中川ホメオパシー 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

駒木根隆介 みひろ / SR サイタマノラッパー

夕日と弘
ワケもなく藤岡弘


『SR サイタマノラッパー』



《あらすじ》
ライブハウスもレコ屋もない埼玉県北部の田舎町・フクヤ市に暮らす ダメなニートラッパ
ーのIKKU(駒木根隆介)は、仲間のTOM(水澤紳吾)やMIGHTY(奥野瑛太)等と共に結
成したヒップホップグループ=『SHO-GUNG』で、いつの日かステージに立つ事を夢見て
いた。 そんなある日、東京でAV女優として活躍していた高校の同級生の千夏(みひろ)
が帰ってきて…。  監督・入江悠。 


《極私的見解》

・ いやこれは文句ナシに面白かった。 一見してイロモノ的な匂いの漂う作品タイトルや、
元・AV女優のみひろ以外は ほとんど無名のキャスト陣のおかげで、観る側としてもか
なり斜に構えながら本作に臨んだワケですが、そんなネガティヴな先入観を打ち砕い
て余りある爆笑と感動が、この作品にはひしひしと息づいておりました。 あんまり面白
いモンだから、二日連続で今作を観てしまった程です。

・ まず何と言っても駒木根隆介演じるダメなニートラッパー・IKKUが発する絶妙にトホ
ホなオーラにヤラれました。 上から下まで一揃えしか持っていないヒップホップ・ファッ
ションに身を包み、埼玉の長閑な田園風景の中を リズミカルに身体を揺らしながら闊歩
していくIKKUの雄姿(?)が爆笑と哀愁を誘います。

・ かつて東京でAV女優として活躍していた高校の同級生・小暮千夏役のみひろの演
技も実にナチュラルで達者でした。 『ここ埼玉から 世界に向けて ソウル・トゥ・ソウル
メッセージ送ってんだよ』というIKKUのセリフに対し、みひろが『宇宙人かよ、お前』と
冷ややかに ツッこむ場面での 間の取り方の上手さなんかは 特筆モノ。

・ フクヤ市のお偉いさん方の前でIKKU・TOM・MIGHTYの三人でラップを披露する場面
は今作のハイライト。 腹筋がちぎれるんじゃねえかって位に笑えます。 特にMIGHTY
役を演じる奥野瑛太のお調子者っぷりたるや! 『いきいき』だとか『さわやか』といった
当たり障りの無い枕詞がよく似合う市政の現場でヒップホップをブチかますと、かくもカ
オスでトホホな磁場が発生するんですね。

・ 物語終盤、仲間だと信じていたSHO-GUNGのメンバーから『お前は俺等を笑わせるた
めの“ネタ”だ』と知らされるIKKU。 さらに追い討ちをかけるように、密かに思いを寄せて
いたみひろもフクヤの町を去り、失意のドン底に突き落とされた彼が、バイト先の大衆
食堂で かつての盟友・TOMに再会し、ラップで思いの丈を彼にぶつけるシーンはマジで
圧巻です。 日本でラップをやる事、日本語に乗せてラップをやる事の違和感やトホホ感
を さんざん体現し続けてきたIKKUが 何もかも失った地平から絞り出す渾身のライムは
ビックリする位にカッコ良くて、切実で、思わず泣かされてしまいました。 何つうのかな、
この『最初は 爆笑しちゃうんだけど、その内に考えさせられて、しまいには泣かされる』
っつう感覚って、どことなく岡村靖幸の曲の世界観に通じている気がします。 真剣だか
ら笑えるし、泣ける― この感覚を共有できるか否かで、今作の楽しみ方は大きく変わっ
てくるのではないでしょうか。

・ 最後に一点。 今作には邦題ならぬ英題なるモノが用意されておりまして、それがあの
エミネム主演の映画『8マイル』を自虐的にもじった『8000マイル』だってんだからシビ
れます。 ヒップホップの本場・アメリカから遠く8000マイル離れたここ日本に、果たして
真の意味でヒップホップカルチャーが根付く日が来るのかどうか、皆目見当もつきませ
んが、ただ一つ確かな事は、この『SR サイタマノラッパー』が まぎれもなく青春映画
の傑作であるという事です。 ひとつの夢を愚直に追いかけている最中の方に是非とも
観て頂きたい一本。  超オススメですぞ。

スポンサーサイト

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2010/10/03(日) 23:18:55|
  2. 映画レビュー
  3. | トラックバック:3
  4. | コメント:2
<<峯田和伸 黒川芽以 松田龍平 / ボーイズ・オン・ザ・ラン | ホーム | ◆◆ 今週の死海文書 ◆◆>>

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2010/10/04(月) 23:55:53 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

> コメントありがとうございます!

サイタマノラッパー、本当にイイ作品でしたよね。
続編もあるそうなので、是非ともチェックしてみたいです。

『8000マイル』という英題は、座布団一枚!って感じですよねwww
  1. 2010/10/05(火) 10:33:38 |
  2. URL |
  3. 中川 #IPjhD9aw
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://koumonkoumon.blog59.fc2.com/tb.php/324-9e3a8e47
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

『SR サイタマノラッパー』 (2009)

とにかく、演出も構成も、お話の進行も、とても素直で、ドンくさいくらいに真面目で誠実な、それでも何故かちゃんと、映画だったりする作品。
  1. 2010/10/04(月) 21:47:59 |
  2. よーじっくのここちいい空間

mini review 10474「SR サイタマノラッパー」★★★★★★★★★☆

埼玉県の田舎街を舞台に、ラッパーとしてライブをすることを夢見る青年たちの姿をヒップホップの数々にのせて描く青春音楽ストーリー。『ジャポニカ・ウイルス』で注目された入江悠が脚本と監督を手掛け、全編ほぼ1シーン1カットの撮影で若者たちの青春を切り取る。仕事も...
  1. 2010/10/04(月) 23:45:57 |
  2. サーカスな日々

映画[ 東京島 ]何がハッピーエンドかは、自分で決めるわ

映画[ 東京島 ]を吉祥寺バウスシアターで鑑賞。 船が難破し、無人島へ漂着した男性23人と、たったひとりの女性(主婦)が繰り広げるサバイバル生活を描いた、桐島夏生の同名小説の映画化である。ゴールディングの『蠅の王』のような、凄惨なものを想像していたらま...
  1. 2010/10/05(火) 00:58:22 |
  2. アロハ坊主の日がな一日
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。