中川ホメオパシー 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

江口洋介 妻夫木聡 宮崎あおい / 闇の子供たち

寝釈迦
ワケもなく寝釈迦



毎度です。 ギャグ漫画ゲリラ・中川ホメオパシーのハライチ担当、ブロッケンです。

阪本順治監督の映画『闇の子供たち』を観ました。 

タイ在留の日本人記者・南部(江口洋介)が、正義感の強いNGOの恵子(宮崎あおい)
と気の弱いカメラマン・与田(妻夫木聡)らと共に、闇ルートで取り引きされる臓器売買
と幼児売春の恐るべき実態に迫る、戦慄のサスペンス映画。

重い。 これはもう途方もなく重い内容です。 貧困の為身売りに出されたタイの少年
少女達が薄暗い売春宿で先進国の変態どもの性の玩具にされ、挙句の果てに生きな
がら心臓を摘出されるという、目を背けたくなる程凄惨でショッキングなシーンがこれ
でもかと続きます。 しかし、目の背けたくなる様な哀しい現実が存在するからこそ、そ
れを作品にして、問題提起していくのだという、制作者サイドの強い熱と覚悟が伝わっ
て来る内容でした。 

夢と理想に燃えるNGOのボランティアスタッフ役を宮崎あおいが好演しておりますが、
今作における彼女の立ち居振る舞いを見ていると、正義や理想が厳しい現実の前では
如何に無力であるかという事に否応なく気づかされます。 宮崎あおい江口洋介
共に、心臓移植を待つ家族の家に赴いた際、移植手術を受ける子供の父親(佐藤浩市)
が呟いた『できれば(臓器提供を)よその国に頼りたくなかったよ。石油じゃないんだから』
という嘆きに、我が国の心臓移植の現状を垣間見る思いです。

江口洋介が現地で行動を共にするカメラマン・与田(妻夫木聡)の『見たいんだけど、見
られたくない』というセリフも、妙に心に残る一言でしたね。 インターネットを利用する人
間であれば大なり小なり身に覚えのある感慨かと思いますが、ネットの匿名性を傘に
着た底無しの欲望が、時としてアジアの貧しい子供たちを性の玩具に貶めるという事実
に想いを馳せるだけで、何とも言えない暗鬱な気持ちになります。

そして今作の主人公・南部を演じる江口洋介ですが、彼の誠実な、説得力に満ちた演技
は、現実と隣り合わせのドラマと非常に相性が良く、だからこそ医者や刑事の役として多
数の作品に出演しているのだと思います。 しかし、今回はそんな彼の誠実なキャラクタ
ーを最大限に逆手にとった、驚愕の結末が用意されております。 極めて後味の悪い結
末ではありますが、ややもするとワンパターンになりがちな江口洋介の従来像を打ち壊
す事には成功していると思います。

幼児売春や臓器売買がモチーフの作品ではありますが、単なる問題提起や一方的な糾
弾に留まらず、“人間は状況に応じて加害者にも被害者にもなり得る、虚ろな存在である”
という真理を描ききった点にこそ、本作の意義を見出す事が出来るのでないでしょうか。

トータル138分、当然ながらほとんど“笑い”の無い今作。 しかし一ヶ所だけ、豊原功補
スナックでテレサ・テンの『つぐない』をしみじみ歌っているシーンだけは思わずニヤリと
させられました。  シブいぜ、功補(*´▽`*)



キャスト

南部浩行:江口洋介

音羽恵子:宮崎あおい

与田博明:妻夫木聡

梶川克仁:佐藤浩市

梶川みね子:鈴木砂羽

清水哲夫:豊原功補

チット:プラパドン・スワンバーン

ナパポーン:プライマー・ラッチャタ

梶川翼:田畑弦

土方正巳:塩見三省

大山:外波山文明

矢田:三浦誠己

スポンサーサイト

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2010/03/06(土) 19:52:53|
  2. 映画レビュー
  3. | トラックバック:27
  4. | コメント:2
<<竹内力 / 難波金融伝 ミナミの帝王 ~計画倒産~ | ホーム | 長手絢香(アヤカ)>>

コメント

TBありがとうございました。

TB有難うございました。
鑑賞後、しばらく放心状態になりました。
フィクションなのに、ドキュメンタリかなと
感じるほどでした。真実と虚構の境界線が
なくなるほど衝撃度がありました。

今度、訪れた際には、
【評価ポイント】~と
ブログの記事の最後に、☆5つがあり
クリックすることで5段階評価ができます。
もし、見た映画があったらぽちっとお願いします!!
  1. 2010/03/07(日) 21:18:50 |
  2. URL |
  3. シムウナ #rbkUbWW2
  4. [ 編集 ]

>シムウナさん

コメント&TBありがとうございます。

僕も観終わった後、しばし放心状態になりました。 

問題作と言われる作品は数多くありますが、この『闇の子供たち』は、
その中でも群を抜いて衝撃が大きかったですね! 

早速、☆評価、ポチッと押させて頂きました!


それでは、今後ともよろしくお願いいたします!
  1. 2010/03/08(月) 13:32:17 |
  2. URL |
  3. ブロッケン #IPjhD9aw
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://koumonkoumon.blog59.fc2.com/tb.php/207-22db74e2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

『闇の子供たち』 (2008) / 日本

監督・脚本:阪本順治原作:梁石日主題歌:桑田圭祐出演:江口洋介、宮崎あおい、妻夫木聡、佐藤浩市、鈴木砂羽公式サイトはこちら。<Story>日本新聞社バンコク支局で、幼児人身売買を取材する記者、南部(江口洋介)は、日本人の子供がタイで心臓の移植手術を受け...
  1. 2010/03/07(日) 19:43:03 |
  2. NiceOne!!

*闇の子供たち*

{{{   ***STORY***              2008年  日本 日本新聞社バンコク支局で、幼児人身売買を取材する記者、南部は、日本人の子供がタイで心臓の移植手術を受けるという情報を得る。知人に金を握らせ、臓器密売の元仲介者に接触した南部は、?...
  1. 2010/03/07(日) 20:04:13 |
  2. Cartouche

『闇の子供たち』

衝撃作。それ以外にこの映画を評する言葉が見当たらないくらいの衝撃作でした。微笑みの国と言われているタイの笑顔は大半が悲しい作り笑いだったのかと思ってしまうくらいに恐ろしいまでの児童売春や臓器売買、そしてそれに絡む日本人を始めとする外国人たち。これが事実...
  1. 2010/03/07(日) 20:19:21 |
  2. めでぃあみっくす

「闇の子供たち」格差社会における深い闇の世界を映した真実であり現実

「闇の子供たち」(PG-12指定)は東南アジアのタイを舞台にした生きたままの子供を臓器売買で売られていく現実を刻銘に描いた衝撃的な内容である。実際に行われている児童売春並びに臓器売買の現実を知る事になる社会派作品として注目されているだけに見逃せない事実を観る?...
  1. 2010/03/07(日) 20:53:34 |
  2. オールマイティにコメンテート

闇の子供たち

 『値札のついた命』  コチラの「闇の子供たち」は、「月はどっちに出ている」や「血と骨」の原作者梁石日の同名小説を「顔」や「カメレオン」の阪本順治監督が脚本も手掛けた8/2公開の衝撃作なのですが、観て来ちゃいましたぁ~♪阪本監督の舞台挨拶もあったのですが?...
  1. 2010/03/07(日) 20:59:10 |
  2. ☆彡映画鑑賞日記☆彡

No.182 闇の子供たち

ここ最近観た邦画の中でも、問題作いや 衝撃作といったところだろうか・・・
  1. 2010/03/07(日) 21:22:47 |
  2. 気ままな映画生活

闇の子供たち/江口洋介、宮崎あおい

私がよく行く109シネマズ川崎で上映される事もあって余所では全く見かけることのなかった劇場予告編もちょくちょく目にしていたので、この映画にはとても注目していました。タイの社会で実際にに社会問題化している臓器売買、児童虐待及び売買春をテーマにした社会派の作?...
  1. 2010/03/07(日) 21:33:13 |
  2. カノンな日々

闇の子供たち

闇の子供たち’08:日本 ◆監督:阪本順治「カメレオン」「魂萌え!」◆出演: 江口洋介、宮崎あおい、妻夫木聡、佐藤浩市、鈴木砂羽 ◆STORY◆ 日本新聞社バンコク支局で、幼児人身売買を取材する記者、南部は、日本人の子供がタイで心臓の移植手術を受けるという情報...
  1. 2010/03/07(日) 21:40:55 |
  2. C'est joli~ここちいい毎日を~

『闇の子供たち』

□作品オフィシャルサイト 「闇の子供たち」□監督・脚本 阪本順治 □原作 梁石日 □キャスト 江口洋介、宮崎あおい、妻夫木聡、プライマー・ラッチャタ、プラパドン・スワンバン 、佐藤浩市、鈴木砂羽、豊原功補、塩見三省、三浦誠己■鑑賞日 8月10日(日)■劇?...
  1. 2010/03/07(日) 21:53:42 |
  2. 京の昼寝~♪

λ??å

??Τ????λ??Ψ80???夲??Υ?å????
  1. 2010/03/07(日) 21:54:07 |
  2. λ??λ???[?νλ??]й

闇の子供たち

公式サイト。梁石日原作、阪本順治監督、江口洋介、宮崎あおい、妻夫木聡、佐藤浩市、鈴木砂羽、プライマー・ラッチャタ、プラパドン・スワンバン、豊原功補、塩見三省。玄人の新聞記者(江口洋介)が敗れ、素人半のフリー・カメラマン(妻夫木聡)や一途だけそうなボランティ...
  1. 2010/03/07(日) 22:04:05 |
  2. 佐藤秀の徒然幻視録

「闇の子供たち」

以前見た、「ヒューマン・トラフィック」をちょっと思い出しました・・
  1. 2010/03/07(日) 22:04:07 |
  2. 心の栄養♪映画と英語のジョーク

闇の子供たち を観てきました。

 久々に重い映画を・・・。闇の子供たちを観てきました。
  1. 2010/03/07(日) 22:31:18 |
  2. よしなしごと

「闇の子供たち」子供たちの姿に衝撃

タイでは上映禁止になったらしい。全く不当だとは思わない。この映画のままだと、まるでタイの警察が協力しているから、幼児売春がはびこり、ひいては生体臓器売買がはびこっているかのように描いている。事実がどうであれ、政府はそれを赦す度量がなかったのだろう。しか...
  1. 2010/03/07(日) 23:10:22 |
  2. 再出発日記

闇の子供たち・・・・・評価額1650円

熱帯のスラムの淀み湿った空気が、スクリーンを通して客席にも漂ってきそうだ。 幼児の臓器売買、買春というおぞましい現実を描いた梁石日の...
  1. 2010/03/08(月) 00:05:19 |
  2. ノラネコの呑んで観るシネマ

236「闇の子供たち」(日本)

助けたい命がある  日本新聞社バンコク支局の記者・南部浩行は、東京本社から、日本人の子供がタイで心臓の移植手術を受けるという情報を得る。こうして闇ルートによる臓器売買の取材を開始する。同じ頃、東京で社会福祉を学んだ女性・音羽恵子は、タイの社会福祉センタ...
  1. 2010/03/08(月) 01:07:18 |
  2. CINECHANの映画感想

闇の子供たち

真実のどん底 【Story】 日本新聞社のバンコク支局駐在の南部(江口洋介)は、東京本社からタイの臓器密売の調査を依頼される。同じころ、...
  1. 2010/03/08(月) 01:15:24 |
  2. Memoirs_of_dai

闇の子供たち

日本新聞からタイに出向している新聞記者・南部は、タイで行われている臓器移植手術に、人身売買された生きた子供の臓器が使用されてるという情報を入手、取材を開始する。一方、NGO職員音羽は、行方不明の少女を探す内に、少女が児童売春宿で働かされている事を知る。...
  1. 2010/03/08(月) 06:27:33 |
  2. 5125年映画の旅

【闇の子供たち】

監督:阪本順治 出演:江口洋介、宮崎あおい、妻夫木聡、佐藤浩市 「タイ在住の新聞記者の南部は、日本の子供の腎臓移植の実情を調べ始めた。するとタイの子供の臓器が生きたまま摘出されるという情報を掴みフリーカメラマンの与田を連れ更に突っ込んだ取材を開始す
  1. 2010/03/08(月) 10:57:32 |
  2. 日々のつぶやき

闇の子供たち

公開:2008/08/02製作国・年度:日本、2008年 PG-12上映時間:138分監督:阪本順治出演:江口洋介、宮崎あおい、妻夫木聡、豊原功補、鈴木砂羽、塩見三省、佐藤浩市値札のついた命+あらすじ+日本新聞社のバンコク支局駐在の南部(江口洋介)は、東京本社からタイの臓器密?...
  1. 2010/03/08(月) 13:06:21 |
  2. 映画鑑賞★日記・・・

闇の子供たち

日本を代表するスタッフ・キャストらが、すべてをかけて伝えたかったこと。 幼児売買売春、臓器密売の知られざる“闇”が今、明らかになる__。 これは、決して遠い国のできごとではない。タイでは今も、お金では買えないはずの子供の命が現実に売買されている。人身売...
  1. 2010/03/08(月) 17:23:38 |
  2. パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ

闇の子供たち

渋谷、シネマライズにて PG12ということですが、地上波は無理かも・・・ 値札のついた命 タイ駐在の新聞記者、南部浩行が、若いフリーカメ...
  1. 2010/03/08(月) 22:30:29 |
  2. 単館系

【闇の子供たち】闇を照らすために出来ること

闇の子供たち 監督: 阪本順治 原作: 梁石日 出演:  江口洋介、宮崎あおい、妻夫木聡、佐藤浩市、鈴木砂羽 公開: 2008年8月 生活のため...
  1. 2010/03/09(火) 04:18:59 |
  2. 映画@見取り八段

闇の子供たち

梁石日原作の小説を「亡国のイージス」などの阪本順治監督が映画化。 阪本順治監督の「顔 」という作品が大好きです。(^^) でもこの監督、作品の色のギャップが激しいのです。 この作品は「顔 」とはうって変わってテーマが重い作品です。 日本新聞社バンコ...
  1. 2010/03/09(火) 11:25:48 |
  2. 映画、言いたい放題!

???å?

???Υå???ä??äΤ????å???ä??Τ???å?Τ???ä???ä??ä??θ??С?餻Τ?????ä?å??å?????????????å????μ????ä??ä???Υ?餻????餻?μ??顢μ???????å???顢??å???ä??ä?Υ?餻?μ?????¿??? ??????θ??θΤ¿?Υ?餻?μ???...
  1. 2010/03/11(木) 17:46:43 |
  2. ???,?,??餻å?[餻]

『闇の子供たち』@109シネマズ川崎

日本新聞社バンコク支局で、幼児人身売買を取材する記者、南部は、日本人の子供がタイで心臓の移植手術を受けるという情報を得る。知人に金を握らせ、臓器密売の元仲介者に接触した南部は、提供者の幼児は、生きたまま臓器をえぐり取られるという衝撃の事実を知る。取材を続
  1. 2010/03/26(金) 10:27:34 |
  2. 映画な日々。読書な日々。

『闇の子供たち』'08・日

あらすじ日本新聞社バンコク支局で、幼児人身売買を取材する記者の南部は、日本人の子供がタイで心臓の移植手術を受けるという情報を得るが・・・。感想山周賞作家の梁石日の小説の...
  1. 2010/10/04(月) 23:03:38 |
  2. 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。