中川ホメオパシー 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

木村佳乃 中越典子 谷村美月 / おろち

ベイダー
ワケもなくダース・ベイダー


どうも。 ギャグ漫画ゲリラ・中川ホメオパシーのチキン・ジョージ担当、ブロッケンです。

楳図かずお原作の映画『おろち』を観ました。

何百年も昔から、人々の運命を見つめ続けてきた謎の少女・おろち(谷村美月)。 とある
嵐の夜、大女優・門前葵(木村佳乃)の洋館を訪れたおろちは、仲睦まじい二人の姉妹に
出逢う。 出来の悪い姉の一草と、歌の才能に秀でた妹の理沙(中越典子)、そして、年を
とる事を極度に恐れる母・葵…。 門前家の人間に興味を抱いたおろちは、メイドとして働
きながら、この家の人間の運命を見守って行く事を決意する…というあらすじ。

これ、文句ナシに傑作だと思います。 ホラー映画としてではなく、純粋に一つの映画作品
として抜群に面白かったですね。なんてったってアナタ、怪奇マンガ界のゴッド・ファーザ
ーこと楳図かずお御大の名作コミックが原作ですよ? 中途半端に映画化しようもんなら、
熱狂的な楳図シンパから総スカンを喰らう事間違いナシ。 しかし、そんなプレッシャーを
はねのけ、見事に今作は楳図ワールドの映像化と娯楽作品としての面白さの両立という
離れ業をやってのけたのでした。 グワシッ!

まず特筆すべきは、キャスト陣の鬼気迫る怪演!これなくして本作の成功はなかったで
しょう。 特に門前葵と娘の一草の二役を演じた木村佳乃の弾けっぷりたるや、原作に一
歩も譲ってはおりません。中越典子演じる妹の理沙に対し、執拗なまでの折檻を加える
辺りなんかもう最高ですね。 恐怖と笑いが実は表裏一体であるという楳図ワールドの本
質を、実に良く理解した上での壊れっぷりに、爆笑を越えて感動すら覚えた次第です。
映画『全然大丈夫』の時にチラリとよぎった、“木村佳乃って実は意外と何でもアリの人
なのかも”という予感が、僕の中で揺るぎない確信に変わったのは言うまでもありません。

木村佳乃が“動”ならば、谷村美月演じる“おろち”は、“静”の演技で、じわじわと観る者
を魅了して行きます。“演技”を感じさせない自然な佇まいこそが、女優・谷村美月の大き
な魅力ではありますが、今作ではそんなナチュナルさをかなぐり捨て、楳図ワールドの住
人になりきっております。『こ…これは…』だとか『なんて立派なお屋敷…』みたいな、いか
にも漫画チックなセリフ回しの数々を、変にアレンジせずに、そっくりそのまま映画に持ち
込む事によって、逆に原作の持つ“イイ意味での不自然さ”が、上手く表現されていたん
じゃないかな、と。 

それから“おろち”を演じている最中の谷村美月ちゃんって、実は一度もまばたきしてない
んですよね。 これは、“この世ならざる者”としての印象を強めると同時に、クライマックス
に待ち受ける“トリック”を読み解く上でも、少なからず重要な意味を持つ演出であるので、
これから今作を御覧になる方は、是非とも彼女の目の動きに着目して鑑賞される事をオス
スメいたします。

それにしても、“29歳になると、美貌が崩壊していく”という今作の設定しかり、漫画『14歳
しかり、楳図氏の作品には“時限式”の設定がしばしば見受けられます。 確かに、一気に
押し寄せる恐怖よりも、ジワジワとXデーめがけて忍び寄って来る恐怖の方が、ある種の
深みと情緒がありますもんね。 情緒…イイ言葉だなァ(*´▽`*)



キャスト

門前一草・門前葵:木村佳乃

門前理沙:中越典子

おろち:谷村美月

一草の恋人:山本太郎

執事:嶋田久作
スポンサーサイト

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2010/02/23(火) 12:24:09|
  2. 映画レビュー
  3. | トラックバック:13
  4. | コメント:0
<<特攻の拓 今日の武丸 その15 | ホーム | 安室奈美恵>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://koumonkoumon.blog59.fc2.com/tb.php/200-fee3d2bd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

おろち

楳図かずお原作、鶴田法男監督、木村佳乃、中越典子、谷村美月、山本太郎、嶋田久作。おろち=大蛇だから、「上の部屋」の人が、おろちのはずだが、主要登場女性の中で一番普通そうな谷村美月がおろちというのが素朴すぎる謎なのだ。しかし、普通に可愛い谷村美月はなぜか...
  1. 2010/02/24(水) 19:33:50 |
  2. 佐藤秀の徒然幻視録

映画 「おろち」

映画 「おろち」 を観ました。
  1. 2010/02/25(木) 00:25:24 |
  2. ようこそMr.G

おろち/OROCHI

続々と増えていく楳図かずおコミック原作の映画化{/atten/} いつも期待してないけどやっぱりダメで、、、、。 ここをみてくれてる方なら御存知の通り、楳図マニアなわたしは映画化されると例えダメだとわかってても 気になるので観てしまいますー♪ 今回はファンも多い?...
  1. 2010/02/25(木) 02:01:39 |
  2. 我想一個人映画美的女人blog

[映画『おろち』を観た]

☆原作は連作短篇で、この門前家のエピソードも、もっとシンプルな話だったと思う。 よくもまあ、これだけ観る者を飽きさせない長篇に仕上げたと思う。 かような邦画につきものの「チープ感」はなく、舞台となる門前家の屋敷のセットを一点豪華主義でキッチリと作り上げ...
  1. 2010/02/25(木) 03:37:36 |
  2. 『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭

【映画】おろち

■動機 散々見逃した谷村美月をそろそろ・・・ ■感想 木村佳乃・・・ ■満足度 ★★★★★☆☆ なかなか ■あらすじ 人の世をさまよい、人間の心の闇を見つめてきたおろち(谷村美月)が家政婦として潜り込んだ門前家には、二人の美しい姉妹がいた。当家の女性?...
  1. 2010/02/25(木) 07:47:02 |
  2. 新!やさぐれ日記

おろち [DVD]

公開:2008/09/20製作国:日本上映時間:107分監督:鶴田法男出演:木村佳乃、中越典子、谷村美月、山本太郎、嶋田久作+あらすじ+人の世をさまよい、人間の心の闇を見つめてきたおろち(谷村美月)が家政婦として潜り込んだ門前家には、二人の美しい姉妹がいた。当家の女?...
  1. 2010/02/25(木) 13:34:25 |
  2. 映画鑑賞★日記・・・

おろち

2008年9月21日(日) 18:40~ ユーロスペース1 料金:1200円(会員料金) プログラム:500円(買っていない) 『おろち』公式サイト そもそも、楳図先生の原作は、幽霊とかの恐怖でなく、人間の心理の怖さを描いた作品である。キャーと怖がれる作品じゃないぞ。お?...
  1. 2010/02/25(木) 18:25:32 |
  2. ダイターンクラッシュ!!

「おろち」遺伝子に呪われた一族の自暴自棄の心理を描いた悲劇のストーリー

「おろち」は楳図かずお原作の映画で100年に一度眠りにつきながら生き続けるおろちがある一族の姉妹を見続けることでその姉妹の悲劇の運命を見届けるホラーストーリーである。内容としてはホラー作品となるが予想より怖さはなくDNAに逆らえない姉妹の悲劇的な結末には?...
  1. 2010/02/25(木) 23:39:47 |
  2. オールマイティにコメンテート

「おろち」

楳図かずお作の恐怖漫画『おろち』の映画化。この原作は読んだような気もするし、読んでいないような気もする。いずれにしても新鮮な気持ちで鑑賞することができた。人気絶頂の有名女優・門間葵(木村佳乃)と彼女の娘・一草と理沙は使用人のいる豪邸で暮らしている。葵は...
  1. 2010/02/26(金) 22:38:21 |
  2. 古今東西座

「おろち」華麗なる女たち 楳図かずおワールド

わたしにとっては、初めての‘楳図かずお ‘作品。 ホラーでありながら、ホラーでない。 ホラーでないのに、ある意味ホラー。 なんだか昼ドラ? そんな独特な‘楳図かずお ‘ワールドに、あっという間に魅せられてしまったのだった。
  1. 2010/02/27(土) 02:07:58 |
  2. ノルウェー暮らし・イン・London

251「おろち」(日本)

それは女の執念と嫉妬が生んだ悲劇  100年に一度深い眠りにつき、美しい姿のまま人間界を彷徨い続け、人間の業が引き起こす悲劇を見つめ続ける?おろち?。ある嵐の夜、彼女は門前家という大きな屋敷に潜り込み、そこで幼い姉妹、一草と理沙を目にする。  やがてその...
  1. 2010/02/27(土) 21:58:42 |
  2. CINECHANの映画感想

おろち

美の崩壊は、女の最期。29歳を過ぎると、姉妹は壊れ、狂い始める・・・。 不老不死の少女が見つめる美しき姉妹の執念と憎悪! 物語:100年に一度永い眠りにつくことによって、不老不死の体を保ち、人の世をさまよい続ける美少女・おろち。 昭和25年、雷鳴響く豪雨を....
  1. 2010/02/28(日) 13:58:02 |
  2. パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ

おろち

(2008/日本)【劇場公開】 監督: 鶴田法男 出演:木村佳乃/中越典子/谷村美月/山本太郎/嶋田久作 美の崩壊は、女の最期。 呪われた女たちの運命を見つめ続ける、私はおろち― ホラー漫画の巨匠、楳図かずおの同名怪奇ミステリーを映画化。 29歳を過ぎると、その?...
  1. 2010/02/28(日) 15:51:19 |
  2. 小部屋日記
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。