中川ホメオパシー 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

堤真一 堺雅人 / クライマーズ・ハイ

無免
ワケもなくトラック野郎


毎度です。 ギャグ漫画ゲリラ・中川ホメオパシーのキヌガワマサト担当、ブロッケンです。

横山秀夫原作の映画『クライマーズ・ハイ』を観ました。

1985年8月12日、群馬県山中に乗客524名を乗せた日航ジャンボ機が墜落した。 未曾有
の大惨事の報せを受けた『北関東新聞社』は、地元紙の意地とプライドをかけてスクープ記
事を“抜き”にかかる。 そして、今件の全権デスクに任命された悠木和雄(堤真一)は、次々
と難しい選択を迫られる事になる…というあらすじ。

いやぁ、面白かった。“久々に手に汗握る”作品を観たって感じです。 つうか、登場人物の誰
もかれもが異様に殺気立ってて、常に半狂乱みたいになってましたけどね。 主人公であり、
日航機全権デスクの悠木(堤真一)の趣味が登山なのですが、スクープという名の“山頂”を
目指す中で、コーフン状態が極限にまで達し、スタッフ全員で上述した様な狂乱状態に突入
していくさまは、まさに“クライマーズ・ハイ”。作品の本質を的確に射抜いた、実に見事なタ
イトルだと思います。

墜落現場に赴き、現場の雑感を取りまとめようと泥だらけになりながら地獄の様な山中を這
いずり回る記者・佐山(堺雅人)の熱演も見どころのひとつ。 山のふもと近くの民家に電話を
借りて、口頭で雑感を堤真一に伝える一幕などは、ケータイもインターネットも無いこの時代
ならではのエピソードと言えましょう。 結局、この雑感は上からの圧力により一面トップを飾
る事なく終わるのですが、それを知った時の堺雅人の恨みがましそうな顔が最高に胸キュン。
そんな捨て犬みたいな眼差しで見つめないでっ(*´▽`*)

また、事態の深刻性を考慮して紙面から広告記事を割愛すれば広報課と喧嘩になり、〆切
りが押せば販売課と喧嘩になるといった具合に、新聞を作るという事がいかにストレスフルな
作業かって事も痛感させられました。今作を観たら、かなりの確率で“こんだけ必死こいて作
ってるんだから、もっと真剣に新聞を読んでやらんとなぁ”って気分になる事と思います。 
…でも、締め切りを遅らせる苦肉の手段として輪転機のカギをこっそり盗み出し、皆川猿時
率いる販売課と編集部が押しあいへし合いする場面なんかは、観てて思わず笑っちゃいまし
たけど。  何故か“ケンカ祭り”っつう単語がアタマをよぎったりして。

堺雅人らの執念の取材により、日航機墜落の原因は“圧力隔壁の破壊が有力”という所ま
で突きとめるに至り、とうとう世紀の大スクープに王手をかける堤真一。しかし、100%の確証
を得られないとして、彼が下した決断は、実に誠実なものでした。 ジャーナリストが血眼になっ
て追い求めなければならないもの…それは“スクープ”ではなく“真実”であるという、当たり前
の、しかし忘れ去られがちなメッセージがひしひしと胸に迫ります。 

最後に一点。社会部長の等々力役に、エンケンこと遠藤憲一が出演しておりますが、やはり
このお方の顔面力はハンパ無いッスね。最近じゃ善玉役としてキャスティングされる事も多く
なってきたエンケンさんですが、もの凄い形相で堤真一の顔にグラスの水をひっかける遠藤
憲一
を観ると、“やっぱエンケンはこうでなくっちゃ”という妙な安心感に包まれます。 …いや、
白い春”で演じていた町のパン屋さん役のエンケンも、違和感アリアリで大好きなんスけど。



キャスト

悠木和雅(遊軍・日航機事故担当全権デスク):堤真一

佐山達哉(社会部・県警キャップ):堺雅人

玉置千鶴子(地域報道班)尾野真千子

等々力庸平(社会部長):遠藤憲一

岸円治(政経部デスク):田口トモロヲ

田沢善吉(社会部デスク):堀部圭亮

吉井弁次郎(整理部):マギー

神沢周作(地域報道班):滝藤賢一

伊東康男(販売局長):皆川猿時

亀嶋正雄(整理部長):でんでん

守屋政志(政経部長):矢島健一

黒田美波(元・社長秘書)野波麻帆

安西小百合(安西耿一郎の妻):西田尚美

粕谷隆明(編集局長):中村育二

追村穣(編集局次長):螢雪次朗

安西燐太郎(安西耿一郎の息子・成長後):小澤征悦

安西耿一郎(販売部):高嶋政宏

白河頼三(社長):山崎努

スポンサーサイト

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2010/02/20(土) 12:18:39|
  2. 映画レビュー
  3. | トラックバック:27
  4. | コメント:0
<<特攻の拓 今日の武丸 その14 | ホーム | 特攻の拓 今日の武丸 その13>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://koumonkoumon.blog59.fc2.com/tb.php/195-5429fb2c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

劇場鑑賞「クライマーズ・ハイ」

「クライマーズ・ハイ」を鑑賞してきました日航機墜落事件を追う新聞記者たちの1週間を描いた横山秀夫のベストセラー小説を、原田眞人監督、堤真一主演で映画化。事件を追いかける記者たちの、歴史的大事件への影響と葛藤の日々が綴られる。ストーリーは・・・1985年...
  1. 2010/02/20(土) 13:31:05 |
  2. 日々“是”精進!

クライマーズ・ハイ

命を追った、 あの夏。 製作年度 2008年 上映時間 145分 原作 横山秀夫 『クライマーズ・ハイ』(文藝春秋刊) 脚本 加藤正人 成島出 原田眞人 監督 原田眞人 出演 堤真一/堺雅人/尾野真千子/高嶋政宏/山崎努/遠藤憲一/田口トモロヲ/堀部圭亮/マギー/でんでん/螢雪?...
  1. 2010/02/20(土) 13:42:30 |
  2. to Heart

映画「クライマーズ・ハイ」@GAGA試写室

走り、叫び、書いた。新聞記者たちの激動の一週間!ソニー・ピクチャーズエンタテインメクライマーズ・ハイ デラックス・コレクターズ・エディション 映画の話 1985年8月12日、群馬県御巣鷹山にJAL123便が墜落、死者520人の大惨事が起こった。前橋にある北関東新聞社で...
  1. 2010/02/20(土) 13:53:44 |
  2. masalaの辛口映画館

クライマーズ・ハイ 見てきました。

 代休をとって映画三昧!と思っていたのですが、暑くて出かける気にならなかったので夕方から。。。と言うわけでクライマーズ・ハイを観てきました。
  1. 2010/02/20(土) 14:17:49 |
  2. よしなしごと

クライマーズ・ハイ

8月3日(日) 15:50~ 丸の内TOEI1 料金:1800円(前売り売り切れ) パンフレット:600円 『クライマーズ・ハイ』公式サイト 1985年日本航空機墜落での群馬の地方新聞社での物語。 東映にしては数少ないヒットをあてに出来る社会人組織路線。よってもって監督は、原...
  1. 2010/02/20(土) 14:31:34 |
  2. ダイターンクラッシュ!!

クライマーズ・ハイ

舞台構成の巧さがスクリーンに見入らせる!  
  1. 2010/02/20(土) 15:00:52 |
  2. Akira's VOICE

200「クライマーズ・ハイ」(日本)

日航機墜落、そして彼らは登る  1985年8月12日、群馬県御巣鷹山に日航機が墜落する。死者520名。単独の航空機事故としては世界最大。その一報を耳にした北関東新聞社も、この前代未聞の大惨事事故の報道合戦に身を投じていく。全権デスクを命じられたのは、社...
  1. 2010/02/20(土) 15:21:03 |
  2. CINECHANの映画感想

クライマーズ・ハイ

監督は原田眞人。 原作の著者、横山秀夫本人が、 記者時代に遭遇した 日航機墜落事故取材の体験をもとに、 書き上げた小説の映画化。 かつてない大惨事の、 全権デスクを命じられた悠木和雅、 堤真一が演じています。 NHKのテレビドラマでは、 佐藤浩市が演じてい...
  1. 2010/02/20(土) 15:31:50 |
  2. 花ごよみ

『クライマーズ・ハイ』

世界最大の航空機事故と呼ばれた御巣鷹山の日航機墜落事故を扱うこととなった地方新聞社の記者たちを描いた本作。原作を書かれた横山秀夫先生ご自身も当時の事故を地方記者として取材されたご経験があるそうで、新聞社内の確執や一面に何をもってくるかの駆け引きは面白か...
  1. 2010/02/20(土) 17:17:11 |
  2. めでぃあみっくす

mini review 09348「クライマーズ・ハイ」★★★★★★★★☆☆

1985年、群馬県御巣鷹山で起きた日航機墜落事故をめぐって翻弄(ほんろう)される地元の新聞記者たちの姿を描く社会派ドラマ。実際に記者として日航機墜落の取材をした作家・横山秀夫が自らの体験を反映した同名小説を、映画『金融腐蝕列島 [呪縛]』の原田眞人監督が映像?...
  1. 2010/02/20(土) 17:22:01 |
  2. サーカスな日々

クライマーズ・ハイ/堤真一、堺雅人

NHKでドラマ化されたとき見逃しちゃって、DVDをレンタルしようと思っていたら、映画化されてたいたとはチラシを目にするまで知りませんでした。1985年に実際に起きた航空史上最悪の惨事といえる日航機墜落事故を巡って奔走する地元新聞社の人々の姿を描いた社会派ヒューマ...
  1. 2010/02/20(土) 17:44:23 |
  2. カノンな日々

クライマーズ・ハイ

 『1985年8月12日 御巣鷹山に日航機墜落、死者520名―。 走り、叫び、書いた。 新聞記者たちの激動一週間』  コチラの「クライマーズ・ハイ」は、「半落ち」、「出口のない海」の横山秀夫が当時地元地方新聞社の記者だった自らの体験をモトに、日航ジャンボ機墜落事...
  1. 2010/02/20(土) 17:52:00 |
  2. ☆彡映画鑑賞日記☆彡

香りある人間。『クライマーズ・ハイ』

1985年に群馬県御巣鷹山で起きた日航機墜落事故をめぐる地元新聞記者たちの物語です。
  1. 2010/02/20(土) 18:00:05 |
  2. 水曜日のシネマ日記

映画『クライマーズ・ハイ』

試写会にて鑑賞。登山中に興奮が極限に達して恐怖が薄れる瞬間の精神状態を指す“クライマーズ・ハイ”になぞらえて、1985年に起きた群馬県・御巣鷹山での日航機墜落事故に関わった、新聞記者たちの熱い一週間を描いた横山秀夫原作のストーリー。。
  1. 2010/02/20(土) 19:24:11 |
  2. ルールーのお気に入り

クライマーズ・ハイ

&nbsp;チェック 、 ダブルチェック
  1. 2010/02/20(土) 21:18:04 |
  2. 悠雅的生活

『クライマーズ・ハイ』

&nbsp;□作品オフィシャルサイト 「クライマーズ・ハイ」□監督・脚本 原田眞人□脚本 加藤正人、成島 出□原作 横山秀夫&nbsp; □キャスト 堤 真一、堺 雅人、尾野真千子、山崎 努、遠藤憲一、田口トモロヲ、堀部圭亮、螢雪次朗、西田尚美、でんでん、小澤征悦、高?...
  1. 2010/02/20(土) 22:57:14 |
  2. 京の昼寝~♪

クライマーズ・ハイ [監督:原田眞人]

個人的評価:■■■■□□ 縦横無尽なカメラワークが参考になる。
  1. 2010/02/20(土) 23:20:11 |
  2. 自主映画制作工房Stud!o Yunfat 映評のページ

「クライマーズ・ハイ」史上最大の墜落事故を描いた怒涛の7日間のマスコミストーリー

「クライマーズ・ハイ」は1985年8月12日に墜落した日航123便の事故を追った新聞社のデスクと記者が駆け抜けた7日間を追ったドキュメンタリーストーリーとなっている。23年前の事故は私も良く覚えているし、多くの人が犠牲となった大惨事だったが、ストーリーとしては複数...
  1. 2010/02/21(日) 00:33:18 |
  2. オールマイティにコメンテート

「クライマーズ・ハイ」

「クライマーズ・ハイ」試写会 一ツ橋ホールで鑑賞 御巣鷹山の日航機墜落事故をモチーフに描かれた、地方新聞社の内側を描いた社会派ドラマ。 もっともっと事故に対して深く突っ込んだドキュメンタリータッチの作品かと思ったらばそうではなく、その事件を伝えるこ...
  1. 2010/02/21(日) 00:47:17 |
  2. てんびんthe LIFE

クライマーズ・ハイ

2008/07/05公開(07/05鑑賞)製作国:日本監督:原田眞人出演:堤真一、堺雅人、尾野真千子、高嶋政宏、山崎努、遠藤憲一命を追った、あの夏。
  1. 2010/02/21(日) 22:18:13 |
  2. 映画鑑賞★日記・・・

【映画】クライマーズ・ハイ

■動機 クライマーズ・ハイならば観ないわけにいかない ■感想 原作を捻じ曲げてまで伝えたかったものは何? ■満足度 ★★★★★☆☆ おまけね ■あらすじ 1985年8月12日、乗員乗客524名を乗せた日航機123便が、群馬と長野の県境に墜落、その一報が北関東新聞社...
  1. 2010/02/21(日) 23:27:16 |
  2. 新!やさぐれ日記

クライマーズ・ハイ

あの日は、暑かった・・・。
  1. 2010/02/22(月) 10:50:52 |
  2. 迷宮映画館

クライマーズ・ハイ

1985年、群馬県御巣鷹山で起きた日航機墜落事故をめぐって翻弄される地元の新聞記者たちの姿を描く社会派ドラマ。横山秀夫が自らの体験を反映した同名小説が原作。監督は原田眞人、キャストは堤真一、堺雅人、尾野真千子、高嶋政宏、山崎努他。 <あらすじ> 1985年8月12...
  1. 2010/02/22(月) 18:28:05 |
  2. Yuhiの読書日記+α

クライマーズ・ハイ

極限状況の中、男たちはなにを伝えるのか。混乱する現場で未曾有の大事故を追った新聞記者たちの激動の1週間。決断を迫られた男たちはその時・・・。 物語:1985年8月12日――。終戦記念日を3日後に控え、日本国中が中曽根首相の靖国公式参拝の動向を固唾を飲んで見守る...
  1. 2010/02/22(月) 20:28:03 |
  2. パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ

「クライマーズ・ハイ」

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆ 面白かったです。 私が原作を読んで泣いた箇所はラスト近くのFAXだったのですが、映画には出てきませんでした。そのFAXまでのシークエンスが全部カットされていました。原作はボリューミーなのでカットは当然なのですが、プラスしてるエピソードも...
  1. 2010/02/22(月) 20:49:06 |
  2. NOHOHONブログ

クライマーズ・ハイ

1985年8月12日。群馬県の北関東新聞社に、航行中のジャンボが消息を絶ったという一報が入る。編集部の悠木は社長からこの事件の全権を命じられ、すぐさま部下の佐山を現場に向かわせる。前代未聞の航空事故、上層部からの圧力、他部署との対立、社長の思惑。その先...
  1. 2010/02/24(水) 07:53:52 |
  2. 5125年映画の旅

クライマーズ・ハイ

2008年:日本 原作:横山秀夫 監督:原田眞人 出演:堤真一、堺雅人、尾野真千子、高嶋政宏、山崎努、遠藤憲一、田口トモロヲ、堀部圭亮、小澤征悦 1985年8月12日、群馬県、北関東新聞社。乗員乗客524人を乗せた羽田発大阪行きの日航機123便が群馬と長野の県境に墜?...
  1. 2010/02/27(土) 04:12:15 |
  2. mama
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。