾平吉 : 山崎雄介

田中千春 : 工藤里紗

鈴木涼二 : 水嶋ヒロ

舞竹国海 : 谷原章介

海坊主 : 寺島進

小泉理恵 : しずちゃん(南海キャンディーズ)

理恵のカレシ : 山ちゃん(南海キャンディーズ)

リサの先輩 : 忍成修吾

エリ : 近野成美

大谷の先輩 : 西秋愛菜

店員 : 森下能幸

人力車・アニキ : 田中要次

長身のオタク(長髪) : 尾関高文(THE GEESE)

長身のオタク(短髪) : 脇坂光彦

サラリーマン風の男 : 村上大樹

マリリン : 林田麻里

金魚すくい屋 : 三波伸一

平吉の執事 : 斉藤弘勝

シンイチの彼女 : 野口聖古

オール阪神・巨人 : オール阪神・巨人

ダンシングよしこ : ウエンツ瑛士(ドゲザ出演)※1カットのみの特別出演

案内人 : 畑正憲(特別出演)

臼井圭一 : 温水洋一

ほか
スポンサーサイト

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2010/02/15(月) 19:00:07|
  2. 映画レビュー
  3. | トラックバック:5
  4. | コメント:0
<<阿部百合子 | ホーム | 特攻の拓 阪田正道だバカヤロウ その1>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://koumonkoumon.blog59.fc2.com/tb.php/187-c5922ff9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ラブ☆コン/藤澤恵麻、小池徹平、谷原章介

知りませんでした連休初日が学校の夏休み初日でもあったなんて。二大お子ちゃま映画の初日も重なって超大混雑ゥ、猛暑の追い打ちもあって、モォ大変、大変。もちろん劇場内は冷房完備で快適なんですけど、小中高生のお客さんたちは夏休みで嬉しいのか一様にみんなテンショ...
  1. 2010/02/16(火) 22:04:14 |
  2. カノンな日々

「ラブ★コン」フォークの身長差を乗り越えた最高の相性

「ラブ★コン」は身長159cmの男と170cmの女の凸凹コンビが身長コンプレックスを持ちながらも次第に意識し出していくコメディーラブストーリーである。身長の低い男が身長の高い女を好きになる事の勇気に悩むさまはこの映画最大の見所となっている。
  1. 2010/02/16(火) 22:32:58 |
  2. オールマイティにコメンテート

心の壁を取り払う事。『ラブ★コン』

身長にコンプレックスを持つ、男女の高校生の姿を描いたラブ・コメディです。
  1. 2010/02/16(火) 23:45:21 |
  2. 水曜日のシネマ日記

「ラブ★コン」見てきました。

 ラブ★コンを見てきました。30代の男が一人で女性に混じって見るのは結構恥ずかしかったぞ~。
  1. 2010/02/17(水) 00:46:27 |
  2. よしなしごと

ラブ★コン

さて、ここ青森は映画事情があまりよろしくなく、映画館まで遠いので、映画4本まとめ観(カーズ、トリック劇場版2、
  1. 2010/02/17(水) 05:52:14 |
  2. 欧風
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。