中川ホメオパシー 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

小泉今日子 加瀬亮 上野樹里 / グーグーだって猫である

にゃんこ6
ワケもなく仔猫


どうも。 ギャグ漫画ゲリラ・中川ホメオパシーの小林さり担当、ブロッケンです。

大島弓子原作、犬童一心脚本・監督の映画『グーグーだって猫である』を観ました。

吉祥寺で暮らす少女漫画家・麻子さん(小泉今日子)の飼い猫“サバ”が、ある日
亡くなってしまう。 サバを失った哀しみから、すっかり漫画を描かなくなってしま
った麻子さん。 それからしばらくして、ふらりと立ち寄ったペットショップで麻子
さんは、おなかにうずまき模様のあるアメリカンショートヘアの仔猫“グーグー”と
運命的な出逢いを果たす…というあらすじ。

…猫って、どうしてあんなに可愛いんでしょう?ウチにも一匹オスの雑種がいて、
四六時中遊んでもらってるんですけど、まぁとにかく可愛い。タワレコ風に云うな
れば“NO CAT,NO LIFE”ってトコでしょうか。 で、この“グーグーだって猫である
は、そんな猫の、魔性の愛くるしさを徹底的に追究した作品…ってワケではない
んですね。 今作における主人公は、あくまでも天才漫画家・麻子さんであり、彼
女の生活に不意に訪れる喜びや哀しみを、グーグーが静かに見守るという、いわ
ば“猫がたくさん出てくるヒューマン・ドラマ”であって、“猫の映画”ではない、とい
う事です。 単純に“ネコちゃん可愛い!”を突き詰めた作品が観たいのであれば、
迷わず“仔猫物語”をオススメしときます。 あれはヤバイ。

犬童一心氏は、一貫して“死”を撮り続けて来た監督であり、今作もまたその例外
ではありません。 冒頭、麻子さんの最初の飼い猫・サバが、静かに息を引き取る
シーンから、イキナリ泣かされましたね。 死の直前、サバが窓ごしに夜明けの空を
眺めるシーンと、徹夜仕事に追われる麻子さんとそのアシスタント(上野樹里
三中
)の姿をじっと見つめるシーンのせつなさは、筆舌に尽くし難いものがあります。

天才漫画家・小島麻子を演じるのは小泉今日子。キョンキョンの演技って、達者な
のかどうなのか良く分からないのですが、おっとりとしていて、どこか夢見がちな今
回の役どころには非常にマッチしていると思いました。 喜怒哀楽がなだらかで、淡
々とした印象の麻子さんに対し、上野樹里森三中演じるアシスタントの面々は実
に情感豊かで、コミカルに描かれております。 しかし、そんなコミカルさがやや空
回りしている様に思えたのも事実。劇団の稽古に混じって殺陣(たて)の練習をする
シーンや、上野樹里の彼氏(林直次郎)が、知らない女とホテルから出てきたのを目
撃し、街中追いかけ回すシーンなどは、ハッキシ言って蛇足感が否めないですし、
突如トラックの陰から現れた楳図かずお(!)御大が、意味もなく“グワシ!”をカマす
場面なんかも中途半端にシュールで、今ひとつヌケが悪い印象。  

麻子さんが心惹かれる青年・青自役の加瀬亮は、飄々とした、相変わらずの自然体。
アレですよね、 加瀬亮って、キョンキョンと同世代のアラフォー女性に、熱烈に支持
されてそうですよね。 しかもその支持の仕方ってのが、単純に“好き”ってんじゃなくて
“坊や…かわいがってあげる…”ってな感じに、妙な湿り気を帯びてそう。 ええ、完全
なる邪推ですけど。

今作の特別協賛として、花王の“ニャンとも清潔トイレ”のクレジットが、映画の冒頭
にでかでかと映し出されます。劇中でも何回かニャンとも清潔トイレを使用する場面
が出て来る辺り、いかにも宣伝クサい感じがしますが、最高にトホホ&キャッチーな
その商品名に免じて、特別に見逃してやるとしましょう(´∀`)  ちなみに、犬用のトイレ
は“ワンとも清潔トイレ”なのかしら?  ちょっと気になる昼下がりの午後。



キャスト

小島麻子:小泉今日子

グーグー:小桜エツ子CMのみ

ナオミ:上野樹里

沢村青自:加瀬亮

中央特快・マモル:林直次郎(平川地一丁目)

中央特快・タツヤ:伊阪達也

麻子のアシスタント・加奈子:大島美幸(森三中)

麻子のアシスタント・咲江:村上知子(森三中)

麻子のアシスタント・美智子:黒沢かずこ(森三中)

ポール・ウェインパーグ:マーティ・フリードマン

サバ:大後寿々花

山本泰助:小林亜星

麻子の母:松原智恵子

京子:高部あい

エリカ:柳英里紗

編集長・近藤:田中哲司

編集者・田中:村上大樹

梶原:でんでん

小林:山本浩司

UMEZU氏:楳図かずお

スポンサーサイト

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2010/02/21(日) 14:28:46|
  2. 映画レビュー
  3. | トラックバック:18
  4. | コメント:0
<<網浜直子 | ホーム | 特攻の拓 今日の武丸 その14>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://koumonkoumon.blog59.fc2.com/tb.php/197-6b789246
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【コラム】『マイマイ新子と千年の魔法』という映画を知っていますか?~一ファンからのお願い

 『マイマイ新子と千年の魔法』という映画をご存じでしょうか。  芥川賞作家・高樹のぶ子さんが自身の幼少期をモデルに日本版『赤毛のアン』を目指して書かれた連載小説...
  1. 2010/02/22(月) 05:43:08 |
  2. 未完の映画評

グーグーだって猫である

小さな幸せにあふれている女性まんが家とネコの愛おしい日々! 天才漫画家、麻子さんの家に新しい仲間がやって来ました。愛猫グーグー!一人と一匹の、なんとも愛しく、幸せな日々。毎日がちょっぴり楽しくなる、新鮮な感動をもらちゃう作品です。 物語:人気漫画家の小...
  1. 2010/02/22(月) 20:43:28 |
  2. パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ

グーグーだって猫である

グーグーだって猫である’08:日本 ◆監督・脚本: 犬童一心「眉山 -びざん-」「メゾン・ド・ヒミコ」◆出演:&nbsp;小泉今日子、上野樹里、加瀬亮、大島美幸、村上知子、黒沢かずこ、林直次郎◆STORY◆愛猫サバを亡くした女性漫画家の麻子は、悲しみで漫画を描けなく?...
  1. 2010/02/22(月) 21:25:43 |
  2. C'est joli~ここちいい毎日を~

グーグーだって猫である

吉祥寺在住の漫画家、麻子が締め切りに追われる中、愛猫のサバが静かに息を引き取る。 そのショックで漫画が書けなくなった麻子を、アシスタ...
  1. 2010/02/22(月) 21:25:50 |
  2. 単館系

グーグーだって猫である/小泉今日子

大島弓子さんの自伝的エッセイ漫画を原作に犬童一心監督がキョンキョンを主演に映画化した作品です。犬派な私もこの映画はとても楽しみにしてたんですよね。特に大島弓子さんのファンというわけではないけど記憶にあるのは『綿の国星』と『毎日が夏休み』かな? 出演者...
  1. 2010/02/22(月) 21:30:33 |
  2. カノンな日々

「グーグーだって猫である」

小泉今日子さんと大後寿々花さんが話をするシーンが終盤にある。 とても不思議な感覚…でも、思い出すと、なんだか泣けてしまう。ああ、やさ...
  1. 2010/02/22(月) 22:34:59 |
  2. 或る日の出来事

映画評「グーグーだって猫である」

☆☆☆(6点/10点満点中) 2008年日本映画 監督・犬童一心 ネタバレあり
  1. 2010/02/22(月) 22:37:47 |
  2. プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]

「グーグーだって猫である」愛猫とご主人様の絆を描いたグーグーストーリー

「グーグーだって猫である」は漫画家の主人公が愛猫を亡くして落ち込んでいたところをアメリカンショートヘアーの子猫を飼い始め再び元気を取り戻すが、自身にも思わぬアクシデントが待っているストーリーである。タイトル通り猫が出てくるストーリーなのだが、ご主人様と...
  1. 2010/02/23(火) 00:06:00 |
  2. オールマイティにコメンテート

先週末に観た映画その?「グーグーだって猫である」

観た作品リスト:“グーグーだって猫である” “ファクトリー・ガール” 京都シネマにて           “水の中のつぼみ” 駅ビルフランス映画祭にて &nbsp; 12日(金)~13日(土)に観た3本の映画のレビューを書きます!その?“グーグーだって猫である”で...
  1. 2010/02/23(火) 00:13:01 |
  2. 銅版画制作の日々

「グーグーだって猫である」

                        「グーグーだって猫である」 この映画は、猫好きの人にとってはたまらない一本であると思う。 とにかく、「グーグー」という猫と、死んでしまった「サバ」という猫のシーンが多い。 舞台は吉祥寺。漫画家の麻子(小泉?...
  1. 2010/02/23(火) 08:00:20 |
  2. ひきばっちの映画でどうだ!!

『グーグーだって猫である』

□作品オフィシャルサイト 「グーグーだって猫である」□監督・脚本 犬童一心 □原作 大島弓子「グーグーだって猫である」(角川書店刊) □キャスト 小泉今日子、上野樹里、加瀬亮、林直次郎、伊阪達也、大島美幸、村上知子、黒沢かずこ、高部あい、田中哲司、でんでん...
  1. 2010/02/23(火) 08:50:45 |
  2. 京の昼寝~♪

グーグーだって猫である

&nbsp;天才漫画家、麻子さんとグーグーの日常
  1. 2010/02/23(火) 08:53:53 |
  2. 悠雅的生活

グーグーだって猫である

グーグーだって猫である ニャンダフル・ディスク付き(初回限定特別版) 監督:犬童一心 出演:小泉今日子、上野樹里、加瀬亮、大島美幸、村上...
  1. 2010/02/25(木) 17:22:37 |
  2. ひめの映画おぼえがき

277「グーグーだって猫である」(日本)

わたしがおくれるように   小島麻子は吉祥寺に住む天才漫画家。締め切りに追われる忙しい日々の中、ある日13年と5ヶ月と1日連れ添ってきた愛猫サバが突然息を引き取る。悲しみのあまり、仕事が手につかなくなる麻子。  そんなある日、ペット・ショップでアメリカ...
  1. 2010/02/27(土) 15:28:28 |
  2. CINECHANの映画感想

グーグーだって猫である

映画「グーグーだって猫である」を観に行ってきました!! 長いこと猫と2人で暮らしてるぼくとしては、この映画の公開はずっと楽しみにしてたんですよ。 大島弓子原作の自伝的エッセイを映画化したこんな内容です。 ↓↓↓ 『吉祥寺在住の漫画家、麻子(小泉今日子?...
  1. 2010/02/28(日) 00:12:59 |
  2. Thanksgiving Day

グーグーだって猫である

公開中 犬童一心監督 小泉今日子主演     上野樹里、加瀬亮、大島美幸、     村上知子、黒沢かずこ、大後寿々花 満足度 3.5 色々な条件が重なって珍しく1800円で鑑賞。 正規料金で映画を見るのは久しぶりですが、 なんてったってキョンキョンと樹里っぺ?...
  1. 2010/02/28(日) 18:02:22 |
  2. B-scale fan's log

『グーグーだって猫である』 2008-No75

犬派のワタシが猫を観に行った! 何故?って、 観に行く!って言ってた黒猫派の みやっち がちっとも観に行かなくて、 そのおかげでワ...
  1. 2010/03/10(水) 22:44:49 |
  2. 映画館で観ましょ♪

ä??

????ä?礦
  1. 2010/03/18(木) 11:58:59 |
  2. ä??
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。