中川ホメオパシー 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

浅野忠信 佐津川愛美 北村一輝 / 鈍獣

軍団
ワケもなく飲み会


どうも。 ギャグ漫画ゲリラ・中川ホメオパシーの別れさせ屋担当、ブロッケンです。

宮藤官九郎原作・脚本の映画『鈍獣』を観ました。

失踪した人気作家・凸川隆二(浅野忠信)の消息を辿るべく、彼の生まれ故郷・ときわ町に
やって来た雑誌編集者・静(真木よう子)。そこで彼女を待ち受けていたのは、ホストの江田
(北村一輝)と警官の岡本(ユースケ・サンタマリア)だった。連載している小説の中で、次
々と江田と岡本の過去の悪行を暴いていく凸川。 彼のペンにより、ある重大な秘密が漏れ
る事を恐れた二人は、とうとう凸川の殺害を決意する…というあらすじ。

うーん…どうなんでしょ? 『池袋ウエストゲートパーク』で初めてその存在を知って以来、
ほぼ全てのクドカン作品を網羅してきた、比較的熱心なクドカン・シンパを自称する僕では
ありますが、この『鈍獣』に関して言えば、手放しで絶賛出来ないってのが正直な感想です。

もちろん、クドカン特有のアッパーなギャグ・センスは今作においても遺憾なく発揮されてお
りましたし、豪華キャスト陣によるブッ飛んだ怪演の数々も文句ナシに面白い。北村一輝
じる都落ちした場末のホスト・江田っちなんて最高でしたね。ベッドの上で“殺す”と“ポロす”
の違いを南野陽子に説明するトコロなんか大爆笑でした。

佐津川愛美演じるブリッ子(死語?)ホステス・ノラも反則級の愛くるしさ。『ラブ★コン』風に
言うなれば、キュン死に寸前ってトコですか。でも、個人的には『腑抜けども、悲しみの愛
を見せろ
』における、おどおどした感じの佐津川愛美の方が断然ツボなんスけどね。 フフ。

そして今作の主役であり、ケタ外れの鈍感力の持ち主・凸川隆二を演じるのは浅野忠信
“自然体”や“朴訥”といった枕詞で語られる事の多い浅野忠信ですが、これほどまでに
(イイ意味で)不自然な彼の姿を観るのは初めて。『東京ゾンビ』もイイ線いってましたけど、
今作はさらに輪をかけてハジけちゃってます。 ノラと一緒にスーパーで買い物してる時に
垣間見せたハイテンションなバカ顔は、あるイミ新境地なんじゃないでしょうか。

しかし、異様に力の入った枝葉(ギャグ)の部分に比べ、肝心のストーリーがどうにも貧困と
いうか、あと一つ練られていない様に感じたんですよね。 どうして凸川は江田と岡本の過去
をネタにして小説を書き続けたのか?どんな手段を使って殺害しても、生き返って来るのは
何故か? そもそも凸川は、いつ小説を書いているのか? これらの疑問に対する明確な答
えが、とうとう最後まで出されずじまいだったのにはガッカリでした。 後に残されたのは、誰
が犯人なのかが書かれていない推理小説を読んだみたいな残尿感と徒労感のみ。 こうな
ると、面白かった筈のギャグの部分すら、何やら空虚に思えて来るんだから、不思議なモン
ですね。 “終わり良ければ全て良し”ならぬ、“終わり良くないから全て微妙”ってカンジ。

そもそもクドカンのユーモア・センス自体、入り組んだストーリーと相性が良いとは言い難い
ので、ある程度投げっぱなし、やりっぱなしの部分が残るであろう事は予測していたのです
が、ここまで中途半端だと、さすがにちょっとツライなぁ。

最後に余談ですが、 今作が劇場公開してた当時、オニツカタイガーのショップ内にこの
鈍獣』のポスターが大々的に貼られていたのが微妙に謎だったんですけど、劇中で浅野
忠信
が履いてるスニーカーがオニツカタイガーだったからなんですね。 うーん、謎が解
けてスッキリ。  …どうせなら本編でもスッキリしたかったですけどね、ええ(゚ω゚)


キャスト

凸川(凸やん) : 浅野忠信

江田(江田っち): 北村一輝

岡本 : ユースケ・サンタマリア

静 : 真木よう子

順子ママ : 南野陽子

ノラ : 佐津川愛美

明 : ジェロ

編集長 : 本田博太郎

理事長 : 大乃国

スポンサーサイト

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2010/03/09(火) 19:55:26|
  2. 映画レビュー
  3. | トラックバック:13
  4. | コメント:0
<<彩月貴央 | ホーム | 綾瀬はるか>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://koumonkoumon.blog59.fc2.com/tb.php/210-54b63d8f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

鈍獣

宮藤官九郎が岸田國士戯曲賞を受賞した同名戯曲を自ら映画用に脚本を 書き上げたファンタジックミステリー。 失踪した作家を捜しに、編集者が作家の故郷を訪ねてくるが、そこで 編集者は作家に起きた衝撃の事実を知ることになる。。週刊誌に連載されていた小説『鈍獣』が賞..
  1. 2010/03/10(水) 02:16:52 |
  2. だらだら無気力ブログ

鈍獣(2009/ギャガヒューマックス)

“世界一鈍いアイツが大人になれないオトナたちを追い詰める…2004年に岸田國士戯曲賞を受賞した同名戯曲を基に宮藤官九郎自ら映画用に書き上げた脚本を、CM界で活躍する細野ひで晃が映画初監督で撮り上げた奇想天外ファンタジック・コメディー” 《殺そうとしてもなかな...
  1. 2010/03/10(水) 02:53:14 |
  2. ☆☆とりあえずの映画鑑賞メモ☆☆

「鈍獣」劇場鑑賞

試写会「ザ・スピリット」が消化不良だったからってわけでもないけど、明日は日曜日だしもう1本、ということで新宿武蔵野館へ行って株主優待券で21時15分開始の「鈍獣」を観てきました宮藤官九郎の脚本で主演が浅野忠信ということで、面白くないはずがないという期待...
  1. 2010/03/10(水) 07:10:12 |
  2. 流れ流れて八丈島

「鈍獣」試写会、感想。

基本的に、映画って、80パーセントの観客が満足しないと、個人的に認められない、エンターティメントの普遍性みたいなものが必要だと思っています。で、今回の「鈍獣」なんですけど、もう、ギャグを役者が喋るのですが、そのシーン一つ取っても、キレが全然無い。 「た...
  1. 2010/03/10(水) 08:05:54 |
  2. Beinthedepthsofdespair

『鈍獣』

&nbsp; □作品オフィシャルサイト 「鈍獣」□監督 細野ひで晃 □脚本 宮藤官九郎 □キャスト 浅野忠信、北村一輝、ユースケ・サンタマリア 、真木よう子、南野陽子、佐津川愛美、ジェロ■鑑賞日 5月24日(日)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★(5★満?...
  1. 2010/03/10(水) 08:51:14 |
  2. 京の昼寝~♪

鈍獣

この時勢、映画館は怖いけど我慢出来んよね。 殺しても殺しても死なない幼馴染。 クドカンによる脚本らしく、面白そうな設定の映画『鈍獣』を観てきました。 ★★★ コメディーと言うほど笑いを追及したものではなくて、ストーリー展開と登場人物が面白い映画です。 やっ...
  1. 2010/03/10(水) 20:28:49 |
  2. そーれりぽーと

09-143「鈍獣 どんじゅう」(日本)

人間とは鈍い獣なのだ  週刊誌に連載された小説『鈍獣』の作者・凸川が突然失踪し、その謎を追う担当編集者の静は、なぜかすべてが相撲中心というおかしな田舎町にやって来た。そして、町のホストクラブ“スーパーヘビー”で凸川の同級生だったホストの江田と警官の岡本...
  1. 2010/03/11(木) 01:13:52 |
  2. CINECHANの映画感想

★「鈍獣」

久しぶりの劇場鑑賞・・・といっても10日ぶりくらいだけど。 「消されたヘッドライン」にしようかと考えたけど、 社会派の崩れた体型のラッセル・クロウは最近ハズレてるのでパスっ。 やっぱりクドカン・ワールドを堪能したいなーーー。
  1. 2010/03/11(木) 02:10:13 |
  2. ★☆ひらりん的映画ブログ☆★

鈍獣

2009年6月6日(土) 21:30~ チネ11 料金:1200円(レイトショー) パンフレット:未確認 『鈍獣』公式サイト つまらん。シュールでブラックなジョークのつもりなのかもしれないが。 元は、岸田國士戯曲賞の芝居だそうだ。よく賞をとれたもんだ。 微妙に豪華な?...
  1. 2010/03/11(木) 02:14:24 |
  2. ダイターンクラッシュ!!

映画『鈍獣』

兵庫・大阪は新型インフルエンザで、てんやわんやです。私の勤め先も多少影響を被っております。 街中はマスク姿の方が目立ちます。報道の通り、あちこちの薬局でマスクが売り切れているようです。 しかし、あれですね、気になると色々調べてみる性格なんですが、マス...
  1. 2010/03/11(木) 23:41:36 |
  2. 健康への長い道

6á???ĥ??

餹?å??μĹ()Ź?β??(ǵ)?????()???????Υ???(Ŀ?)Ź???褦?...
  1. 2010/03/12(金) 20:16:59 |
  2. ?????youtube????

鈍獣

死んだ男は芝田山 【Story】 失踪した小説家の凸川(浅野忠信)を捜すため、担当編集者の静(真木よう子)は彼の故郷を訪ねることに…。 ...
  1. 2010/03/13(土) 00:09:13 |
  2. Memoirs_of_dai

鈍獣

 今日はDVD、浅野忠信主演・宮藤官九郎脚本の「鈍獣」を観ましたYo!  寂れた田舎町にあるホストクラブに編集者である静(真木よう子)が訪れます。  目的は失踪した担当作家・凸川(浅野忠信)の行方を探すこと。印税の支払い先がこのホストクラブ唯一のホスト...
  1. 2010/03/25(木) 19:06:17 |
  2. なにも起こらなかった一日の終わりに。ver2.0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。