中川ホメオパシー 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

薬師丸ひろ子 渡瀬恒彦 相米慎二 / セーラー服と機関銃 完璧版

地獄大使
ワケもなく地獄大使


毎度です。 ギャグ漫画ゲリラ・中川ホメオパシーのおみやさん担当、ブロッケンです。

相米慎二監督、薬師丸ひろ子主演の映画『セーラー服と機関銃』を観ました。 今か
らさかのぼる事29年前、1981年の作品でございます。

平凡な女子高生・星泉(薬師丸ひろ子)が、ひょんな事から老舗ヤクザ一家・目高組(め
だかぐみ)の四代目組長を襲名してしまう。やがて物語は、ひと包みのヘロインを巡って
警察から巨大な地下組織までを巻き込む大騒動に発展していく…。 赤川次郎原作に
よる空前の大ヒット作にして、故・相米慎二氏の第2回監督作品。

さて、相米監督といえば“長廻し”(ワンシーンをワンカットで撮影)の演出があまりにも有
名ですが、監督第2作目であるこの『セーラー服と機関銃』の時点において、概にその
技法がほぼ完成の域に達しているという点に、改めて驚かされます。 特に、薬師丸ひ
ろ子
演じる星泉が、同級生や舎弟連中達と寺の境内でたむろしているシーンから始まっ
て、そこから境内の外へふらふらと歩き出し、ちょうど近くへ通りかかった暴走族のバイ
クを奪い取って夜のドライブに繰り出すまでの、およそ5分間にわたる一連の流れをワン
カットで収めた場面は圧巻。 このシーンに限らず、今作におけるシーンのほとんどが
廻し
によって撮影されており、その無謀ともいえる試みの結果、作品全体に闇雲なエネ
ルギーと緊張感を与える事に成功しております。

カ・イ・カ・ン』や、『ワタクシ、愚かな女になりそうです。マル』などなど、誰しも一度
はどこかで耳にした事のある名フレーズが収録されているのも今作の特徴。 各種文献
等に目をやると、『カ・イ・カ・ン』と表記される事が多いようですが、実際の発音のリズム
的には『カイ・カン』と表記した方が、より正確なんじゃないかと思うんですけど、如何でし
ょう?これらの必殺フレーズ以外にも『おたく等』、『YOU達』、『~なワケ?』といった、当
時の世相を反映した流行り言葉(今となってはことごとく死語)が頻繁に飛び出てくる辺り
が、僕的にはあるイミ『カ・イ・カ・ン』だったりします(´∀`)

薬師丸ひろ子以外にも個性豊かな登場人物が多数出てくる『セーラー服と機関銃
ですが、中でもとりわけ三國連太郎演じるマッドサイエンティスト・太っちょ(このネーミ
ングからして相当イヤな予感がしますが)の存在感たるや尋常じゃございません。今作
を目の当たりにすれば、三國連太郎=『釣りバカ日誌』の“スーさん”というイメージ
がガラガラと音を立てて崩れ落ちる事間違いナシ。もうスゴイんだ、猿の脳ミソをパクッ
と頬張って『デリーシャス!』ってほくそ笑んでみたり、健常者のクセして、わざわざ義
足を使って歩行(!)してみたり。 おまけに三國連太郎のアジトってのが、『007シリー
』に出て来るような、“いかにも!”って感じの秘密基地風なんですよねぇ。 で、挙句
の果てにはあっさり射殺されちゃうし。 人に歴史ありとはよく言ったものですが、あの大
物俳優・三國連太郎が、まさかこんなアヴァンギャルドな役どころに挑戦していたとは
…こらもう一見の価値アリですぞっ。

このように今作は“薬師丸ひろ子主演のアイドル映画”という体裁を取りつつ、実は
かなり無謀かつ実験的な試みが随所でなされております。 大衆性と前衛性を半ば
強引に両立させつつ、興業収入的にも破格の大成功を収めるという離れ業をやって
のけた相米監督は、以後、『ションベン・ライダー』、『魚影の群れ』、そして『台風ク
ラブ
』といった作品をたて続けに発表し、表現の進化と深化を並行して推し進めていく
スリリングな季節に突入していくのであります。  カ・イ・カ・ン(*゚∀゚)=3ハァハァ




キャスト

星泉:薬師丸ひろ子

佐久間真:渡瀬恒彦

三大寺マユミ:風祭ゆき

政:大門正明

ヒコ:林家しん平

メイ:酒井敏也

智生:柳沢慎吾

哲夫:岡竜也

周平:光石研

黒木刑事:柄本明

萩原:寺田農

浜口:北村和夫

関根:佐藤允

三大寺一:三國連太郎

星流志:藤原釜足

尾田医師:円広志

刑事:斉藤洋介

スポンサーサイト

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2010/04/23(金) 17:55:06|
  2. 映画レビュー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<沢尻エリカ | ホーム | 竹内力 / 難波金融伝 ミナミの帝王 劇場版5 ~甘い罠~>>

コメント

カイ…カン…

ブロッケンさん、はじめまして。
早速私も「カイ・カン」表記に一票投じたいと思います。
この映画の三国さんはホンマに素晴らしいです~(^^ゞ
(同じ角川作品である「ねらわれた学園」の峰岸徹さんも同じニオイが…。)
個人的には渡瀬恒彦さんのあまりのカッコよさにメロメロになってしまい、ひろ子ちゃんに関する記憶がほとんどありません。
それにしても、当時のひろ子ちゃん人気は凄かったですよね。
ルックス的にはお世辞にも可愛いとは言い辛かったため、人気は一時的なものだろうと思っていたのですが、意外にも逞しく芸能界に生き残ってらっしゃるようで。

また遊びに伺いますので、どうぞ宜しくお願い致します。
TB、ありがとうございました。
  1. 2010/04/27(火) 06:34:41 |
  2. URL |
  3. 楊ぱち #/5lgbLzc
  4. [ 編集 ]

>楊ぱち さん

はじめまして! コメントありがとうございます!

いや、本当に今作の三國氏の弾けっぷりは痛快でした(´∀`)
そして『ねらわれた学園』の峰岸徹氏も相当ヤバかったですよね!!
宇宙人なのにフツーに車を運転しながら薬師丸ひろ子と談笑してる場面とか
もう大爆笑です。 

峰岸徹氏といえば、個人的には『牡丹と薔薇』出演時の
怪演も捨て難いモノがありますけど(*´▽`*)

渡瀬恒彦さんも、野性味あふれるカンジで、最高にカッコ良かったですよね!
あの眼光の鋭さ、ハンパじゃありません…

『カイ・カン』表記に清き一票、ありがとうございます! わかって下さる方が
いて、すごく嬉しいです(´∀`)

こちらこそ、今後ともよろしくお願い致します。 それでは!
  1. 2010/04/27(火) 11:29:01 |
  2. URL |
  3. ブロッケン #IPjhD9aw
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://koumonkoumon.blog59.fc2.com/tb.php/239-b0e38b48
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。